検索結果

該当数は 785 件、全 79 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • キリギリスの年金

    キリギリスの年金   明石 順平

    850円(本体価格)/935円(税込価格)

    アリのように働いても、老後を公的年金だけで過ごすことは絶対不可能。物価上昇・賃金下落・人口減少……複合的な要素が絡む「年金制度」の未来とは。さらに、コロナ禍でますます悪化する日本財政の末路を豊富なデータをもとに徹底検証。

  • 大阪から日本は変わる

    大阪から日本は変わる   吉村 洋文 松井 一郎 上山 信一

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    停滞と衰退の象徴だった大阪はなぜ蘇ったか。景気や経済指標の大幅改善、幼稚園から高校までの教育無償化、地下鉄民営化などの改革はいかに実現したか。「大阪モデル」をはじめ、新型コロナで国に先行して実効性ある施策を打てた理由は。10年余の改革を総括する。

  • コロナと生きる

    コロナと生きる   内田 樹 岩田 健太郎

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    リスクを受け入れ、他人とずれながら持久走。それが、コロナの時代。 新型コロナウイルスのパンデミックが無効化させた、ゼロサム競争、同調圧力、新自由主義。 経済格差や分断が急速に広がるなかで、感染対策と経済活動に引き裂かれる社会。 これまでの日常が非日常となった今、明日に向けての指針とは? コロナ禍における心身自由な生き方について、5月、6月、7月と変わりゆく状況下で語り合ったすべてがここに! 〈科学的な態度、科学的な専門性だけが、感染症学的な新型コロナウイルス感染症を最適化させる可能性を秘めているのです〉――岩田健太郎「はじめに」より 〈ここで論じられた2020年のコロナウイルスについての一連の出来事は少し時間が経ってしまったら「昔の話」として忘れられてしまうと思います。でも、「科学的な態度」がどういうものかを知るための資料としては時間が経ってもその価値を減じることはないと思います〉――内田樹「おわりに」より

  • たのしい知識

    たのしい知識   高橋 源一郎

    890円(本体価格)/979円(税込価格)

    生きのびるためには、気持ちよく生きるためには、きちんと考えることが大事だ。著者が長年あたためてきた、ともに学ぶための「教科書」。 明仁天皇のビデオメッセージと憲法9条の秘密とは? 隣国「韓国・朝鮮」への旅では「宗主国」と「植民地」の小説を読み解く。ウイルスの災禍をデフォー、カミュ、スペイン風邪に遡り、たどりつく終焉、忘却、記憶、ことば。 政治・社会のゆるがせに出来ない問題をもう一歩、深く考えるための3つの旅。 ■本書は『ぼくらの民主主義なんだぜ』(2015年)『丘の上のバカ ぼくらの民主主義なんだぜ2』(2016年)につづく、高橋源一郎さんの朝日新書での3冊目になります。 天皇、憲法、韓国・朝鮮、戦争、そして、コロナ禍をほんとうに「知る」ための本です。 ずっと待っていた ぼくらを自由にしてくれる 世界でいちばん素敵な知の「教科書」 ■内容紹介 *ぼくらの天皇(憲法)なんだぜ 「天皇」ってなんだ?/「憲法」ってなんだ?/わからないから世界の「憲法」をまとめて読んでみた/9条の「秘密」/ぼくたちには新しい「憲法」が必要なんだ *汝の隣人 ぼくたちの知らない隣人たち/「韓国・朝鮮」への長い旅、のはじまり/ふたつの国の「あいだ」で書かれたことば/「宗主国」の作家の哀しみ、「植民地」の人たちの苦しみ/かすかな声、見たことのない風景 *コロナの時代を生きるには 「コロナの時代」について考えるためには/ぼくらが「それ」をほんとうに知るためにはどうしたらいいんだろう/歴史を遡る/「地に足を着けたままで」考える/死の影の下で/終焉、忘却、記憶、ことば/「死の都」に一人で留まる

  • 新型コロナ制圧への道

    新型コロナ制圧への道   大岩 ゆり

    850円(本体価格)/935円(税込価格)

    新型コロナウイルスに全世界が戦慄し、大混乱が続く。「共存」するには、あまりに厄介なウイルスだ。人類はこの「戦争」に勝てるのか? どこに「出口」があるのか? 科学・医療の最前線を徹底取材。治療薬とワクチン、終息へのシナリオと課題を明らかにする。著者は元朝日新聞記者。

