Journalism 2009.5 no.228

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

Journalism 2009.5 no.228

ISBN:9784022810076
定価:720円(税込)
発売日:2009年5月10日
  2009.5 no.228 

品切れ・再販未定

定期購読を申し込む

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。

特集 肖像権がわからない

特集
肖像権がわからない

判決が形成してきた日本の肖像権

村上 孝止(マスコミ倫理懇談会全国協議会顧問)


肖像権侵害と表現の自由
最高裁判決で示された「受忍限度」の基準

竹田 稔(弁護士)


米国と日本の写真取材現場から問う肖像権と伝えるべきニュース価値

小杉 豊和(朝日新聞GLOBE 編集チーム・写真担当)


テレビ放送で肖像権はどこまで主張できるか?

日向 央(TBSテレビ編成局メディアライツ推進担当局次長)


ネット時代の肖像権
「伝達」をめぐる諸問題

北村 行夫(弁護士)


[「2009 年米ニュースメディアの現状」報告から]

ジャーナリストが消えていく
ワシントンで見たこと、聞いたこと

奥村 信幸(立命館大学産業社会学部准教授)


[研究 テレビの歴史社会学]

「女子アナ」――その冬の時代

森 暢平(成城大学文芸学部准教授)


[海外メディア報告]

スウェーデンの新聞から
日本の犯罪報道を考える

高田 昌幸(北海道新聞国際部次長)


[メディア・リポート]

◎新聞

裁判「対等報道」の小さな試み
八戸母子殺害事件の公判から

松田 修一(東奥日報社会部長)


◎放送

騙された「バンキシャ!」
視聴者を騙す

桜井 均(元NHKエグゼクティブ・プロデューサー)


◎ネット

情報伝達手段の多様化と
新たな「視聴率」測定の必要

萩原 雅之(ネットレイティングス株式会社エグゼクティブフェロー)


◎出版

「来航」か、それとも「来襲」か
グーグルが迫る出版デジタル開国

植村 八潮(東京電機大学出版局 局長)


[カラーグラビア]

国後島 そこに流れる二つの時間

菱田 雄介(写真家)


[全国世論調査報告]

2009年2〜3月政治・社会意識基本調査「いまの政治に望むものは」

森山 浩之(朝日新聞世論調査センター員)


朝日新聞全国世論調査詳報

◎2009年3月緊急RDD調査(小沢代表秘書起訴)

◎2009年2〜3月郵送調査(政治・社会意識基本調査)