検索結果

該当数は 2430 件、全 243 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • 試験は暗記が9割

    試験は暗記が9割   碓井 孝介

    640円(本体価格)/691円(税込価格)

    偏差値35から公認会計士試験を突破した著者が伝授する暗記テクニックを駆使した勉強法。「暗記より理解」と言われるが、覚えることで理解は付いてくるもの。本書の方法では時間を効率的に使えるようにもなり合格への近道が見えてくる。

  • ナンシー関の耳大全77

    ナンシー関の耳大全77   ナンシー関 武田 砂鉄

    740円(本体価格)/799円(税込価格)

    ナンシー関に“賞味期限”はない 特定の時代のテレビが作り出す空気について書いているのに、 それが半永久的な説得力を持つという摩訶不思議。 2002年、39歳で急逝した消しゴム版画家・ナンシー関。 その言葉は今なお、テレビの中に漂う違和感に答え続けてくれる。 彼女の大ファンで、日常の違和感を小気味よい筆致であぶり出す武田砂鉄氏が 『週刊朝日』の伝説的コラム「小耳にはさもう」から選び抜いた ベスト・オブ・ベスト! 連載462回分のハンコも壮観です。 ---------  ナンシー関のコラムって、ノスタルジーにはなりえない。多くの登場人物が今の芸能界でもそれなりの位置を保持しているから、という理由だけではない。今、どんな事案であろうとも、芸能スキャンダルは瞬く間に消費され、片っ端から忘れ去られていく。ひとつの芸能ネタをじっくり吟味するよりも、思いっきり叩いて消費するか、事務所などに忖度して最低限の報道で済ますか、そのいずれかだ。週刊誌が出る頃には、その議題がすっかり古びている、なんて場合も少なくない。ナンシー関は、読者に対して、「それでいいのか。後悔はしないのか」と考える時間を与えた上で、当人だけではなく、無意識に整ってしまう世間の見解を、もう一度疑った。その手つきは、テレビの中の存在からすれば緊張感を与えるものだっただろう。見張られている感覚は、番組の質感や、芸能人の振る舞いに直結していたと思う。 (武田砂鉄 解説「私たちの大切な公文書」より) ---------

  • 「いじめ」をめぐる物語

    「いじめ」をめぐる物語   江國 香織 荻原 浩 小田 雅久仁 角田 光代 越谷 オサム 辻村 深月 中島 さなえ

    700円(本体価格)/756円(税込価格)

    いじめを受けた側、いじめた側、その友だち、家族、教師……。「いじめ」には、さまざまな“当事者”たちがいる。7人の人気作家が「いじめ」をめぐる人々の心模様を競作。胸の奥にしずかに波紋をなげかける、文庫オリジナルアンソロジー。 【収録作品】 ・学校で「はぶられる」ようになった親友への、変わらない友情と変化への戸惑いを描く。 「緑の猫」 江國香織 ・担任クラスで起きた不登校に向き合う女性教師、彼女自身も……。  「サークルゲーム」 荻原 浩 ・30年前、いじめられていた友人への消えない罪悪感と苦い記憶を思い返す。  「明滅」 小田雅久仁 ・受験に失敗した過去と、居場所のない水泳部の中で、少女は強くなろうともがく。  「空のクロール」 角田光代 ・同級生にいじめられている少年が、飛び降り自殺を図った先で目にしたものは?  「20センチ先には」 越谷オサム ・塾経営者として成功した小学校の同級生。イタい子だった彼女を取材することになり……。 「早穂とゆかり」 辻村深月 ・歌劇団のトップを目指す由美子と志乃の間に起きた事件の真相とは。  「メントール」 中島さなえ

  • 特攻隊振武寮

    特攻隊振武寮   大貫 健一郎 渡辺 考

    860円(本体価格)/929円(税込価格)

