検索結果

該当数は 726 件、全 73 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • 職場の紛争学

    職場の紛争学   各務 晶久

    790円(本体価格)/853円(税込価格)

    高齢者にパート、正規、非正規など、職場の雇用形態が複雑化する日本の企業。価値観の違う人たちが入り乱れる職場で起きがちな対立・紛争(コンフリクト)の解決法を、実際に起きた事例をもとに、すご腕人事コンサルタントがズバリ指南する。

  • 50歳からのむなしさの心理学

    50歳からのむなしさの心理学   榎本 博明

    790円(本体価格)/853円(税込価格)

    気力体力が低下する50代。人生の行く末を思うとき、不安に駆られて落ち込みそうになる──。そんな中高年でも活力を取り戻す方法がある。ヒントは「生きる意味」。その具体策を心理学者が紹介する。スッキリ癒やされる「読むクスリ」。

  • 老いの練習帳

    老いの練習帳   外山 滋比古

    790円(本体価格)/853円(税込価格)

    老いるにもコツあり。 平常心を失うことなく先をゆっくり急ぐ、 中庸の心持ちがいい。 人生100年時代がやってきた。 されど、悩むな、焦るな、欲かくな――。 95歳の著者が自らに課してきた、日々のルールがここに甦る。 人との距離感から清談の方法、生きがいについてまで、 変わりゆく世を淡々かつ快活に生きるための47の智恵。 「日常の繰り返しこそ貴重なレッスン」 知の巨人がおしえてくれる、とっておきの思考法。 【目次より】 I 荷物を持たずに歩く 話し方について ふるまいについて 心のもちようについて 心理について 休息について 入眠について 散歩について 病気について 師について 意識について 両手について 手紙について 距離感について 幻想について II 気分が変わるのを味わう 贈り物の昨今 接触の昨今 顔の昨今 反動の昨今 信頼の昨今 常識の昨今 朝食の昨今 好物の昨今 話題の昨今 幅の昨今 美味の昨今 III 話題は遠い人を選ぶ 頭数のヒント 清談のヒント 料理のヒント 常用のヒント 世話のヒント 継続のヒント 応対のヒント あつらえのヒント 身嗜みのヒント 趣向のヒント 私物のヒント 手習いのヒント IV 雑念を愛する 定年考 小骨考 写真考 対人考 親切考 会食考 歩道考 活力考 風情考 独歩考

  • ルポ 教育困難校

    ルポ 教育困難校   朝比奈 なを

    790円(本体価格)/853円(税込価格)

     序列の下位に位置づけられる高校では、学力・貧困・家庭問題などの様々な原因により、教育活動が困難になっている。しかし、これらの学校に通う高校生に対しては、侮蔑したり面白がられたりすることはあっても、関心を持たれることはほとんどなかった。  本書は、教師でもある著者自身の体験をまじえて、「教育困難校」の実態をリアルに描く。一方、現場が抱える問題を浮き彫りにしつつ、卒業生や教員、改革に努力している高校管理職、PTA関係者他のインタビューも取り入れ、重層性を持つ「教育困難校」の問題を多角的・多面的に考察する。

  • ルポ「断絶」の日韓

    ルポ「断絶」の日韓   牧野 愛博

    850円(本体価格)/918円(税込価格)

    なぜ、日韓関係はここまで絶望的にこじれるのか? 今こそ、韓国の「ハラのうち」を知る必要がある──朝日新聞前ソウル支局長が「戦後最悪」の日韓関係の背景、韓国の「論理と本音」を明らかにし、誰も言っていない解決のヒントを提示。

  • バカになれ

    バカになれ   齋藤 孝

    750円(本体価格)/810円(税込価格)

    50歳を過ぎたら「無我夢中の時間」を1分でも多く持つことだ。それが後半生を支える本物の「教養」になる。東西の古典から漱石の「自己本位」、たけしの狂気、イチローのルーティンまで、じつは「バカ」だった偉人の言葉や生き方を渉猟。人生に勢いを取り戻すヒント。

