仏教を歩く 20号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

仏教を歩く 20号

定価:576円(税込)
表紙:わらべ地蔵と額紫陽花(京都府・法輪寺)
発売日:2004年2月24日
  20号 

品切れ・再販未定

風狂を生きる

一休 いっきゅう
「一休さん」といったら、とんち話を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。しかし、実際の一休は、とんちとはほど遠い人だったようだ。高貴な身分に生まれながら、雲が風に吹かれて遊ぶような放浪の人生を送った。2度の自殺未遂をした。晩年には、女性との交情もあった。形式や虚偽を排し、あるがままに生きようとしたその一休の姿に、後世の人々はヒーローを見たのだろうか。自らを「狂雲」と称した反逆の禅僧・一休の知られざる素顔に迫る。

巻頭法話 仏教への誘い 第20話「六波羅蜜」(上)/瀬戸内寂聴

一休とはどんな人?
反骨と風狂を貫いた数奇な一生/末木文美士
[一休ネットワーク]
芸道を支えた一休の禅/松岡心平
■イラスト 一休交友録
■一休 教えの広がり
地方武士や新興商人に広がった「林下」の禅/末木文美士
■一休のあゆみ

一休のことば
時代を超えて突出する愛とエロスの詩/松岡心平

一休ゆかりの旅
酬恩庵一休寺 民衆に愛された一休を感じられる寺/編集部
◆境内マップ・周辺図・主な年中行事
この地のおすすめ 一休寺納豆
[仏教 見る・聞く・ふれる]
民衆文化の中の一休/岡 雅彦
◆名僧の遺産
遺偈(酬恩庵一休寺)/飯塚大展

■連載■
真鍋俊照の「仏教アートへようこそ」(20)
釈尊の教えを讃える天井の荘厳絵/真鍋俊照
梅原猛の新「授業・仏教」第20講
一休 とんち話の似合わない風狂の禅僧/梅原 猛
週刊お遍路さん(20)
愛媛県5日日 国分寺から前神寺/小野庄一
典座さんの食べる仏教(20)
豆腐七変化/藤井宗哲・まり
暮らしの仏教Q&A(20)
水子供養/佐藤達全
仏教聖地巡り(20)
パロ・ゾン(ブータン)/田村 仁