検索結果

該当数は 6813 件、全 682 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • 精神科医がみた老いの不安・抑うつと成熟

    精神科医がみた老いの不安・抑うつと成熟   竹中 星郎

    1500円(本体価格)/1650円(税込価格)

    ◯老年精神医学の第一人者による、生活の視点からみた実践的に役立つ臨床の覚書。 老いゆく心をわかっているのだろうか? 精神科医として大学病院や精神科病院で高齢者を診てきた著者は、1979年に認知症をより知りたく老人医療・福祉の現場に入った。高齢者はそれまでは自らの精神的危機を乗り越えてきたのに、加齢とともに伴侶や友人を喪失、独居や同居という住宅環境、身体的機能の低下、孤独、社会とのつながりの変化から、不安、葛藤、怒りに苛まれる。腰痛や風邪、人間関係の小さなトラブルをきっかけに、妄想や不安障害、うつ病を患っていく。豊富な臨床例、多田富雄、木村敏、神谷美恵子、ボーヴォワール、映画『八月の鯨』、ジャンケレヴィッチ、ボウルビィ等をもとに、老年期の心理的特性を捉える。病の多彩な症状の底流にある「老いを生きること」の実相とは? 大上段の構えではない、老いの自然な姿、成熟とは? そして100歳老人の愉快な奔放人生も追う。 ◯ 帯には推薦文 もっと早くにこの本があったなら。母を介護した日々を思う。そして今わたしが「老い」の中へ。ひとつとして同じものはない老いを拓き照らす本である。 ――落合恵子 老いを生きる人の心身は知られていない。生活の場からみた豊富な臨床例と分析は、医療・介護関係者、家族・友人、また老いゆく人にも必読だ。 ――都立松沢病院院長・精神科医 齋藤正彦  ◯目次から はじめに  第1章 老年精神科事始め 第2章 老年期心性の特異性と不安・抑うつ 鏡に映る自分に愕然とする/死の現前化/喪失体験/老いの孤独/老年期の適応という課題  第3章 抑うつの精神医学 60、70代のうつ病/80、90代のうつ病/定年退職後のうつ病/孫の子守でうつ病になる/超高齢者と抗うつ薬/うつ病と認知症の鑑別/高齢者のうつ病治療 第4章 老年期の妄想 盗られ妄想/嫉妬妄想/隣の物音――嫌がらせという迫害妄想 第5章 隠喩としての「認知症」 どんなことが「認知症」といわれているか/「ごみ屋敷」は個性的である  第6章 脳症状の臨床からみる1 せん妄 せん妄とは何か/夕方症状群 第7章 脳症状の臨床からみる2 生活を通して認知症を考える 「認知症」の多様性 第8章 老いをいかに生きるか――ある100歳老人から

  • 日本のイスラーム

    日本のイスラーム   小村 明子

    1500円(本体価格)/1650円(税込価格)

