Journalism 2022.08 no.387

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon kindle電子書籍のご購入

バックナンバー

トップ

Journalism 2022.08 no.387

ISBN:9784022811660
定価:815円(税込)
発売日:2022年8月10日
  2022.08 no.387 

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

[特集]憲法9条の真価/核と向き合う/安倍元首相銃撃 残された課題

巻頭の言葉

9条のリアリズム

特集Ⅰ 憲法9条の真価

interview

憲法9条は人類の歴史的到達点
核兵器や拒否権より大事なのは

オーナ・ハサウェイ(聞き手・池田伸壹)


改めて私たちに問われている
平和と安保への感度と見識

青井未帆(学習院大学大学院法務研究科教授)


「個人の尊重」裏打ちする憲法
身近な問題とつながる9条

是恒香琳(SEALDs元メンバー)


自衛隊明記論が忘れているもの
~戦後77年の夏に考える

豊 秀一(朝日新聞編集委員)

特集Ⅱ 核と向き合う

すべての人類の安全保障へ
高まる「軍縮教育」の価値

中村桂子(長崎大学核兵器廃絶研究センター准教授)


核兵器禁止条約に向き合わぬ
「広島出身」首相の有言不実行

宮崎園子(フリーランス記者)


ポーランドと広島の惨禍
「戦争と核」文学者の絶望

ウルシュラ・スティチェック=ボイェデ(広島大学客員講師)


特集Ⅲ 安倍元首相銃撃 残された課題

民主主義の破壊どう防ぐか
要人テロの歴史から考える

山田 朗(明治大学文学部教授)


アベノミクスとは何だったのか
正体つかめぬ政策、その本質は

原 真人(朝日新聞編集委員)


閣議決定で、集団的自衛権を容認
9条の解釈変更、防衛議論の基軸失う

国分高史(ジャーナリスト)


「森友・加計・桜」が遺した
忖度、弱体野党、メディア分断

坪井ゆづる(朝日新聞論説委員)

<ウクライナ危機と日本本土空襲>

市民の状況、もっと視野に
戦況偏重の報道の転換を

川上泰徳(中東ジャーナリスト)


<戦後補償の現在地>

受忍論が阻む戦争被害者救済
平和のための「過去の直視」に壁

北野隆一(朝日新聞編集委員)


《ネット考現学》

偽・誤情報、悪意のある情報
対策の一つにリテラシー教育を

田中志織(朝日新聞ソーシャルメディアディレクター)


《大学生のためのマダニャイ記者入門》

災害を伝える


《就職のツボ》

時間かかるが難しくない「他己分析」もオススメ

木之本敬介


《スラスラES教室》

挑戦の軌跡、順序よく

真下 聡


【写真】 今月の1点