LAT.35°N

このエントリーをはてなブックマークに追加
LAT.35°N

AERA Mook 旅 x カメラ style magazine

LAT.35°N [エルエイティ サンゴーエヌ]

2015年3月30日 vol.01 発売 朝日新聞出版
定価:980円(本体907円+税) A4変判・オールカラー・104ページ

旅先で感動する景色に出会ったとき、
自分の手でかたちに残したくなった――。

女性が写真やカメラに興味を持った理由の多くが、旅。
そんな思いを応援すべく、カメラのある旅の愉しみを
まるごと提案していく季刊誌が誕生しました!

vol.01

表紙&連載 松下奈緒

表紙を飾るのは、国民的女優とピアニストというふたつの顔を持ちながら、写真にも非凡な才能を発揮する、松下奈緒さん。
カメラ好きなみなさんの代表として、巻頭記事やフォトエッセイでも登場します。

特集 パリを撮る

安珠のパリ

絶景世界遺産の撮り方

旅の機材&ファッション

フォトジェニックMAP

写真家のパリ 木村伊兵衛、エルスケン、ドアノー
とっておきわたしだけのパリ 市橋織江、半沢 健、在本彌生、川島小鳥

創刊号の特集はパリ。かつてパリ・コレのモデルなどをつとめ現地に住んでいた人気写真家の安珠さんが、パリの数々の世界遺産の撮り方のコツをはじめ、旅の準備やファッション、パリで活躍した有名写真家まで惜しみなくレクチャーしてくれます。
併せて始まる連載「安珠のパリ フォトジェニックMAP」では、地区別に、歴史あるスポットから最新のショップまで、街のひとつひとつを紹介!

カナダ・バンクーバー島
海と森と動物たちを巡るフォト・トリップ

ネイチャー派には、カナダの大自然を舞台に、オルカやアザラシ、グリズリーベアなど、たくさんの野生動物やエコキャンプの暮らしを天野祐子さんが撮り下ろすフォト・トリップも見ごたえたっぷり。

[連載] カメラを持って 週末京都
[連載] 岩合光昭×動物、米美知子×風景、長野陽一×料理

岩合光昭さん、米美知子さん、長野陽一さんという、各ジャンルを代表する写真家による豪華なフォトエッセイ連載、また、現地在住写真家・星野佑佳さんによる連載「週末京都」など盛りだくさん。

脱オートのためのカメラレッスン 佐藤倫子
ワンランク上のレンズづかい 鶴巻育子

魅力的な写真の数々に、旅心をくすぐられる一冊です!

LAT.35°Nとは?

「LAT.35°N」とは「北緯35度」を意味し、日本(本州)を横切る緯線です。世界の各地へ旅に出て写真を撮る私たちにとって、旅のスタートラインになると考えました。また、「LAT.」というのは「LATITUDE」の略ですが、「緯度」のほか、「自由」、そして写真用語で「露出の寛容度」という意味を併せ持っています。カメラを片手に地球を自由にかけめぐるイメージで名づけました。

お問い合わせ: lat35n@asahi.com