    イスラームはもはや遠い存在ではない。 年々増加している観光客だけではなく、労働者、東南アジア諸国を中心とした留学生、とくに女性に多い日本人改宗者など、私たちの身近で生きる「隣人」となりつつある。加えて、ビジネスや労働力としての側面でも無視できない。 日本とイスラームの縁は明治時代まで遡る。戦前は回教政策も取られ、交流が活発だった時期もあった。だが、近年は、テロや厳しい戒律などのイメージもあり、その印象はネガティブなまま更新されていない。 本書は、日本とイスラームの歴史的関係を通覧し、わが国に住むムスリムの知られざる実像に肉薄。彼らへの多くのインタビューを通して、地域交流やハラールビジネスの実情と課題を浮き彫りにし、真の共存を探る。 著者の長年に亘るフィールドワークの集大成。 <目次> はじめに 本書を書くにあたって 凡例 第1章 イスラームとは何か イスラームとは何か/イスラームの六信五行について/イスラームの成立の歴史/イスラームの拡大/ハディースの解釈について/シャリーア(イスラーム法)について/誤解されるイスラームの教義 第2章 日本におけるイスラームの歴史 歴史区分/I.1890年から1945年(終戦)まで/エルトゥールル号遭難事件と最初の日本人ムスリム/日露戦争と亡命タタール人/日本国内におけるモスクの開設/回教(イスラーム)政策/II.1945年(終戦後)〜1974年頃まで/日本人ムスリムによるイスラーム団体の設立/外国人ムスリムとの協働/日本人ムスリムによる最初のクルアーンの翻訳/海外に出る日本人とイスラームとの出会い/III.1975年頃〜1980年代前半まで/IV.1980年代後半〜1990年代(バブル期)まで/外国人労働者大量流入時代へ/礼拝施設の問題/V.1990年代(バブル崩壊後)〜2018年(現在)まで/外国人ムスリムとの結婚による日本人改宗者の増加/礼拝施設の増加/外国人労働者から研修生・留学生の時代へ/現在の日本社会におけるイスラーム的な環境整備について 第3章 日本人ムスリム 「日本人ムスリム」とは何か/日本人ムスリムの定義について/戦前および終戦以降の日本人ムスリムについて/2019年時点の日本人ムスリムの人数について/1980年代後半からの日本人改宗ムスリムの改宗理由について/改宗者の改宗後のムスリムとしての生き方の事例/5名の改宗者からみたムスリムとしての生き方:「ムスリムであること」の意味/ムスリム第2世代について 第4章 日本国内の外国人ムスリム 亡命タタール人/アブデュルレシト・イブラヒム/ムハンマド・ガブドゥルハイ・クルバンガリー/在日タタール人の抗争/日本側の方針転換/国家政策のためのイスラーム/1980年代後半からの外国人ムスリム労働者/1990年代における外国人ムスリムたちの生活/外国人ムスリムの存在がもたらす課題/2018年時点の外国人ムスリムについて 第5章 外国人ムスリムと「難民ビザ」 外国人材受入れ政策/1980年代〜1990年代における外国人労働者問題/「難民」とは/日本の難民認定申請について/ロヒンギャとクルド人/外国人ムスリムにおける「難民ビザ」事例/日本の外国人材受入れ政策の未来 第6章 日本におけるハラール・ビジネスの実態 なぜ「ハラール」なのか/非ムスリムにとってわかりにくいハラールの概念/クルアーンにおける食品のハラールの記述について/なぜハラールがビジネスとして着目されたのか/ハラール認証に対する日本人ムスリムたちの反応/なぜ認識の差が生じたのか/理想と現実の狭間で:何故、対応できないのかを理解する/日本人ムスリムの意見として/誰のためのハラール食品なのか 第7章 日本とイスラームの共存に向けて 日本とイスラームの共存について/(1)外国人ムスリムの存在(2)イスラームの価値観:宗教としてのイスラーム・文化としてのイスラーム「イスラーム=宗教>文化」を理解すること=イスラーム的価値観の理解/ハラール・ビジネスから見えてくる日本の現状/日本とイスラームの共存に向けて おわりに

  • Kyoto guide 24H

    Kyoto guide 24H   朝日新聞出版

    1300円(本体価格)/1430円(税込価格)

    好評24Hシリーズ『Kyoto guide 24H』の最新、改訂版が登場。最新データにアップデートされた一冊で、いまの京都でしたい、ベスト時間でベストなことが丸わかり。

  • IDENTITY(アイデンティティ)

    IDENTITY(アイデンティティ)   フランシス・フクヤマ 山田 文

    2000円(本体価格)/2200円(税込価格)

    経済格差の拡大と社会構造の急激な変化が、ポピュリズムの台頭と社会の分断をまねいている。これらは社会から疎外された人々による平等な「尊厳の要求」に起因する。「人種、民族、宗教」などを脱し「理念」のアイデンティティへと説く民主主義再生への提言書。

