検索結果

該当数は 5126 件、全 513 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • ラストレター

    ラストレター   さだ まさし

    1500円(本体価格)/1620円(税込価格)

    ラジオ局に入社して4年目の新米アナウンサーの寺島尚人は、ある日、聴取率0%台、誰も聴いていない深夜放送の≪大改革≫に名乗りをあげてしまう。<br>「みんな小さな人生を生きている。それを伝えたいと誰もが思っている筈です。そんな葉書を……小声で、ただひたすら愚直に読んであげるのはどうでしょうか」と。<br>大抜擢で番組を任されることになる。しかし自分でスポンサーも探せと命令されたり、ライバル局に邪魔をされたりとトラブル続出。だが新米アナウンサーの青臭い情熱が、それまで傍観するだけだったラジオ局の人々を動かし、団結させていく。<br>そして、Twitterでもなく、メールでもなく、ファクスでもなく、ラインでもなく、リスナーから届く≪葉書≫で番組を構成していくというやり方が支持を得る。特に、一緒に泣いたり本気で怒りながら読み上げる「ラストレター」という企画が目玉コーナーとなり、人気番組となるのだが……。<br>ラジオ局で働く仲間たちをめぐる、愉快で心温まる物語。1981(昭和56)年から12年半、文化放送「さだまさしのセイ!ヤング」を続けてきた著者の、経験に基づく深夜ラジオ小説!! <br>初版限定特典で「さだまさしからのラストレター」付き&抽選で10名様に、著者サイン入りの「特製クラシックラジオ」をプレゼント!!

  • あなたはまだ本気出してないだけ

    あなたはまだ本気出してないだけ   小玉 歩

    1000円(本体価格)/1080円(税込価格)

    好きでもない仕事を我慢し、毎日同じことの繰り返し。でもどこかで、「自分の人生こんなはずじゃない」と思っている人、必読。本気を出せば、天と地ほどに人生が変わる。そのための、仕事・人間関係・自己投資における意識改革を指南。

  • 民力 2014

    民力 2014   朝日新聞出版

    8000円(本体価格)/8640円(税込価格)

    半世紀の伝統を誇る地域統計資料集『民力』の最新年度版。従来のデータを最新のものに更新すると共に、観光統計と施策の動向をレポートする「2020年東京五輪・訪日外国人旅行客2000万人をめざして」、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」と農業政策をめぐる「和食と家族農業」を特集として収録。

  • 朝日新聞自分史ノート

    朝日新聞自分史ノート   朝日新聞メディアラボ

    1600円(本体価格)/1728円(税込価格)

    あなたの人生のニュースは何ですか? ドラマチックに生きた証を書いてみませんか? 朝日新聞記者監修「自分史ノート」登場!2014年8月開始予定の朝日新聞自分史サービスと完全連動! 朝日新聞記者が取材のプロの視点で自分史の書き方を指南!

  • 報道されない中東の真実

    報道されない中東の真実   国枝 昌樹

    1700円(本体価格)/1836円(税込価格)

    シリア問題を契機として、アラブ諸国は合従連衡と離反を繰り返してうごめいている。欧米・日本メディアが報道しない、中東の“真実”とは何か。展望は開けるのか。激変している中東各国の現状を元シリア大使が取材・解説。

  • 第72期将棋名人戦七番勝負全記録

    第72期将棋名人戦七番勝負全記録   朝日新聞文化くらし報道部

    1500円(本体価格)/1620円(税込価格)

    森内俊之名人に4年連続で挑戦する羽生善治三冠。4連勝で名人位を奪還、羽生名人返り咲きとなった第72期の全記録を収載。特別観戦記として、俳人・長谷川櫂、歌人・佐佐木幸綱、永田和宏の3氏が詠句歌とともに熱い対局の様子を寄稿した“名人戦競詠”も収録。各地での前夜祭や、対局中の名人・挑戦者の表情、さらには昼食・おやつメニューなど、臨場感溢れる対局の様子を写真でも紹介する。また今回初めて、名人戦順位戦A級の全棋譜を特別収載。第72期の将棋名人戦七番勝負を丸ごと楽しめる一冊。

  • 改訂版 つくられた障害「色盲」

    改訂版 つくられた障害「色盲」   高柳 泰世

    1250円(本体価格)/1350円(税込価格)

    諸外国では行われていない厳密すぎる検査により、日本では色覚障害者がさまざまな制限を受けてきた。本書はこの誤った認識を指摘し、入学・就職制限撤廃の運動を続けてきた眼科医による啓発書。1996年、朝日新聞社から前版が出版されると、反響は大きく法律改正の力となった。労働安全衛生法の改正で雇用時健康診断での色覚検査廃止、学校保健法の改正で学校の定期健康診断時の色覚検査廃止、船舶職員法の改正で小型船舶操縦免許における眼科的検査の廃止など、「色覚異常は不可」の制限は次々と撤廃された。だがその一方、再び検査実施を要望する動きがある。人権問題にかかわる色覚をめぐる歴史を語り継ぎ、差別が繰り返されないよう、近年の状況を加筆し改訂版として刊行する。

  • 地球を一周!せかいのこども

    地球を一周!せかいのこども   西 靖

    1000円(本体価格)/1080円(税込価格)

    毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」とニュース番組「Voice」のメーンパーソナリティー・西靖アナによるフォトエッセーブック。番組で世界を旅した際に撮影した数千枚の写真から、生き生きとした子どもたちの表情を選び文章を添えた。

  • 荒神

    荒神   宮部 みゆき

    1800円(本体価格)/1944円(税込価格)

    時は元禄の半ば。陸奥(東北)の小藩にある山深き村が、一夜にして壊滅状態となった。隣り合う二藩の反目、お家騒動、奇異な風土病など、様々な事情の交錯するこの土地に、その“化け物”は現れた。権勢をふるう藩主側近・弾正、その兄と分かち難い絆を持つ妹・朱音、朱音を慕う朴訥な村人たちと用心棒・宗栄、山里の少年・蓑吉、病の本復した小姓・直弥、謎の絵師・圓秀……山のふもとに生きる北の人びとは突如訪れた“災い”に何を思い、いかに立ち向かうのか――!? その豊潤な物語世界は現代日本を生きる私達に大きな勇気と希望をもたらす。著者渾身の冒険群像活劇。

  • 荒神絵巻

    荒神絵巻   こうの 史代 宮部 みゆき

    1200円(本体価格)/1296円(税込価格)

    宮部みゆきの新聞連載小説『荒神(こうじん)』の挿絵を描いたのが、漫画家・こうの史代。本書はこの挿絵403点すべてを、連載時には叶わなかったオールカラーで完全収録! さらに昭和の「絵物語」復活を試みて、こうのが独自に書き下ろした文章も添えて、“もう一つの『荒神』の世界”が一冊でたっぷり楽しめるストーリーブック。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。なお、書名・著者名の読みはカタカナでご入力ください。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)