検索結果

該当数は 19101 件、全 1911 ページです。

前へ 4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   次へ
  • この顔と生きるということ

    この顔と生きるということ   岩井 建樹

    1400円(本体価格)/1512円(税込価格)

    僕の息子は、顔がゆがんで生まれた──。顔の変形やアザ、マヒなど特徴的な外見のため、学校や恋愛、就職で困難に直面した人々を描くルポ。筆者の長男も、顔の筋肉が少なく、笑顔をうまくつくれない。悩める記者が見つめた、当事者の未来。

  • 國華 第1485号 第124編 第12冊

    國華 第1485号 第124編 第12冊  

    5000円(本体価格)/5400円(税込価格)

  • バタフライ

    バタフライ   ユスラ・マルディニ ジョジー・ルブロンド 土屋 京子

    1900円(本体価格)/2052円(税込価格)

    2014年、アラブの春が飛び火し、アサド軍と反体制派の争いが激化していくシリア。水泳選手として日々訓練に励んでいた17歳の少女ユスラの住むダマスカスにも、爆弾が落とされるようになった。日々の生活を脅かされ、将来を望めない生活に、ユスラは姉のサラと出国を決意。シリアからベルリンに着くまで、エーゲ海を渡り、いくつかの国境を越えて命がけの3週間、またリオオリンピック出場を果たすまでの、感動の実話。

  • 日常にひそむ うつくしい数学

    日常にひそむ うつくしい数学   冨島 佑允

    1500円(本体価格)/1620円(税込価格)

    「草や木の形はどうやって決まるの?」「13年・17年ごとにしか出てこないセミは、なぜそんなサイクルで生まれるの?」「同じ両親から生まれたきょうだいなのに、なぜ顔や性格が違うの?」――。自然界から人間が創造したものまで身の回りにある様々な「不思議」「うつくしい」「おもしろい」の謎。本書では、そこに隠された法則を数学を使って解き明かす。小学校卒業レベルで理解できる平易な解説で、数学的感覚も養われる一冊。 <本書の内容> ■Chapter.1 かたち 1−1.ハチの巣は、なぜ六角形なの? 1−2.巻貝のぐるぐるは、どうやってできるの? 1−3.シマウマのしましまは、どうやってできるの? 1−4.雪の結晶は、なぜいろいろなカタチをしているの? 1−5.草や木のカタチに法則はあるの? 1−6.四次元のカタチはどんな感じ? ■Chapter.2 かず 2−1.花びらの枚数には、神秘的な法則が隠されていた? 2−2.「かず」は文明と共に進歩してきた? 2−3.「分数で表せない数」を見つけた人は、海で殺された? 2−4.古代ギリシャ人は日時計とラクダで地球の大きさを測っていた? 2−5.ぴったり13年・17年ごとにしか出てこないセミは、なぜそうするの? 2−6.この世で一番うつくしい数式って? ■Chapter.3 うごき 3−1.どうして飛んでいる鳥は、ぶつからないの? 3−2.生き物の仕組みをまねたゲームがあるって本当? 3−3.交通費の計算は何千年もかかる? 3−4.北半球の台風の渦は本当に左巻きなの? 3−5.ロケットは、なぜ空気がなくても飛べるの? 3−6.自動運転車はなぜうまく走れるの? ■Chapter.4 とてつもなく大きなかず 4−1.単位のいろいろ 4−2.将棋の試合展開は何通りあるの? 4−3.Googleの語源になった巨大数? 4−4.同じ親から生まれたのになぜ顔や性格が違うの? 4−5.「無限」にも大小がある? 4−6.大きな素数が暗号に使われているって、ほんとう? <著者略歴> とみしま・ゆうすけ 素数物理学研究家。1982年福岡県生まれ。2006年京都大学理学部卒業(素粒子物理学専攻)。08年東京大学大学院理学系研究科修士課程卒業(同)。在学中は本郷キャンパスとジュネーブのCERN(欧州原子核研究機構)を行き来し、世界最大の素粒子実験プロジェクトの研究員として活躍。08年4月にみずほ銀行にクオンツ(金融工学を駆使する専門職)として採用され、信用デリバティブや日本国債・日本株の運用に加え、ニューヨークへ赴任しヘッジファンドのマネージャーを経験。16年1月に同行を退社後、ニューヨークのヘッジファンド勤務を経て、16年2月にジブラルタ生命保険入社。金利リスク管理等を担当、現在に至る。欧米文化に親しんだ国際的な金融マンであると同時に、科学や哲学の最先端の動向に精通している。著書に『「大数の法則」がわかれば、世の中のすべてがわかる!』(ウェッジ)、『投資と金融がわかりたい人のためのファイナンス理論入門 プライシング・ポートフォリオ・リスク管理』(CCCメディアハウス)がある。

