検索結果

該当数は 771 件、全 78 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • なぜかワクワクする片づけの新常識

    なぜかワクワクする片づけの新常識   古堅 純子

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    おうち時間をもっと快適に! シニアの方の片づけには、この先どう生きたいのか、どう暮らしたいのか、限りある日々を輝いてすごすための「夢と希望」が何より大切。予約のとれない幸せ住空間セラピストが、いきいき健康に暮らせるための片づけを伝授!

  • コロナが加速する格差消費

    コロナが加速する格差消費   三浦 展

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    大ベストセラー『下流社会』から15年。格差はますます広がり、「上」と「下」への二極化が目立つ。コロナはさらにその傾向を加速させる。バブル・氷河期・平成3世代の消費動向から格差の実態を分析し、「コロナ後」の消費も予測する。

  • 翻訳の授業

    翻訳の授業   山本 史郎

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    めくるめく上質。芥川龍之介「羅生門」、村上春樹「ノルウェイの森」、シェイクスピア「ハムレット」、トールキン「ホビット」……。翻訳の世界を旅しよう! AIにはまねできない、深い深い思索の冒険。山本史郎(東京大学名誉教授)翻訳研究40年の集大成。

  • 関ヶ原大乱、本当の勝者

    関ヶ原大乱、本当の勝者   日本史史料研究会 白峰 旬

    910円(本体価格)/1001円(税込価格)

    家康の「小山評定」、小早川秀秋への「問鉄砲」、三成と吉継の友情物語はすべて作り話!? 一次史料を駆使し、従来の“関ヶ原”史観を根底から覆す衝撃の書! 東西両軍の主要武将を網羅した初の列伝。 「関ヶ原」には、よく知られたエピソードが多い。 だが、それらを一次史料で丹念に検証していくと、歴史的事実とは言えないことがあると、次々とわかってきた。 どこまでが「事実」で、どこまでが「フィクション」か? ・豊臣七将による三成襲撃事件も一次史料にはなし。 ・「小山評定」における福島正則の大演説は作り話。 ・石田三成と大谷吉継の“涙あふれる友情物語”は根拠がない。 ・“お飾り”の西軍総大将ではなかった毛利輝元の野心家ぶり。 ・小早川秀秋への“問鉄砲”は完全なるフィクション。 ・前田利長は戦後に大老の地位を失った隠れた“敗者”。 ・9月15日以降も上杉vs.伊達&最上の“東北の関ヶ原”が続いていた。 【本書で扱う武将たち】 徳川家康 上杉景勝 伊達政宗 最上義光 毛利輝元 石田三成 宇喜多秀家 大谷吉継 前田利長 長宗我部盛親 鍋島直茂 黒田長政 小早川秀秋 福島正則

  • 「郵便局」が破綻する

    「郵便局」が破綻する   荻原 博子

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    新型コロナ経済危機で「郵便局」が潰れる。ゆうちょ銀行の株安は兆単位の巨額減損を生み、復興財源や株式市場を吹っ飛ばしかねない。「かんぽ」に続き「ゆうちょ」でも投資信託など不正販売が問題化。両事業で郵便を支えるビジネスモデル破綻と結末を徹底取材。

  • テクノロジーの未来が腹落ちする25のヒント

    テクノロジーの未来が腹落ちする25のヒント   朝日新聞「シンギュラリティーにっぽん」取材班

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    AI(人工知能)が人間の脳を凌駕した社会、「シンギュラリティー」の時代が遠からず到来する? 医療、お金、教育、政治、治安から結婚まで、さまざまな分野で進むテクノロジー革命。その最前線を朝日新聞経済部記者たちが内外に取材し、いまとこれからの10年の日本と世界を予測する。人類の近未来はユートピアかディストピアか。 「シンギュラリティー」を描いたユヴァル・ノア・ハラル氏への朝日新聞のインタビューを完全収録した。

