Journalism 2012.7 no.266

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

Journalism 2012.7 no.266

ISBN:9784022810458
定価:734円(税込)
発売日:2012年7月10日
  2012.7 no.266 

品切れ・再販未定

定期購読を申し込む

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。

特集 〈橋下現象〉をどう報ずるか

特集
〈橋下現象〉をどう報ずるか

◎座談会「橋下番記者を悩ませる
プロレス型政治の現実と報道の困難」

北畠 弦太(朝日放送報道局ニュース情報センター・デスク)・曽根 文朗(読売新聞大阪本社社会部遊軍記者)・龍沢 正之(朝日新聞大阪本社社会部遊軍キャップ) [司会]杉田 敦(法政大学法学部教授)


◎「世の中が見えていたのは橋下氏」
朝日新聞大阪社会部デスクの嘆き

稲垣 えみ子(朝日新聞大阪本社社会・地域報道部次長)


◎政治報道への信頼回復の契機に
「橋下報道」から始まる脱記者クラブ

曽我 豪(朝日新聞政治部長)


◎世論調査政治と「橋下現象」
――報道が見誤る維新の会と国政の距離

菅原 琢(東京大学先端科学技術研究センター特任准教授)


[データジャーナリズムを考える]

〈国際ジャーナリズムフェスティバル報告〉

進化するデジタル報道 各国で続く挑戦と協力

平 和博(朝日新聞専門記者=IT担当)


[取材記者による特別リポート]下

〈福島原発事故〉報道と批判を検証する

――東電原発事故の現実と認識、その報道、そしてギャップ

奥山 俊宏(朝日新聞特別報道部記者)


[メディア・リポート]

◎新聞

神戸新聞の子ども向け紙面
「まなびー」から見えた新聞の未来

田中 伸明(神戸新聞社会部デスク)


◎新聞

木嶋佳苗被告から手記が届き
判決直後に面会するまで

藤田 絢子(朝日新聞松江総局記者)


◎放送

福島第一原発の爆発映像
“公共財”として社会で共有を

水島 宏明(ジャーナリスト、法政大学社会学部教授)


◎ネット

ネットに飛び込んで探す
参加型情報収集の可能性

橋本 大也(データセクション株式会社取締役会長)


◎出版

世界中の中小書店よ、立ち上がれ!
NYブック・エキスポで聞いた話

星野 渉(文化通信社取締役編集長)


[海外メディア報告]

ソーシャルメディアがテレビを変える
黒人少年殺人事件の意外な波紋

北清 順一(テレビ朝日アメリカ社長)


[新人記者のための「めざせ! 特ダネ」講座]第1回

〈新人時代=苦闘編〉

抜かれ続けたサツ回りの日々
地元紙を慌てさせたいの一心

井口 幸久(西日本新聞社編集委員)


[カラーグラビア]

大音量の音楽が村中に鳴り響く
パレスチナ・ビリン村の結婚披露宴


[ジャーナリズムの名言]

別府 三奈子(日本大学大学院新聞学研究科・法学部教授)


朝日新聞全国世論調査詳報

2012年4月憲法・沖縄調査

2012年5月定例RDD調査