Journalism 2021.12 no.379

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon kindle電子書籍のご購入

バックナンバー

トップ

Journalism 2021.12 no.379

ISBN:9784022811585
定価:815円(税込)
発売日:2021年12月10日
  2021.12 no.379 

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

[特集]公助はあるか/政治が見えない

特集Ⅰ 公助はあるか

セーフティーネットは消えていた
コロナ禍で見えた女性の困窮

雨宮処凛(作家)


「丸裸の非正規」が照らす公助の不備
「夫セーフティーネット」の虚構が根底に

竹信三恵子(和光大学名誉教授)


セーフティーネットの機能不全
生活保護も、その一歩手前も

清川卓史(朝日新聞編集委員)


「自助」奪われた非正規滞在外国人
支えは共感、その可能性と限界

稲葉奈々子(社会学者、上智大学教授)


親に頼れぬ若者たちの窮状
放置せず、公助の手立てを

宮本みち子(放送大学、千葉大学名誉教授)


定時制高校生の実情と
市場原理に晒される支援事業

青砥 恭(さいたまユースサポートネット代表理事)


仏社会学者が見た日本の貧困
「不可視化」を招く自己責任論

メラニー・ウルス(社会学者、仏トゥールーズ・ジャン・ジョレス大学准教授)


特集Ⅱ 政治が見えない

「憲法典フェティシズム」からの脱却を
~政治と憲法を考える

豊 秀一(朝日新聞編集委員)


岸田文雄首相はハトか、タカか
成熟した安保論議で戦争回避を

小村田義之(朝日新聞記者)


「不条理」叫び続けた元戦犯の死
応えられなかった日本と私たち

市川速水(朝日新聞編集委員)

記者講座
魅力的な「良いニュース」を創るために何をすべきか

「若手新聞記者は恵まれています」
朝日新聞オンライン勉強会から

■メディア・リポート

新聞

「寄り添う」の意味を伝えた
河北新報の「震災10年」報道

寺島英弥(ローカルジャーナリスト)


放送

事前の議席予測は誰のためか
テレビ選挙報道への失望と期待

堀 潤(8bitNews 代表)


出版

拡大を続ける電子出版市場
出版社のDXは待ったなし

植村八潮(専修大学文学部教授)


ネット

選挙報道のDXは進んだか
各社の取り組みと新たな施策

三日月儀雄(日本テレビ報道局デジタル戦略部)

■海外メディア報告

米軍のアフガン撤退の波紋
中東諸国の強権化進む懸念

川上泰徳(中東ジャーナリスト)

【写真】 今月の1点