Journalism 2020.06 no.361

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon kindle電子書籍のご購入

バックナンバー

トップ

Journalism 2020.06 no.361

ISBN:9784022811400
定価:815円(税込)
発売日:2020年6月10日
  2020.06 no.361 

定期購読を申し込む

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

特集 自粛列島

特集 自粛列島

リスクをどう報じるか

~報道にとってのパンデミック対策

山田健太(専修大学文学部ジャーナリズム学科教授)


政治でなく科学の視点を
感染症はリスク、備えを常に

加藤茂孝(元国立感染症研究所室長)


人はなぜ買いだめに走るのか
影響力はネットよりテレビ

橋元良明(東京女子大学現代教養学部教授)


ソーシャルメディアで広がる「デマ」
それに結びつく既存メディア攻撃

藤代裕之(法政大学教授)


コロナ対応と憲法の相克
前例なき危機に挑む日独の格差

水島朝穂(早稲田大学法学学術院教授)


死と静寂、孤絶に震えた心
イタリア封鎖を「在宅ルポ」

ステファニア・ヴィティ(伊ジャーナリスト)


ネットの活動が国を動かした

一斉休校に市民が異議と提言

穗積勇起(認定NPO法人フローレンス)


「自粛」と闘った35日間

演劇の火種は消さない

シライケイタ(劇団温泉ドラゴン代表)

《コロナ禍に思う》

「おい小僧!」思い出すバッカスの教え
広がるコロナ禍、問われる個の主体性

小泉信一(朝日新聞編集委員)

《新聞労連のアンケートから》

これからの新聞ジャーナリズムと働き方
三つの危機からの再構築を

南 彰(新聞労連委員長)


[連載]記者講座 開票速報の舞台裏㊤選挙の「法則」

当落判定の基本

強いまちと弱いまちがある

堀江 浩(朝日新聞編集委員)

■海外メディア報告

カンボジア政府、情報監視を強化

「フェイクニュース拡散」で逮捕者も?

木村 文(ジャーナリスト)

■メディア・リポート

新聞

「一極集中」を撃つコロナ禍
地方の自立を促す視点を

寺島英弥(ローカルジャーナリスト、河北新報社元編集委員)


出版

外出自粛で広がる書籍の電子化
絵本をめぐっては著作権侵害も

植村八潮(専修大学文学部教授、日本出版学会会長)


ネット

新型コロナ関連のデマ拡散に
チャットボットで対抗の動き

小林啓倫(経営コンサルタント)


放送

死刑判決では終わらないやまゆり園事件
植松死刑囚を生んだ社会の歪みを問おう

市村 元(「地方の時代」映像祭プロデューサー、関西大学客員教授)

【写真】 今月の1点