Journalism 2022.02 no.381

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon kindle電子書籍のご購入

バックナンバー

トップ

Journalism 2022.02 no.381

ISBN:9784022811608
定価:815円(税込)
発売日:2022年2月10日
  2022.02 no.381 

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

[特集]デジタル時代 次の一手

特集 デジタル時代 次の一手

〈インタビュー〉

孫正義のDNAを継いで二十余年
ニュース発信には「稼ぐ力」が必要だ

大槻利樹(アイティメディア社長兼CEO)


間口広げる読者との〝接点〟
社会課題解決へ多様に発信

小林明子(BuzzFeed Japan編集長)


ネットで生き抜くために
新聞社が超えるべき二律背反

森 健(ジャーナリスト)


ビッグデータ活用で報道を機械化
報道ベンチャーJX通信社の挑戦

米重克洋(JX通信社 代表取締役)


寄付に支えられるNPOメディア
調査報道やファクトチェックで成果

立岩陽一郎(InFact編集長)


伝統メディアに理念はあるのか
企業としての存在理由を問う

奥村倫弘(東京都市大学メディア情報学部教授)


〝真ん中はここ〟芽吹く発信
100年続くメディアをつくる

田中輝美(ローカルジャーナリスト)

《どうする野党共闘》

総選挙での野党共闘の意義と限界
参院選に向けて掲げるべき政策は

山口二郎(法政大学法学部教授)


《スパイウェア「ペガサス」問題》

ジャーナリストも監視の標的に
広がるスパイウェアの脅威

川上泰徳(中東ジャーナリスト)


《外岡さんを悼む》

ジャーナリストの責任感
外岡秀俊さんと「新聞と戦争」

藤森 研(日本ジャーナリスト会議代表委員)

【記者講座】地方を生きる記者たちへ@朝日新聞

多様な「共事者」の声をすくいあげて
出会った人つなぐ地域の「編集者」に

講師・小松理虔(ローカルアクティビスト)


ネット考現学

ソーシャルメディアを使って
記者が情報発信する意義

田中志織(朝日新聞ソーシャルメディアディレクター)


大学生のためのマダニャイ記者入門

1年目記者の一日


■海外メディア報告

言論統制への批判冷める
岐路に立つ韓国メディア

神谷 毅(朝日新聞ソウル支局長)

【写真】 今月の1点