検索結果

該当数は 4 件、全 1 ページです。

前へ 1   次へ
  • 化物蠟燭

    化物蠟燭   木内 昇

    720円(本体価格)/792円(税込価格)

    当代一の影絵師・富右治に大店から持ち込まれた奇妙な依頼とは(「化物 燭」)。越してきた夫婦をめぐって、長屋連中はみな怖気を震うがその正体は?(「隣の小平次」)。名手が江戸の市井を舞台に描く、切なく儚い七つの大江戸奇譚集。

  • わかれ

    わかれ   細谷 正充 朝井 まかて 折口 真喜子 木内 昇 北原 亞以子 西條 奈加 志川 節子

    720円(本体価格)/792円(税込価格)

    武士の身分を捨て、吉野桜を造った植木職人の悲話「染井の桜」、咎人に仕立てられた十市と年寄り猫・赤爺の友情「十市と赤」、花火の破片で失明し、婚約者に離縁された簪職人おりきの矜持「闇に咲く」など、傑作短編小説6編を収録。

  • 化物蠟燭

    化物蠟燭   木内 昇

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    「見えてない奴の方が幸せなのさ。見える者からすれば滑稽でも哀れでもね」・・・・・・隣に越して来た若夫婦の男は、既に死んだはずではなかったのか? 揺らいだり、ふっと消えたり、恐ろしいのは人の心か、人でないものか。江戸の市井を舞台に描く、切なくはかない七つの奇譚集。

  • ある男

    ある男   木内 昇

    820円(本体価格)/902円(税込価格)

    「地方は、中央に隷属しているわけじゃあないのだぜ」。南部尾去沢銅山を食い物にする井上馨に直談判を企てる金工の男、岩倉具視暗殺事件の処理に暗躍した肥前出身の警察官、会津の民のために奔走した元京都見廻り組の男、国会開設を檄文で訴える岡山の隠れた俊才……。薩摩・長州が牛耳る明治中央政府のひずみに対して、地方から声を上げた名もなき数々の男たちの生き様を描く、渾身の時代短編集。

前へ 1   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)