  • SDGs投資

    SDGs投資   渋澤 健

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    SDGs(持続可能な開発目標)の達成期限まで10年。「誰一人取り残さない」世界目標のために個人ができる投資を、渋沢栄一『論語と算盤』をヒントにわかりやすくご紹介します。投資とは、英語で「インベスト」。すなわち未来の可能性を、「ベスト」に「イン」すること。そのためにお金を循環させるのが、投資の本質です。SDGs投資ならば、舞台は世界。投資の基本のキからSDGs関連の最新動向まで、すべてがわかる一冊です。

  • 負けてたまるか! 日本人

    負けてたまるか! 日本人   丹羽 宇一郎 保阪 正康

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    「これでは企業も国家も滅びる!」 新型ウイルスの災厄に翻弄される世界情勢の中、日本と日本人の生き方もまた、混迷と不安の度を深めている。 こんな時こそ、揺るぎない「確かな指針」が必要だ。 ビジネス・外交・読書を通じて知見を磨いたた丹羽宇一郎。 半世紀に及ぶ近現代史研究で「歴史の教訓」を追う保阪正康。 ともに軍靴の響きが高まる昭和14(1939)年生まれ。 「ワンチーム・ニッポン」は危うい! 「空気の支配」が全ての元凶だ! 権力者は6年で腐る! 危機の中、初顔合わせの両者が、「熱論」を繰り広げる。 いかなる事態でも動じず、かつ、変化を恐れずに――。 冷静な知性を歴史に探る。 〈目次〉 はじめに 社会不安の時代から、次代への「申し送り」 保阪正康 序章  1945年の記憶から始めよう 第1章 なぜ歴史を伝えなければならないのか 第2章 戦争を直視する 第3章 日本社会の「空気」と「リーダー」のありかた 第4章 「批判」する勇気ーーアメリカ、天皇、朝鮮半島 第5章 日本と中国の関係を考える 第6章 2020年からの日本と日本人 第7章 読書のすすめ 終章  未来と過去からの問いかけ おわりに 小さな蟻は何を見ているのか 丹羽宇一郎

  • 人類対新型ウイルス

    人類対新型ウイルス   トム・クイン 塚崎 朝子 山田 美明 荒川 邦子

    850円(本体価格)/935円(税込価格)

    新型コロナウイルスによるパンデミックは一体どうなるのか。治療薬、ワクチン開発の見通しは?集団抗体は?人類は有史以来、未知のウイルスとの戦いを繰り返してきた。1世紀前のスペイン風邪では世界中で5000万人以上の死者を出したとも。英国人ジャーナリスト・社会史家の著者は近代以降のウイルスとの攻防をつぶさに検証し、今日のパンデミックを予想していた。本書は「予言の書」として再刊が待たれていた。人類は、このパンデミックにどう勝つのかを示す。さらに日本語版補遺として、医療ジャーナリスト、塚﨑朝子氏が新型コロナウイルスの正体、治療薬アビガン、ワクチンの可能性などの最新情報を寄稿している。 目次より 序 伝染病の始まり/第1章 ウイルスとは何か/第2章 迷信の時代―古代~17世紀/第3章 理性の時代ー18世紀/第4章 狭まりゆく世界―19世紀/第5章 世界最悪のパンデミック―1018年「スペイン風邪」/第6章 嵐の後/第7章 変異する敵―1957年「アジア風邪」と1968年「香港風邪」/第8章 種の壁を越えるウイルス―鳥インフルエンザ/第9章 治療法を求めて/補章 新型コロナに立ち向かう 塚﨑朝子

