Journalism 2022.10 no.389

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon kindle電子書籍のご購入

バックナンバー

トップ

Journalism 2022.10 no.389

ISBN:9784022811684
定価:815円(税込)
発売日:2022年10月7日
  2022.10 no.389 

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

[特集]プラットフォームは敵か味方か/旧統一教会と政治とメディア

巻頭の言葉

「異様だな」

特集Ⅰ プラットフォームは敵か味方か

interview

プラットフォームと報道の共存は
資金提供の豪州、一つのモデルに

ビル・グルースキン(聞き手・中井大助)


優越的な地位が強いる不均衡
契約是正に向けたアプローチ

柴田潤子(香川大学教授)


ニュース使用料に広がる法整備
メディア自身の改革こそ急務

平 和博(桜美林大学教授)


「知識」の供給を持続可能に
求められる新たな評価指標

水谷瑛嗣郎(関西大学准教授)


けんかはやめてPFと共に
サービスの視点、メディアに必要

奥山晶二郎(サムライト取締役CCO)

特集Ⅱ 旧統一教会と政治とメディア

interview

カルトの基準定めて規制を
報道で広まる宗教2世の実態

紀藤正樹(聞き手・青木康行)


政治と宗教のいびつな関係の帰結
旧統一教会問題が照らす戦後日本の暗部

島薗 進(大正大学客員教授)


仏「反セクト法」が示唆する
弱者への人権意識、日本も

島岡まな(大阪大学大学院教授)


米国の自由を憎んだ文鮮明
分派は過激化 トランプと銃を崇拝

三牧聖子(同志社大学大学院准教授)

〈少年法改正と「特定少年」の実名報道〉

関係者の納得や読者の理解へ 「実名」の経緯、伝える必要

朝日新聞「メディアと倫理委員会」


《ネット考現学》

機械と人間とのコラボ お絵描きAIで可能性広がる

伊藤大地(朝日新聞編集担当補佐役)


《海外メディア報告》

ペロシ・ショック、中国激烈 海峡の緊張、固定化を覚悟

林 望(朝日新聞中国総局長)


《大学生のためのマダニャイ記者入門》

デスクって?


《就職のツボ》

簡単!記事DBで企業検索
自分だけのネタ帳に

木之本敬介


《スラスラES教室》

複数例で納得感アップ

真下 聡


【写真】 今月の1点