  • 稼ぐAI

    稼ぐAI   中西 崇文

    1500円(本体価格)/1620円(税込価格)

    人工知能(AI)は万能ではない。AIができるのは、あくまでも「部分的な自動化」。では、どんな自動化だったら、AIは対処できるのか? AIが対処可能な自動化を五つに分類したうえで、事例を交えつつ、小さな会社などでもできるAI活用法を解説。

  • 発明対決15 いざ、最終対決!

    発明対決15 いざ、最終対決!   ゴムドリco. 洪 鐘賢

    1200円(本体価格)/1296円(税込価格)

    サイエンスワールドでミラクルを起こし続けて注目の的になったせり小Bチームは、最終対決を通じて共同で行う発明の本当の意味を悟る。国際発明オリンピック進出は成し遂げられるのか? 金属の炎色反応、てこと滑車、揚力、天気と湿度など、科学理論を楽しく学ぶ。

  • ウラジオストクを旅する43の理由

    ウラジオストクを旅する43の理由   中村 正人

    1600円(本体価格)/1728円(税込価格)

    いま、海外旅行のトレンドを先取りする有力候補はどこか? それは「日本にいちばん近いヨーロッパ」といわれる極東ロシアの港町、ウラジオストクだ。 なぜ、いまウラジオストクが注目されているのか? その答えは本書で触れるが、以下が主な原因である。 ・成田からのフライト時間はわずか2時間半 ・帝政ロシア時代の趣ある町並み ・あちこちにネコがいるヨーロッパの港町 ・カニ食べ放題の町 ・2017年からビザ取得も容易に ・シベリア鉄道の始発駅 ・マトリョーシカなどのロシア雑貨 ・ジョージアワイン ・ロシアバレエ 2時間半で行けることから、韓国・台湾につづく旅行先として注目を集めるウラジオストク。 「日本にいちばん近いヨーロッパ」を旅するさまざまな理由を、写真と文章で紹介する。 ●目次 はじめに―なぜ、いまウラジオストクを旅するべきなのか ウラジオストクへのアクセスと市内中心部 Chapter 1 帝政ロシア時代の建築×風情のある港町 ヨーロッパの町並みを歩く スヴェトランスカヤ通りを歩くと、ヨーロッパの港町の風を感じる 夏はパラソルと水着姿の人たちがいっせいに繰り出す「海辺通り」 シベリア横断鉄道の始発点ウラジオストク駅の歴史を探訪 旧市街の「噴水通り」の周辺は路地裏歩きをじっくり楽しみたい さまざまな民族の売り手が集う通称「キタイスキー市場」 ウラジオストクの絶景スポット 鷲の巣展望台は2回訪ねたい 歴史あるソ連型路面電車とケーブルカーには乗っておきたい 自由気ままにくつろいでいる港町のネコたちに会いに行こう 帝政ロシアの町に点在するソ連時代の名残を探しに行こう イベント盛りだくさんの冬こそこの町ならではの体験を楽しもう マリインスキー・バレエ団のめくるめく華麗な舞いに息をのむ Chapter 2 伝統ロシア料理×日本海のシーフード 未知なるグルメシティーを探索 多民族のレシピと味覚を結集した本場のロシア料理を味わいつくす ロシア風水餃子ペリメニの郷土色豊かでポップな専門店 パシフィック・ロシア・フードは極東ロシア版スローフードである 人気のジョージア料理とワインがウラジオストクで味わえる理由 大衆食堂スタローヴァヤでロシアの庶民の味に親しもう 生まれたての西海岸の香り 手づくりカフェ文化を楽しみたい 港町の個性派バーでワインとオリジナルカクテルを味わおう