検索結果

該当数は 4 件、全 1 ページです。

前へ 1   次へ
  • さかさま人生を生ききる

    さかさま人生を生ききる   土屋 昭之

    700円(本体価格)/770円(税込価格)

    死に向かって生きるのではなく、死からいまを見つめて生きる。この「さかさま人生」が穏やかで満ち足りた日々をもたらす。死から逃れようとせずに生ききる、きわめてやすらか(極楽)に、きよらかな心(浄土)で生きること。「人の身に生まれれたことを当たり前にせず、よくぞいま、生を受けている」というブッダ・釈尊の教えをやさしく解説。「ひとはみな金色(こんじき)にかがやく」という智慧の眼を持つとき、人の心が見え知れる。生き方を見直す一助となる一冊。

  • そうか!「人づきあい」で悩むことないんだ

    そうか!「人づきあい」で悩むことないんだ   土屋 昭之

    800円(本体価格)/880円(税込価格)

    いじめや虐待、暴力、引きこもり……学校、社会だけでなく親子や夫婦間など、どこでも生まれる“人間関係”の悩み。コミュニケーション不足からの孤立や孤独から解放されるには、自らの心を極(きわめて)楽(やすらか)にすればよい。“あたりまえ”の感覚を捨てて“よくぞ友達になってくれた”“よくぞ生まれてくれた”……と“よくぞ”の物差しをそえて考えてみれば、心に幸せが訪れるという著者。仏陀の教えを平易に解説、日々のあれこれをその教えで見直すことで、感謝の気持ちが生まれ穏やかに過ごせるようになる。自らが変わることで、家族の絆、近所づきあいがよみがえるのである。いきいきとした人生になるための万人の指南書。

  • 新装版 少年少女の仏教

    新装版 少年少女の仏教   土屋 昭之

    952円(本体価格)/1047円(税込価格)

    子ども達が引き起こす事件には、妄想から生まれたとしか思えないものも少なくない。現実との関わりから逃げたところで育まれた想像力は、他人の存在を認めた上で自分も存在するという相対的な考え方に欠けてしまったようだ。「他人への思いやりの心」を持った強い人間になることを目指して仏教は、「思い通りにならないことが、ありがたい」――そう言える大人になるための提言をしている。

  • 少年少女の仏教

    少年少女の仏教   土屋 昭之

    600円(本体価格)/660円(税込価格)

    「なぜ、人を殺してはいけないか」という問いへのひとつの答えが、ここには示されている。複雑で本質が見えにくい社会に生きる少年少女たちに、仏教の根底にある人間観から、生きる価値を分かりやすく語る「あなた自身を発見する」本である。

前へ 1   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)