  • 報道事変

    報道事変   南 彰

    790円(本体価格)/853円(税込価格)

    「はい、次の質問」。露骨な圧力、質問妨害、時間削減──閣僚はじめ政治家の会見で何が起こっているのか。政治部記者として歴代官房長官を500回以上取材した著者が、「もう自由に質問できない」この国の今に警鐘を鳴らす。

  • 山藤章二の四行大学

    山藤章二の四行大学   山藤 章二

    790円(本体価格)/853円(税込価格)

    自問自答 こそ老後の楽しみである──たった4行で道理がわかり、4行で合点がいき、4行で愉快になる。現代の戯絵師が人間と社会を「めくり絵」のようにわずか4行の文章で縦から横から読み解いていく。人生の残り時間を面白がる「哲学」のテキスト、ここに誕生!

  • 昭和史の急所

    昭和史の急所   保阪 正康

    810円(本体価格)/875円(税込価格)

    平成は終われど「昭和」は終わらず。私たちにとっての歴史の学びは、常に「あの戦争」が原点であり座標軸となる──著者の膨大な著作から次世代を照らす灯となる言葉、歴史証人の貴重な肉声を一冊に。東條英機、吉田茂、田中角栄らの真実に迫る保阪史観の集大成。

  • やってはいけない不動産投資

    やってはいけない不動産投資   藤田 知也

    750円(本体価格)/810円(税込価格)

    誰がどれだけワルなのか? 腐りきった不動産業界のタブーに斬り込む! ***** 「老後の不安」と「投資に興味」があるなら、 次に狙われるのはアナタの番かもしれない――。 生保の営業マンさえダマされる勧誘テクニック、 水も出ない“新築”を買わせてバックレる、 会社員に20億円借りさせた脱法的スキーム、 やったモン勝ちの不正業者は高卒でも年収3000万円、 エリートをハメて田舎のボロ物件で4000万円荒稼ぎ、 営業スマイルという仮面で隠した「本性」を暴く! 【目次より】 第1章 「長期保証」で油断させる あっさりやぶられる契約書 業者のえじきになるタイプ 割に合わない投資コスト 精巧に偽造された病院のハンコ カモは目先の収支しか見ない etc. 第2章 「今がチャンス」と錯覚させる 投資ブームでアパート乱立 「黒田バズーカ」でブームを後押し 新築マンションは過去最高値に 賃料相場はほぼ横ばい 不利な投資タイミング etc. 第3章 「リスク」から目をそらす ワンルーム1戸でボーナス100万円 「フルローン」と「オーバーローン」の違い 医科大の卒業名簿で営業電話 ピンハネしやすい三為契約とは ボロ物件も奪い合いの「スルガ・バブル」 etc. 第4章 「不正」には気づかせない 「エビデンスをつくる」 手口はグーグルと銀行員に教わった 1口座10万円で偽造を「発注」 ニセモノの「銀行HP」 ユルそうな地銀・信金をパトロール etc. 第5章 「高利回り」と見せかける 「カーテン行きます」 「断れない客」を狙う 東証1部TATERUの手口 表面利回りには意味がない レバレッジは危ない etc. 第6章 「ウソ」は堂々とつく 消費者金融の借金をなくすマジック 節税したつもりが実は大損 ひとごとではないレオパレス問題 会社員が20億円借りた「1法人1物件スキーム」 不正業者“野放し”の国交省と東京都 etc. 第7章 それでもまだ投資したい人のために ブームのあとにチャンスはやってくる 投資はタイミングが一番 荒波に向かってこぎ出す覚悟はあるのか 誰も経験したことのない超高齢化社会 業者の手口に学ぶ「不動産投資4カ条」 etc. <不動産業界“ウラ”用語索引付き>

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)