検索結果

該当数は 3 件、全 1 ページです。

前へ 1   次へ
  • 月夜の森の梟

    月夜の森の梟   小池 真理子

    1200円(本体価格)/1320円(税込価格)

    「年をとったおまえを見たかった。見られないとわかると残念だな」(「哀しみがたまる場所」) 作家夫婦は病と死に向きあい、どのように過ごしたのか。残された著者は過去の記憶の不意うちに苦しみ、その後を生き抜く。心の底から生きることを励ます喪失エッセイの傑作、52編。 ◯本文より あと何日生きられるんだろう、と夫がふいに沈黙を破って言った。/「……もう手だてがなくなっちゃったな」/私は黙っていた。黙ったまま、目をふせて、湯気のたつカップラーメンをすすり続けた。/この人はもうじき死ぬんだ、もう助からないんだ、と思うと、気が狂いそうだった。(「あの日のカップラーメン」) * 余命を意識し始めた夫は、毎日、惜しむように外の風景を眺め、愛でていた。野鳥の鳴き声に耳をすませ、庭に咲く季節の山野草をスマートフォンのカメラで撮影し続けた。/彼は言った。こういうものとの別れが、一番つらい、と。(「バーチャルな死、現実の死」) *  たかがパンツのゴム一本、どうしてすぐにつけ替えてやれなかったのだろう、と思う。どれほど煩わしくても、どんな忙しい時でも、三十分もあればできたはずだった。/家族や伴侶を失った世界中の誰もが、様々な小さなことで、例外なく悔やんでいる。同様に私も悔やむ。(「悔やむ」) * 昨年の年明け、衰弱が始まった夫を前にした主治医から「残念ですが」と言われた。「桜の花の咲くころまで、でしょう」と。/以来、私は桜の花が嫌いになった。見るのが怖かった。(「桜の咲くころまで」) 元気だったころ、派手な喧嘩を繰り返した。別れよう、と本気で口にしたことは数知れない。でも別れなかった。たぶん、互いに別れられなかったのだ。/夫婦愛、相性の善し悪し、といったこととは無関係である。私たちは互いが互いの「かたわれ」だった。(「かたわれ」) ●近年、稀にみる圧倒的共感を得た朝日新聞連載の書籍化

  • 恋する男たち

    恋する男たち   篠田 節子 小池 真理子 松尾 由美 森 まゆみ 湯本 香樹実 唯川 恵

    1700円(本体価格)/1870円(税込価格)

    水曜ごとに謎の相手と密会を重ねる夫、援交女子高生の携帯にコールを続けるリストラ中年、30年も昔の恋に再び溺れる男……直木賞作家から新進気鋭の新人まで、さまざまなタイプの女性作家が競作した、悩める男たちの恋模様6編。

  • 少女物語

    少女物語   小池 真理子 高樹 のぶ子 北村 薫

    1400円(本体価格)/1540円(税込価格)

    芥川賞受賞者らベテラン・気鋭の作家11人による珠玉のアンソロジー。家族、友情、恋などをめぐる現代の少女像が巧みに描き出される。筆者はほかに、唐十郎、稲葉真弓、阿久悠、新井満、堀田あけみ、高橋克彦、氷室冴子、小林信彦。

前へ 1   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)