検索結果

該当数は 17 件、全 2 ページです。

前へ 1   2   次へ
  • ふんどしニッポン

    ふんどしニッポン   井上 章一

    890円(本体価格)/979円(税込価格)

    男の急所を包む大事な布の話──明治になって服装は西欧化したのにズボンの中は古きニッポンのまま。西洋文明を大和心で咀嚼する和魂洋才は見えないところで深みを増し三島由紀夫に至った。『パンツが見える。』に続き、近代男子下着を多くの図版で明るみに出し、論考する。

  • 京都まみれ

    京都まみれ   井上 章一

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    京都と東京はどちらが格上か。首都東京の圧勝だろうと著者は本書を書きだした。ところが……各地に残る不可解な地名から「とらや」の羊羹まで、数々の物的証拠が千年の古都のあなどりがたさを告げる。ほこらしげな京都人たちに、もう一太刀、あびせておかねば。

  • 京都ぎらい 官能篇

    京都ぎらい 官能篇   井上 章一

    780円(本体価格)/858円(税込価格)

    あの古都は、まだとんでもない知られざる歴史を秘めている。京都が千年「みやこ」であり続けた秘密は「京おんな」。その惑わす力で権力者をからめとってきた朝廷。人生をくるわせるほどの女性を生む魔性の舞台装置としての京都。日本史の見方が一変する一冊!

  • 美人論

    美人論   井上 章一

    740円(本体価格)/814円(税込価格)

    江戸時代、女は容姿ではなく、心のきれいなことが重要だとされ、明治以降には美人であることは悪いことだと言われ、戦後は美人であることは肯定され、それと並行して、美人の意味は広がり、昨今ではCMで「すべての女性は美しい」と喧伝されている。この美人・不美人をめぐるレトリック。面食い男を愚かとさげすむ正義の正体とは何なのか? 「美人」の取り扱いが変わってきた時代背景を、膨大な資料を読み解き徹底調査した問題作!

  • 阪神タイガースの正体

    阪神タイガースの正体   井上 章一

    760円(本体価格)/836円(税込価格)

    「スーパー・ヒーロー巨人の助演者」として全国的に道化的な存在となった阪神と、メディアが育てた阪神ファン。『京都ぎらい』の著者にして熱狂的阪神ファンの著者が、阪神と阪神ファンの正体を歴史的につきとめる、画期的阪神論!

  • 関西人の正体

    関西人の正体   井上 章一

    640円(本体価格)/704円(税込価格)

    かつての都、日本文化の中枢であった大阪・京都は、没落しきっている。しかし、没落の先進地帯である関西には、現在の日本全土の低迷期に役立つ知恵がたくさんある。ベストセラー『京都ぎらい』の著者による、知的興奮に満ちた関西論。

  • 京都ぎらい

    京都ぎらい   井上 章一

    760円(本体価格)/836円(税込価格)

    あこがれを集める歴史の都・京都! そんな古都を「きらい」と明言するのは、京都育ちで、ずっと京都に住んでいる著者だ。千年積もった洛中人の毒や、坊さんと舞子さんとのコラボレーションなど、「こんなん書いてええのんか?」という衝撃の新京都論。

  • 増補新版 霊柩車の誕生

    増補新版 霊柩車の誕生   井上 章一

    720円(本体価格)/792円(税込価格)

     あの独特なデザインの「宮型霊柩車」がどのような経緯で誕生し、全国に広まったのか。明治から現代までの葬送の変遷を解明した唯一の書。文庫化にあたり、急速に宮型霊柩車が路上から姿を消し、洋型霊柩車が主流となった背景にも迫る。

  • 勝手に関西世界遺産

    勝手に関西世界遺産   桂 小米朝 旭堂 南海 島崎 今日子 宮田 珠己 井上 章一 石毛 直道 木下 直之

    1500円(本体価格)/1650円(税込価格)

    京都、奈良、そして熊野。関西は世界遺産の宝庫。しかし、関西の「お宝」はそれだけではない。「くいだおれ人形」「たこ焼」「ボケとツッコミ」……。ユネスコ本家からは登録されそうにない、関西という風土の日常から生まれた、ご近所の愛すべきお宝の数々を、人気の学者、落語家、作家らが独自の視点から熱~く推薦する。名所旧跡に飽きたら、この一冊を持ってディープな関西をめぐる旅へ出かけよう。

  • ぼくたち、Hを勉強しています

    ぼくたち、Hを勉強しています   鹿島 茂 井上 章一

    460円(本体価格)/506円(税込価格)

    おかしくも真面目な性についての対談集。鹿島茂×井上章一の碩学二人が、気鋭の政治学者・原武史を交え、上質な「性談」に挑む。モテる男はどこが違うのか。モテようと努力することでどんな変化を遂げるのか。一方、モテることを断念した男たちはどんな逆襲に出るのか。パンツにラブホテル、男色趣味から痴漢の話まで、性をフィルターに蘊蓄を傾けつつ、文化、政治、歴史を語り合い、日本の性文化の未来を展望する。

前へ 1   2   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)