入稿規定

2017年4月

関係各位

朝日新聞出版 広告部

広告原稿制作上の留意点


● 広告原稿は原則として、「J-PDF」ルールで制作された原稿のみの校了入稿となります。
  校正は出校いたしません。

※制作ルールに関しての詳細は、雑誌広告デジタル送稿推進協議会が運営するWEBサイト 「雑誌デジ送ナビ」(http://www.3djma.jp/)をご覧下さい。

● 入稿形態は(社)日本雑誌協会(JMPA)の規定に従い、
①原稿データ (MO・CD-R等の記憶媒体)
②そのデータで出力した出力見本(必ず原稿原寸サイズでトンボ入り出力)
③データ仕様書(「雑誌デジ送ナビ」よりダウンロード)
④プリフライトレポート(Adobe Acrobat Pro.にて検出)
上記、4点セットでご入稿をお願いいたします。

● オンライン送稿の場合は、(株)デジタルセンドと日本電気(株)製のQuick Print及びPage Storeを利用した運用が前提となり、同システムによるJ-PDFデータとメタデータのセット入稿となります。詳しくは、(株)デジタルセンドのWEBサイト「雑誌オンライン送稿サービスについて」(http://www.digital-send.com/service_mag/service_mag_summary)をご覧ください。
メールでの入稿はお受けしておりません。

● 内トンボ(仕上がり寸法)と外トンボ(仕上がり寸法+天地左右各3㎜)を入れ、バックの絵柄・写真は外トンボまで広げてください。
カラー原稿のトンボは、必ず4色で作成してください。
出力見本は、トンボ・塗り足しも必ず表示するようにしてください。

※週刊朝日本文1P広告は枠広告(219mm×151mm)のみになります。

● 社名やロゴマーク、切れてはいけない絵柄などについては、仕上がり寸法(内トンボ)の10㎜以上内側に入れてください。
特に、『週刊朝日』につきましては、カラー1頁の左右寸法が掲載位置により、175㎜前後から182㎜まで異なりますので、ご注意願います。(詳細は進行担当にお問い合わせください)


● ヌキ文字は、10級以下では再現が困難となり、文字が見えにくくなりますのでご注意ください。白ヌキ線も同様ですので、太めのものを使用してください。
4色(CMYK)掛け合わせの網点の総量(TAC値)は、320%以下にしてください。
これは、シャドウ部分の潰れや、印刷時の汚れを防ぐことを目的としています。

● 画像部分の解像度は、350dpi以上でお願いします。

● QRコードは、スミベタ1色で制作してください。

● モノクロ広告原稿は、スミ1色で制作してください。

● 表2見開き、表3見開きの原稿につきましては、ノド部分のデザインにご注意ください。

● いただいた広告データは原則返却いたしません。原稿の返却が必要な場合にはご入稿時の原稿袋等に分かりやすく「要返却」とご記入ください。


■PDFはこちらをご確認ください。 pdf




以上

本件に関するお問い合わせ先
朝日新聞出版 広告部
整理チーム(杉山・伊藤・虫鹿)
TEL:03-5540-7810