検索結果

該当数は 5 件、全 1 ページです。

前へ 1   次へ
  • Vol.5 力走!58654号機肥薩線「SL人吉」号

    Vol.5 力走!58654号機肥薩線「SL人吉」号   朝日新聞出版

    4200円(本体価格)/4536円(税込価格)

     肥薩線にSLの名機「ハチロク」が戻ってきた!釜の炎、たなびく煙、吐き出される蒸気……球磨川沿いの絶景路線を、力強いドラフト音を響かせて力走する「SL人吉」号の運転台にカメラが同乗。沿線の風景、機関士の動作、力強い動輪の動きがSLの魅力を一層引き立てる。 【アサヒ鉄道DVDコレクション】  

  • Vol.4 500系新幹線「のぞみ・こだま」

    Vol.4 500系新幹線「のぞみ・こだま」   朝日新聞出版

    4200円(本体価格)/4536円(税込価格)

     戦闘機のコックピットを彷彿とさせる先頭車両、ライトグレーにブルーをあしらったスピード感溢れる塗装。当時、世界最高速の時速300キロ営業運転という金字塔を打ち立てた高速車両も世代交代の時期を迎えている。一世を風靡し、今も絶大な人気を誇る500系も「のぞみ」運用から徐々に「こだま」運用へと交代しつつある。博多〜新神戸間で運転台にカメラが同乗、その高速走行シーンは圧巻だ。JR西日本博多総合車両所での検査特撮映像は必見。 【アサヒ鉄道DVDコレクション】  

  • Vol.3 国鉄形エル特急485系「雷鳥」

    Vol.3 国鉄形エル特急485系「雷鳥」   朝日新聞出版

    4200円(本体価格)/4536円(税込価格)

     日本を代表する在来線特急電車485系。その系譜をたどれば、日本初の特急電車として東海道線に華々しく登場した151系「こだま」形に到る。国鉄黄金時代を象徴する車両であり、当時の狭軌世界最高速度を樹立した高性能電車だ。その原型ともなった485系が今も北陸本線で活躍している。その485系「雷鳥13号」にカメラが同乗。国鉄時代の残照を留めながら、北陸路で任務に就く485系「雷鳥」の力走ぶりを堪能する。 【アサヒ鉄道DVDコレクション】  

  • Vol.1 北の大地のブルートレイン 夜行急行はまなす

    Vol.1 北の大地のブルートレイン 夜行急行はまなす   朝日新聞出版

    4200円(本体価格)/4536円(税込価格)

     札幌〜青森間480キロを結ぶ夜行急行列車「はまなす」は、青函連絡船なき後も重要な役割を担って走り続けている。編成は24系B寝台、座席車、カーペットカー、ドリームカーで構成され、どこか懐かしい夜汽車の雰囲気が伝わってくる。青森発の下り「はまなす」にカメラが同乗。噴火湾の漁り火を眺め、朝霧に輝く早朝の湿原を走り抜け、朝日を浴びたブルーの車体は一路北の大都市札幌を目指す。 【アサヒ鉄道DVDコレクション】  

  • Vol.2 懐かしの元国電通勤電車 秩父鉄道1000系

    Vol.2 懐かしの元国電通勤電車 秩父鉄道1000系   朝日新聞出版

    4200円(本体価格)/4536円(税込価格)

     埼玉県羽生〜三峰口を結ぶ秩父鉄道には、かつて国鉄時代に開発された101系が1000系と名を変えて今も走っている。101系の開発で得られた新技術は特急電車こだま型151系、そして新幹線へと受け継がれた鉄道史に名を刻む車両だ。車両基地での交番検査、のどかな沿線風景の中を爽やかに走り抜ける姿など、特撮映像を通してその魅力に迫る。昔懐かしい乗り心地に昭和の香りが伝わってくる。 【アサヒ鉄道DVDコレクション】  

前へ 1   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)