    戦争末期の福岡に、特攻の帰還兵が収容された「振武寮」という施設があった。 外出は一切禁止、「卑怯者、死んだ連中に申し訳ないと思わないのか」「そんなに死ぬのがいやか」など、屈辱的な言葉を連日投げかけられ、竹刀で滅多打ちにされる。幽閉生活の中で、兵士たちは「自分たち特攻帰還者は生きていてはいけない存在なのだ、次は絶対に死んでみせる」、そう思わせるための精神教育をする施設である。 著者の大貫健一郎氏は、ここに実際に幽閉されていた特攻隊員の生き残りの一人である。特攻隊員として出撃するまでの苦しみ、将来の夢を持ったまま亡くなった戦友たちの無念、特攻作戦そのものへの疑問。そして戦後を生き続ける苦悩。決して美化してはいけない、「特攻」を経験した元兵士の貴重な記録。 二本のテレビドキュメンタリー(ETV特集『許されなかった帰還〜福岡・特攻隊振武寮〜』、NHKスペシャル『学徒兵 許されざる帰還〜陸軍特攻隊の悲劇〜』)の書籍化。

  • 闘う君の唄を

    闘う君の唄を   中山 七里

    660円(本体価格)/713円(税込価格)

    埼玉県の片田舎・神室町に幼稚園教諭として赴任した喜多嶋凛。 あらゆることに口出しをしてくるモンスターペアレンツと対立しながらも、自らの理想を貫き、少しずつ周囲からも認められていくのだが・・・・・・。どんでん返しの帝王が贈る驚愕のミステリ。《解説・大矢博子》

  • 悲恋

    悲恋   細谷 正充

    720円(本体価格)/778円(税込価格)

    父を斬首され盗賊に堕ちた女との非情な再会(諸田玲子「悲恋」)、娼家の掟をやぶり、若き侍との結婚を夢見てしまった娼妓(山本周五郎「なんの花か薫る」)など、時代小説の名手による珠玉の7編を収録。朝日文庫オリジナル短編集第2弾。

  • 増補版 子どもと貧困

    増補版 子どもと貧困   朝日新聞取材班

    620円(本体価格)/670円(税込価格)

    風呂に入れずシラミがわいた姉妹、菓子パンを万引きする保育園児……。7人に1人とされる子どもの貧困の実態を浮き彫りにし、支援策や制度、専門家の提言など解決を探る。文庫化にあたり、高校中退・学校給食・特別養子縁組を増補。

  • マイストーリー 私の物語

    マイストーリー 私の物語   林 真理子

    660円(本体価格)/713円(税込価格)

    自費出版専門の出版社ユアーズ社の編集者太田恭一は、人生を本にしたい中高年の様々な依頼に応対する日々。ある日、芥川賞作家である漆多香子から母エリナの自伝を出版して欲しいという依頼が来る。その原稿には娘の担当編集者と性的関係を持ったことなどを赤裸々に描いており、出版後話題になりはじめる。また、亡くなった旦那についての本を書きたいと高橋由貴という美しい女性が現れる。美貌も相まって、出版後すぐにドラマ化され部数も伸びるが、彼女がAV作品に出ていた過去がネットで騒がれて……。自費出版を巡る人々の欲望を鮮やかに描く傑作小説。

  • デラシネの真実

    デラシネの真実   六道 慧

    700円(本体価格)/756円(税込価格)

    密輸された蝶の蛹は、猛毒を持つ蝶が擬態したものだった。その出所を追う、警視庁特別取締班の女刑事・星野美咲と生物学者兼獣医の鷹木晴人は、掻い掘り作業中の池で発見された、白骨遺体との関連に気づき始め……。書き下ろしシリーズ第3弾。

  • 悪人 新装版

    悪人 新装版   吉田 修一

    760円(本体価格)/821円(税込価格)

    小説、映画ともに大ヒットした不朽の名作。 福岡市内に暮らす保険外交員の石橋佳乃が、出会い系サイトで知り合った土木作業員に殺害された。 二人が本当に会いたかった相手は誰なのか? 佐賀市内に双子の妹と暮らす馬込光代もまた、何もない平凡な生活から逃れるため、携帯サイトにアクセスする。 そこで運命の相手と確信できる男に出会えた光代だったが、彼は殺人を犯していた。 彼女は自首しようとする男を止め、一緒にいたいと強く願う。 光代を駆り立てるものは何か? その一方で、被害者と加害者に向けられた悪意と戦う家族たちがいた。 悪人とはいったい誰なのか? 事件の果てに明かされる、殺意の奥にあるものは? 毎日出版文化賞と大佛次郎賞受賞した著者の代表作。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)