  • 危機の正体

    危機の正体   佐藤 優

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    「新しい生活様式(ニューノーマル)」では幸せになれない。〈反人間的〉が強制される時代をどう生き抜くか? 第2波、第3波に備える知的心の構え方。「新しい生活様式」は人間に何をもたらすのかを歴史的、思想的に分析し、国家機能強化に飲み込まれないためのサバイバル術を伝授する。ニューノーマルが強制され、変容する価値観の中をどう生き抜く知恵を探る。

  • 人生に必要な知恵はすべてホンから学んだ

    人生に必要な知恵はすべてホンから学んだ   草刈 正雄

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    「好きな本は何ですか?」と聞かれたら、「台本です」。 そう答えるくらい、僕は台本(ホン)が好きです。 そして、この歳になって、気づきました。 いかにして台詞を生きるかは、いかにして自分を生きるかだと──。 いいことも、悪いことも、ぜんぶ受け入れて、そして手放す。 すると直感が、降りてくる。 数々の台詞を生きて見えてきた、自分の原点、家族のすがた、生と死のかたち。 名台詞がおしえてくれる、いまを生きる知恵と人生の意味。 『真田丸』『なつぞら』をはじめ代表作の台詞に受けた直感から母との思い出まで、初めて語る本音の独白! オフィシャル&秘蔵スナップも収録! 【目次より】 プロローグ ホンのお陰でいまがある 第1章 役者は台詞から生まれる 母と僕と映画と   「ごめんなさい」と「ありがとう」 細胞にひっつくまで   観ている人をいい意味で裏切りたい 台詞であれば素直に言える 舞台の上で生きる時間 台詞に色をつけられる時代劇 第2章 役者は脚本家から生まれる 「この作品は、やらなくては」 直球の決め台詞 人を描くというユーモア 直感的に素直になれるかどうか 第3章 だから役者はやめられない 受け入れて、手放す いろいろな表情を持つ男 シンプルな生きる知恵 人は変わることができる 人間同士のつながりとは 生と死は別物じゃない ドラマを支えるリアリティー 第4章 名台詞ここにあり 『真田太平記』 『真田丸』 『なつぞら』 エピローグ 立ちどまった春

  • 教養としての投資入門

    教養としての投資入門   ミアン・サミ

    850円(本体価格)/935円(税込価格)

    本書は、投資をすることに躊躇していた人が抱えている不安や迷いを一気に吹きとばすほどの衝撃を与えるだろう。「自動投資」「楽しむ投資」「教養投資」の観点から、資産10億円を構築した筆者が、学術的な知見やデータに基づき、あなたに合った投資法を伝授。

  • 渋沢栄一と勝海舟

    渋沢栄一と勝海舟   安藤 優一郎

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    「勝さんに小僧っ子扱いされた──」。朝敵となった徳川慶喜に生涯忠誠を尽くした渋沢栄一と、慶喜に30年間も「謹慎」を強いた勝海舟。共に幕臣だった二人の対立を描き、知られざる維新・明治史を解明する。西郷、大久保、伊藤、大隈、福沢など、著名人も多数登場。

  • コロナ後の世界を語る

    コロナ後の世界を語る   養老 孟司 ユヴァル・ノア・ハラリ 福岡 伸一 ブレイディ みかこ イアン・ブレマー 磯野 真穂 伊藤 隆敏 大澤 真幸 荻上 チキ 角幡 唯介 鎌田 實 五味 太郎 斎藤 環 坂本 龍一 ジャレド・ダイアモンド 東畑 開人 中島 岳志 藤原 辰史 藻谷 浩介 山本 太郎 柚木 麻子 横尾 忠則

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    日本の未来はどうなるか――?  養老孟司 ユヴァル・ノア・ハラリ ジャレド・ダイアモンド 福岡伸一 ブレイディみかこ 角幡唯介 東畑開人etc. 22人の論客が示すアフターコロナの針路! 朝日新聞大反響連載を書籍化 新型コロナウイルスは瞬く間に地球上に広まり多くの命と日常を奪った。すべての人に平等に降りかかるこの感染症によって、社会は様変わりしてしまった。第2波の懸念も高まり、感染への恐怖が消えない中、私たちは大きく変容する世界をどう捉え、どのように考えればよいのか。 現代の知性たちのパースペクティブを通し「コロナ後」を思考する糧を届ける。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)