Journalism 2013.5 no.276

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

Journalism 2013.5 no.276

ISBN:9784022810557
定価:720円(税込)
発売日:2013年5月10日
  2013.5 no.276 

品切れ・再販未定

定期購読を申し込む

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。

特集 「アベノミクス」と経済報道]

特集
「アベノミクス」と経済報道

◎〈座談会〉
経済誌編集長が語り合う
新聞の経済報道と雑誌の売り方

横田 恵美(週刊エコノミスト編集長)・小栗 正嗣(週刊ダイヤモンド編集長)・長谷川 隆(週刊東洋経済編集長)・司会=山田 厚史(朝日新聞元編集委員)


◎わかりやすい紙面めざして
経済報道を進化させる試み

高田 覚(朝日新聞東京本社前経済部長)


 シニア・OB記者の記者クラブ日記(1)(2)

   村田 泰夫・伊藤 暢生(元朝日新聞経済部)


◎日経は財務省や日銀を
チェックする組織に変わるべきだ

田村 秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員、元日本経済新聞編集委員)


◎「市場の羅針盤」となる記者を
日経は育ててほしい

藤井 良広(上智大学大学院地球環境学研究科教授、元日本経済新聞編集委員)


◎日米の「アベノミクス」報道から見る
経済報道の違いと課題

冷泉 彰彦(在米作家、ジャーナリスト)


◎「アベノミクス」は浦島太郎の経済学
経済記事は客観報道に逃げ込むな

語り手=浜 矩子(同志社大学大学院ビジネス研究科長)


◎ニュースも端末も売る
ブルームバーグがめざすもの

語り手=ブライアン・フアウラー(ブルームバーグ日本・韓国統括編集長)


◎「経済ジャーナリズムコース」を
早稲田大学が新設

編集部


[海外メディア報告]

なぜドイツのメディアは
ナチスの過去を心に刻み続けるか

熊谷 徹(在独ジャーナリスト)


[メディア・リポート]

◎新聞

低調な「個人識別番号法案」報道
法案成立後も継続して検証を

臺 宏士(毎日新聞社会部記者)


◎放送

ヘイト・デモを「黙殺」するメディア
日本社会のメルトダウン直視する報道を

水島 宏明(ジャーナリスト、法政大学社会学部教授)


◎ネット

話題のメガネ型情報検索装置
グーグル・グラスは取材向け?

野々下 裕子(フリーランス・ライター)


◎出版

アマゾンの「品切れ」は「取次」のせい?
著者の苦情から出版流通を考える

星野 渉(文化通信社取締役編集長)


[カラーグラビア]

アラスカ、メキシコ、アルゼンチン
ひねもすのたり鯨の海で

水口 博也(写真家、科学ジャーナリスト)


[ジャーナリズムの名言]

別府 三奈子(日本大学大学院新聞学研究科・法学部教授)


朝日新聞全国世論調査詳報

2013年3月定例RDD調査