検索結果

該当数は 18973 件、全 1898 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • 安倍晋三と社会主義

    安倍晋三と社会主義   鯨岡 仁

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    異次元の金融緩和、賃上げ要請、コンビニの二四時間営業まで、民間に介入する安倍政権の経済政策は「社会主義」的だ。その経済思想を、満州国の計画経済を主導し、社会主義者と親交があった岸信介からの歴史文脈で読み解き、安倍以後の日本経済の未来を予測する。

  • nanoblock®でつくる日本の世界遺産 35号

    nanoblock®でつくる日本の世界遺産 35号  

    1759円(本体価格)/1935円(税込価格)

    清水寺 柱と紅葉(東側)をつくる(2) 東照宮陽明門 柱と土台をつくる

  • AERA 2020年1月13日号

    AERA 2020年1月13日号  

    364円(本体価格)/400円(税込価格)

  • 週刊朝日 2020年1月17日号

    週刊朝日 2020年1月17日号  

    373円(本体価格)/410円(税込価格)

  • サザエさん 3巻

    サザエさん 3巻   長谷川 町子

    800円(本体価格)/880円(税込価格)

    令和になっても愛されつづける長谷川町子の世界。長年にわたって読者から復刊を望む声が多かった、昭和21(1946)年から刊行されたオリジナル版の『サザエさん』(全68巻)がついに刊行。新たに新聞掲載日と注釈が付き、世代を超えて楽しめます。

  • 実践アンガーマネジメント

    実践アンガーマネジメント   安藤 俊介

    600円(本体価格)/660円(税込価格)

    ささいなことにイライラするのに 肝心な時には上手に怒れない・・・・・・。 怒りに負ける人、必読! 小さなイライラは消し、大きな怒りは原動力に変える。パワハラや危険運転など、理不尽な他人の「怒り」から自分を守り、怒るべき時には正しく怒る。怒りの感情と上手に付き合う心理トレーニング「アンガーマネジメント」が身に付けば、仕事や人間関係が劇的に変わる! 内容紹介 【目次】 第1章 「怒りに負ける人」「怒りを生かす人」の違いとは? ●怒りにふりまわされない人には、ぶれない芯がある ●「失ったものは元に戻らない」という孫子の教えに学ぶ ●「怒らない」ではなく「怒りと適切に付き合う」という姿勢でいる ●ムダに怒ることは、才能をつぶすこと。怒りの奴隷にはならない ●健全で、建設的なエネルギーとして活用している ●「抑える」以上に「上手に出す」という視点に立っている ●イライラを生みやすい「〜すべき」を手放すのがうまい ●腹の立つ相手でも、相手の育った環境や背景を推察できる ●怒りと上手に付き合えば、未来が広がることを知っている 第2章 日々、イライラする、ささいなことにムッとくる場合 ●「とっさに怒る」の悲劇を防ぐためには、6秒待つ ●スマホや文庫本で、怒りの再生産の流れを断つ ●ムダな怒りは、ちょっと複雑な計算や翻訳でそらす ●イラッときたら、の中で実況中継し、「現在」に集中する ●自分のためにも「下への怒り」は強く戒める ●そもそも、イライラが充満する場所には近づかない ●「携帯を一日持たない」で、不便に慣れる練習をしてみる ●体調管理は、怒りの管理でもある。疲れたら意識的に休む ●「食わず嫌い」や思い込みで、怒りの元を増やさない ●無責任な批判は、ポジティブな意見へ変換してしまう 第3章 大きな怒りを感じたり、怒りが積もり積もった場合 ●「なんとなく知っている」と「正確に理解している」の違いをわかる ●動物の観察日記をつけるように自分の怒りを記録する ●怒りの根底にある「わかってほしい」という思いに気づく ●「怒りに対応する」より「不安に対処する」という視点をもつ ●「原因」より「目標」、「過去」より「未来」について怒る ●「上から下」へ怒るときには、「一貫性」をもたせる ●「下から上」へ怒るときには、「落差」を利用する ●心底腹立たしい思いは、細分化してポイントをしぼる ●不満よりも、やってほしいタスクを「見える化」する ●社会問題への怒りは、自分の人生の延長上にあるかどうかも考える 第4章 「怒りたいのに、怒れない」と悩んでいる場合 ●怒っても、なぜか嫌われない人の特徴を考えてみる ●実際に怒ることで、「怒りたければ、怒ってもいい」と気づく ●愚痴は、イヤな出来事を脳内で再現すること。なるべく言わない ●イライラすることで、大変さをアピールするのはやめる ●「怒っても私は許してもらえる」という甘えをもつ ●改善点は、「今度から」という言葉を添えて、具体的に伝える ●短い時間で適切な言葉を選ぶ練習をする ●時間を置かずに、主語を「私は」にして、不満を伝える ●反省するより、自分の選択を正解にする努力をする 第5章 「怒りを生かす人」であるために大切な8つの習慣 ●「一本筋が通っていること」を大切にする ●「怒ったくらいでなくなる人間関係でいいのか?」を問う ●「イヤなものはイヤ」と、子どものように純粋に怒る ●正当な理由がなくても、仲間のために怒れる人でいる ●「ここだけはゆずれない」というラインをもつ ●「本当に欲しいもの」以外の欲望はもたない ●負の感情にとらわれすぎないで、損切りする勇気をもつ ●「怒る」か「怒らない」か、答えを自分の中にもつ 著者略歴 1971年群馬県生まれ。日本アンガーマネジメント協会代表理事。外資系企業、民間シンクタンクなどを経て渡米。怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の理論、技術を習得し、日本に導入した第一人者。ナショナルアンガーマネジメント協会(米国)では最高ランクのトレーニングプロフェッショナルに米国人以外で唯一登録。民間企業をはじめ、各教育機関、医療機関など数多くの研修、セミナーを担当。著書に、『アンガーマネジメント入門』『自治体職員のためのアンガーマネジメント活用法』『マンガでわかる介護職のためのアンガーマネジメント』など多数。著作は中国、タイ、韓国、タイ等で翻訳され累計50万部を超える。

  • サザエさん 1巻

    サザエさん 1巻   長谷川 町子

    800円(本体価格)/880円(税込価格)

    令和になっても愛されつづける長谷川町子の世界。長年にわたって読者から復刊を望む声が多かった、昭和21(1946)年から刊行されたオリジナル版の『サザエさん』(全68巻)がついに刊行。新たに新聞掲載日と注釈が付き、世代を超えて楽しめます。

  • 犬身 下

    犬身 下   松浦 理英子

    720円(本体価格)/792円(税込価格)

  • 風の電話

    風の電話   狗飼 恭子

    620円(本体価格)/682円(税込価格)

    東日本大震災で家族を失ったハルは、心の傷が癒えないまま広島の伯母のもとで暮らしていた。ある日、伯母が倒れたことをきっかけに、ハルは一人、故郷を目指す旅に出る。「どうして自分だけが生きているのか?」──その答えを探しながら。

  • タイガー理髪店心中

    タイガー理髪店心中   小暮 夕紀子

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    老いた妻の発作的な豹変に戸惑う夫の緊張感をユーモアと共に描き、選考委員諸氏に絶賛された第4回林芙美子文学賞受賞の表題作。幼少時に亡くした母親の記憶を繰り返し反芻する老女の感慨を描く「残暑のゆくえ」。独特な土着性で伸びやかな資質を感じさせる大型新人のデビュー作。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)