検索結果

該当数は 1 件、全 1 ページです。

前へ 1   次へ
  • データサイエンスが解く邪馬台国

    データサイエンスが解く邪馬台国   安本 美典

    850円(本体価格)/935円(税込価格)

    古代史最大のナゾである邪馬台国所在地はデータサイエンスの手法を使えば、北部九州で決着する。畿内ではありえない、その理由を古代鏡や鉄の矢じりなどの発掘地の統計学的分析を駆使しながら、誰にも分かりやすく解説。その所在地は北部九州のズバリここだと示す。 さらに、三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)が魏の皇帝から卑弥呼が賜った鏡とする説を理論立てて否定し、なぜ今もって定説のように語られているかを解説する。 第1章 データサイエンスとの出合い 探求60年の旅 1私の研究歴  2「邪馬台国問題」は、なぜ解けないか  第2章 邪馬台国論争をデータサイエンスで解く そんなに難しい問題なのか 1確率を計算する方法 2法則を発見するという方法 3「三角縁神獣鏡」問題 補 章 「年号鏡」と「仏像鏡」の問題 素朴な判断が正しいとは限らない

前へ 1   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)