  • 老活の愉しみ

    老活の愉しみ   帚木 蓬生

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    ◯世は終活ブームながら、老活こそ生命線。 60歳で白血病を経験した73歳の現役医師によるだれ一人置き去りにしない「食事」「習慣」「考え方」。 高齢者のおちいりがちな病気不安症、睡眠行動の点検、本当に正しい脳の鍛え方、筋肉や歯、脳の活動のための食……。 むずかしいことは何もない。 さあ、今の今からはじめよう。 ◯これらすべては、後期高齢者になりかけている私自身が現在実行している工夫であり、これからもこうしていきたいという、人生の方針でもあるのです。(「はじめに」より)   ◯〈目次〉から(一部) はじめに――老活とは 第一章 超高齢社会と医療費 救急車の出動件数、刑務所の高齢化/健康寿命を延ばす 第二章 精神的不調は身を忙しくして治す 失うものが増える高齢者/病気不安症、Aさんの症例/高齢者のうつ病、C子さんの症例/隣合わせの身体症状症/精神的不調に通用する森田療法/症状を人に言わない、見せない、悟られない/私はどのように病と向き合ったか 第三章 筋肉こそが日本を救う 高齢者とロコモは密接なつながり/ロコトレの方法/骨格筋が高齢者を救う/体重には健康度が反映される 第四章 この世で大切なのは歯 口腔機能が衰えると、老化はすすむ/高齢者の歯周病と虫歯の特徴/誤嚥性肺炎をふせぐ口腔ケア/国民病ともいえる歯周病/「あいうべ体操」と「パタカラ体操」 第五章 眠るために生きている人になるな   高齢者の浅い眠りは正常/睡眠行動の点検/高齢者に必要な睡眠時間/睡眠時間帯を一定にする/寝る前のパソコン、スマホは避ける/「睡眠負債」が生み出す病気/睡眠を妨げる、むずむず脚症候群 第六章 脳は鍛えないと退化する 本当に正しい脳の鍛え方/脳の鍛錬には方法がある/脳年齢と暦年齢の差を広げる/脳の若さと人とのつながり/脳の栄養素、ビタミンB群 第七章 食がすべての土台 世界で注目の地中海料理/野菜と果物、魚介類、オリーブ、にんにく、ワイン/地中海料理の追跡調査報告/野菜とおかず、御飯――食べる順序/健康のための薬品に代わる食品 第八章 酒は百薬の長にあらず クリニックでチェックする飲酒歴/四つの重大な精神的作用/アルコール問題、うつ病、自殺/アルコール弊害の確かな知識 第九章 タバコは命取り 日本のタバコ消費量は世界のトップ5/タバコは死因に寄与する世界第一位/加熱式タバコと電気タバコ/タバコの害を受ける口腔 第十章 笑いが人を若くする ノーマン・カズンズ『笑いと治癒力』/「笑い」と医師によるデータ/高齢者と子供たちの笑い声が絶えない/世界でも笑いとともに老活 第十一章 痛いのは痛い、痒みは掻くな 痛みだけが記憶される/片頭痛、薬物乱用頭痛/膝の痛み、変形性膝関節症/足裏の痛み、足底筋膜炎/外須美夫『痛みの声を聴け』/高齢者の皮膚/皮膚掻痒症の治療法 第十二章 ヘルス・リテラシー 健康の正しい知識と応用力/靴は健康の必需品/耳鳴は高齢者の宿命/加齢とともにめまいは増える/ドライマウス(口腔乾燥症)/脱水症に弱い子供と高齢者/窒息と誤嚥/多様な症状の亜鉛欠乏症/高齢者は、帰還した宇宙飛行士なみ/痛風の予防法/高齢者の国民病、高血圧/帯状疱疹はあなどれない/肝炎と肝癌/大腸癌は加齢とともに増える/膵炎と膵臓癌をもたらすアルコール 第十三章 入浴とふさわしい住まいの工夫 一日二回の極楽浄土のための注意/家対策にも「老活」/たとえばわが家の場合 第十四章 人とのつながりは命綱 先進国で日本は人とのつながりが希薄/何が健康寿命を延ばすのか/友人との旅行を愉しむ/ペットによって人とのつながりが増える/ペット・セラピー犬「心くん」の役割 第十五章 認知症になっても生きつくそう 認知症と健康寿命/認知予備脳、脳の体力はいかに延ばす/リスクファクターを減らす/認知症行方不明数、孤独死/運転免許証 おわりに――人生百歳時代に向けて

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)