  • 人生最高のひと皿

    人生最高のひと皿   週刊朝日編集部

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    週刊朝日の人気連載「人生の晩餐」の書籍化。食通としても知られる著名人50人が、「人生、これだけは食べないと」というほどに好きなレストランと料理をひと皿紹介する。それぞれ料理写真(1点)と推薦コメントで構成。推薦者は、椎名誠、瀬戸内寂聴といった作家、由美かおる、長谷川初範などの芸能人、戸田奈津子、小泉武夫といった文化人、三浦雄一郎、川淵三郎のようなスポーツ界の重鎮、中村吉右衛門、坂田藤十郎という人間国宝の歌舞伎役者・・・・・・。グルメガイドとしてはもちろんのこと、その料理を愛する理由を読むことで著名人の人生観に触れることもできる。

  • 如何様

    如何様   高山 羽根子

    1300円(本体価格)/1430円(税込価格)

    復員した画家は本物なのか? いや、本物と偽物になんの違いがあるというのか。 芥川賞連続ノミネート、いま文芸界が最も注目する才能が放つ問題作! 「人は、まったく同じものがふたつ以上あると、ひとつを本物、残りを偽物と決めないと落ち着かない生き物なのかもしれませんね」 敗戦後、戦地から復員した画家・平泉貫一は、出征前と同じ人物なのか。 似ても似つかぬ姿で帰ってきたものの、時をおかずして男は失踪してしまう。 兵役中に嫁いだ妻、調査の依頼主、妾、画廊主、軍部の関係者たち――何人もの証言からあぶり出される真偽のねじれ。 調査を依頼された私が辿りついたのは、貫一が贋作制作を得意としていたという事実だった。

  • 飛行機のサバイバル2

    飛行機のサバイバル2   ゴムドリco. 韓 賢東

    1200円(本体価格)/1320円(税込価格)

    ジオたちの乗った飛行機に爆弾が!? 飛行中に原因不明の爆発や火災事故が起きてパニックになった機内。どうやら犯人はジオたちと同じ飛行機の中にいるらしい。ジオとケイは、客室乗務員のビンと協力して爆弾をしかけた犯人を探すが・・・・・・。空を舞台にした究極のサバイバルがいよいよ決着。ジオとケイは無事に飛行機から脱出できるのか?読めば飛行機のことに詳しくなる、大人気「科学漫画サバイバル」シリーズの最新刊!

  • 科学探偵 VS. 超能力少年

    科学探偵 VS. 超能力少年   佐東 みどり 石川 北二 木滝 りま 田中 智章 木々

    890円(本体価格)/979円(税込価格)

    名探偵謎野真実に最強のライバルが現れる! 超能力少年チカラを名乗る少年の超能力を解き明かすことができず敗北してしまう真実。一方、真実に勝ったチカラの評判はどんどん広まり、ネットやテレビで大人気者になる。念力、千里眼、壁抜け、透視、念写、空中浮遊・・・・・・チカラが見せる超能力の数々。本当に科学で解き明かせない謎がこの世に存在するのか?科学の知識も身に付く大人気科学推理小説の最新刊!

  • JSEC junior vol.5

    JSEC junior vol.5   朝日新聞社

    720円(本体価格)/792円(税込価格)

    小中学生向け「今解き教室」の科学版。ロボットや宇宙といった最先端のテーマを豊富な写真や図表、最新ニュースで深掘り。子どもの知的好奇心を刺激しながら、科学的な思考力を伸ばし、入試対策もできます。Vol.5のテーマは「異常気象はなぜ起こる」。

  • 今解き教室  2019年12月号[L2発展]

    今解き教室 2019年12月号[L2発展]   朝日新聞社

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    今解き教室の特別編「平成の30年間を振り返る」の発展版。読み解き問題数を増やし、より実践的な入試対策が可能に。小学6年生から中学生向け。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)