検索結果

該当数は 12 件、全 2 ページです。

前へ 1   2   次へ
  • コロナと生きる

    コロナと生きる   内田 樹 岩田 健太郎

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    リスクを受け入れ、他人とずれながら持久走。それが、コロナの時代。 新型コロナウイルスのパンデミックが無効化させた、ゼロサム競争、同調圧力、新自由主義。 経済格差や分断が急速に広がるなかで、感染対策と経済活動に引き裂かれる社会。 これまでの日常が非日常となった今、明日に向けての指針とは? コロナ禍における心身自由な生き方について、5月、6月、7月と変わりゆく状況下で語り合ったすべてがここに! 〈科学的な態度、科学的な専門性だけが、感染症学的な新型コロナウイルス感染症を最適化させる可能性を秘めているのです〉――岩田健太郎「はじめに」より 〈ここで論じられた2020年のコロナウイルスについての一連の出来事は少し時間が経ってしまったら「昔の話」として忘れられてしまうと思います。でも、「科学的な態度」がどういうものかを知るための資料としては時間が経ってもその価値を減じることはないと思います〉――内田樹「おわりに」より

  • 常識的で何か問題でも?

    常識的で何か問題でも?   内田 樹

    890円(本体価格)/979円(税込価格)

    先の見えない時代をどう生き抜くか? 判断力、教育、政治、グローバル資本主義など「人間の生き方」をめぐりウチダ節が炸裂! キケロ、トクヴィル、カミュ、カントら古典的至言も随所にちりばめる。「AERA」連載を新書で一気読み!

  • もの言えぬ時代

    もの言えぬ時代   内田 樹 加藤 陽子 高村 薫 半藤 一利 三浦 瑠麗

    760円(本体価格)/836円(税込価格)

    いま「この国のかたち」が大きく変わろうとしている。共謀罪によって「監視社会」「密告社会」は本当に到来するのか? 「右傾化」を押しとどめることはできるのか? 朝日新聞大型連載『問う「共謀罪」』から一流論客たちの提言を、再取材のうえ収録!

  • 直感はわりと正しい

    直感はわりと正しい   内田 樹

    700円(本体価格)/770円(税込価格)

    どうしたらいいか分からない! この人は信用できるのか?そんな困ったときには思い切って自分の直感を信じてみよう。社会の価値観がブレるとき、案外頼りになるのは、生物学的にプリミティブな感覚だったりする。パッと見て確信することや、一瞬のひらめきが、あなたの進む道を教えてくる。適切なときに、適切な場所で、適切なふるまいをする。そんな「武士の心得」は今を生きる「大市民」の私たちにも当てはまることが伝わる名コラム集。AERA連載でおなじみ、とにかく濃く熱い「ウチダ式」発想法の原点!

  • 街場の五輪論

    街場の五輪論   内田 樹 小田嶋 隆 平川 克美

    600円(本体価格)/660円(税込価格)

    東京五輪招致成功から3年。アベノミクスが失敗と言われるなか、成長戦略としての五輪開催は破綻している。新競技場建設、膨れ上がる費用など問題山積のまま。開催万歳の同調圧力に屈しない痛快座談会に、最新語り下ろし鼎談を加えての文庫化。

  • ぼくらの身体修行論

    ぼくらの身体修行論   内田 樹 平尾 剛

    600円(本体価格)/660円(税込価格)

    思想家にして武道家のウチダ先生と、元神戸製鋼ラグビー部選手・元日本代表の平尾剛氏が身体論をめぐって意気投合。スポーツ嫌いの子どもが増える理由や筋トレの有効性、勝敗や数値では測れないカラダの魅力と潜在力について語り尽くす。読みごたえ十分の文庫版オリジナル特別対談「進化する身体論」も収録!

  • 内田樹の大市民講座

    内田樹の大市民講座   内田 樹

    1300円(本体価格)/1430円(税込価格)

    大市民とは、日々忙しくとも子孫の世代までを視野に今なすべきことを考える人。ウチダ先生による、そんな大市民のための時評的エッセイが満を持して登場。生き方・仕事、メディア、国際関係、教育、政治・経済など6カテゴリーには役立つ処世術も満載。「AERA」人気連載コラム6年半分がついに一冊に。あとがきには、最も影響を受けた“批評家”大瀧詠一氏へのオマージュも。

  • 街場の五輪論

    街場の五輪論   内田 樹 小田嶋 隆 平川 克美

    1200円(本体価格)/1320円(税込価格)

    東京五輪開催によって日本社会のシステムの劣化と崩壊は加速する。「汚染水は完全にコントロールされている」「福島から250キロ離れた東京は安全」世界に向けて発信された、この国の欺瞞と思考停止。拝金主義と反デモクラシーの果ての6年後に向けた憂鬱な、あまりに憂鬱な未来図を語りつくす。ネットを中心に渦巻く「開催を喜ばない奴は非国民」の同調圧力に屈しない「炭鉱のカナリア」の役目を引き受ける、覚悟の鼎談。

  • 大津波と原発

    大津波と原発   中沢 新一 平川 克美 内田 樹

    740円(本体価格)/814円(税込価格)

     3.11から約3週間後、文明史的観点から震災と原発事故を論じた鼎談を緊急出版。原発専門家はリスクの全貌を知っていたのか。そもそも原発とは「一神教的」文化の産物ではないのか。原発推進に一役買った「エコ」ブームの破綻と、それに代わる知の枠組み、政治的ムーブメントとは? 刺激的な対話が、復旧ではない真の復興への道筋を示す。Ustreamでも配信された「ラジオデイズ」番組の書籍化。

  • 合気道とラグビーを貫くもの

    合気道とラグビーを貫くもの   平尾 剛 内田 樹

    720円(本体価格)/792円(税込価格)

    合気道の達人・内田樹とラグビー元日本代表・平尾剛が、いままでになかった視点から「身体論」を語り尽くす。どうしてイチローはいとも簡単に背面チャッチができるのか。英国でなぜラグビーが紳士教育として重要視されたのか。いかにして300人のスパルタ軍が100万のペルシャの軍隊を破ったのか。まったく違うスポーツ経験を持つふたりが、四方八方に話題を飛ばしながら、「身体コミュニケーションの重要さ」で意気投合していく。

前へ 1   2   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)