Journalism 2017.5 no.324

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

Journalism 2017.5 no.324

ISBN:9784022811035
定価:800円(税込)
発売日:2017年5月11日
  2017.5 no.324 

定期購読を申し込む

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。

特集 ポスト・トゥルースの深層

特集 ポスト・トゥルースの深層

◎米国政治に革新もたらした人民党
トランプはどうか? 注目のとき

宇野重規(東京大学社会科学研究所教授)


◎ポピュリズムは「大衆迎合主義」か
見えてくるメディア側のジレンマ

水島治郎(千葉大学法政経学部教授)


◎トランプ氏のポスト・トゥルース政治
「正しく怖がる」ためにすべきことは

渡部恒雄(笹川平和財団特任研究員)


◎オルタナティブ・ファクトに三つの階層
公平性ある情報提供が「伝達者」の任務

森 健(ジャーナリスト)


◎ソーシャル時代の取材スキルとは
ハンドブックを混合チームで翻訳

耳塚佳代(翻訳家、ライター)


◎トランプ氏発言は「ウソ」か「虚偽の主張」
大統領と米メディア間、真実めぐる戦い

中井大助(朝日新聞社会部次長)


◎事実確認サイトは閲覧量急増
大学や研究所からネットワーク拡大

鵜飼 啓(朝日新聞ニューヨーク支局長)


◎米国を翻弄したフェイクニュース
読者リテラシーはメディアの責任

平 和博(朝日新聞IT 専門記者)


特集 憲法施行70年

◎二重の課題に直面する表現の自由
その現代的局面を展望する

右崎正博(獨協大学名誉教授)


◎世界中の憲法との比較で見えた
日本国憲法の特徴と普遍的価値

ケネス・盛・マッケルウェイン(東京大学社会科学研究所准教授)


【インタビュー】

◎「憲法くん」を20年間、演じて感じる
理想を現実にあわせる時代の空気

松元ヒロ(芸人)

【 改正個人情報保護法を考える 】

「要配慮」で問われる報道の責任
適用除外には、市民の理解が必要

中崎雄也(朝日新聞社記者規範幹事)


【 安保法初適用を見越し情報公開請求を続けた 】

南スーダンPKO 実績ありき
「戦闘」日報隠蔽し新任務付与

布施祐仁(ジャーナリスト)


[〈連載〉記者講座 ウェブ記事のトリセツ(中)]

▼ 記事が読まれる場所

書いただけでは読者に届かない
媒体のプラットフォーム攻略法

奥山晶二郎(朝日新聞「withnews」編集長)

■海外メディア報告

理性と普遍的な価値を守れるか
BREXITに揺れる欧州の苦悩

熊谷 徹(在独ジャーナリスト)

■メディア・リポート

新聞

事故矮小化に手を貸すメディア
オスプレイ「墜落」を「不時着」に

松元 剛(琉球新報読者事業局次長)


放送

ホームレスへのテレビの眼差し
「ヘイト報道」避ける自己点検を

水島宏明(上智大学文学部新聞学科教授)


出版

物流の危機に際して考える
ネット通販に負けない書店の在り方

福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)


ネット

FBが恐れる次世代SNS「スナチャ」
「今この瞬間」に徹する消滅メッセージ

藤村厚夫(スマートニュース株式会社執行役員)


[カラーグラビア◎写真家の目]

カシミール 弾圧に屈せざる人々

写真と文=廣瀬和司


[ジャーナリズムの名言]

別府三奈子


バックナンバー

定期購読のご案内

朝日新聞全国世論調査詳報

2017年2月大阪府民世論調査

2017年3月定例RDD調査