Chapter 3 手づくり雑貨×海鮮食材・スイーツ ロシアみやげを手に入れる 伝統ものから新感覚派までお気に入りの工芸品を探す 手芸の国ロシアで選ぶ花柄スカーフやキッチン小物 “ソ連趣味”の人でなくても楽しめるミリタリー&レトロな品を探そう 海鮮系の嗜好品とウォッカは酒飲みでなくても買って帰りたい 市場で下見し、スーパーで買う これがロシア菓子の賢い購入法 Chapter 4 島・ビーチ×シベリア横断鉄道 市内から気ままに小旅行 路線バスで行けるので人気 トカレフスキー灯台の白亜の魅力 ルースキー島の新アトラクション 沿海地方水族館と遊覧船 近郊電車でのんびり行くビーチに面した小さな海浜公園 歴史や文化もたっぷり体験できるウスリースクへの日帰り旅行 オケアン号に乗ってひと晩きりのシベリア横断鉄道をプチ体験する かつて日本人が暮らした建物はハバロフスクの文化遺産となった Chapter 5 バレエ・音楽鑑賞×美術館めぐり ロシアの都市文化を楽しむ ロシアの伝統芸のサーカスや親子で楽しめる人形劇を見に行こう 美術館とギャラリーめぐりで午後の時間を過ごすのもいい 工場跡地発の現代アートからいまの極東ロシアが見える あふれる街角グラフィティはこの土地の記憶を思い起こさせる ロシアのコスプレイヤーの情熱や真剣勝負の姿が観客を魅了する マンガと和食で知る ロシア人が日本びいきの理由 日曜の朝は近所の教会に足を運んでみよう 郊外の貸し別荘でダーチャをプチ体験する Chapter 6 ロシアの東方進出×日本とのゆかり 極東ロシアの歴史を訪ねる なぜこんなに近くにヨーロッパの町があるのか? かつて多民族が共生していたウラジオストクの来歴を知る 軍事都市の名残を探すと、日本との歴史が見えてくる 街角で見かけるゆかりの銅像にはこの都市の記憶が刻まれている かつて6000人近い日本人が住んでいた、ゆかりの地を歩く ウラジオストクの歴史を知ろう

  • 暴走する日本軍兵士

    暴走する日本軍兵士   ダニ・オルバフ 長尾 莉紗 杉田 真

    2400円(本体価格)/2592円(税込価格)

    創設時に埋め込まれた三つのバグによる軍システムの暴走こそが、近代日本の悲惨な終焉をもたらした。外交文書、政治家の日記など膨大な史料から亡国の危機へと導いた根源を浮かびあがらせる。気鋭のイスラエル人研究者による新しい近代史。

  • たのしい おいしい とうふの本。

    たのしい おいしい とうふの本。   ダンノマリコ

    1200円(本体価格)/1296円(税込価格)

    ヘルシーで美容効果も注目されている豆腐を、徹底的にかわいく、たのしく、おいしいレシピでお届けします! 定番の豆腐レシピから、世界の豆腐料理、豆腐のスナックやシリアル、スイーツまで展開。今まで知らなかった豆腐の可能性を知れる、豆腐ファン必読の豆腐レシピの本。

  • こわい話&ホラーゲームBOOK

    こわい話&ホラーゲームBOOK   朝日新聞出版

    980円(本体価格)/1058円(税込価格)

    JSが大好きなこわい話。小説とまんが合わせて100話が収録されているから大満足まちがいなし。みんなでわいわい楽しめるホラーゲームや魔よけのおまじないなども充実。一人はもちろん、友達や家族とも楽しめる、“読むC・SCHOOL”誕生!

前へ 4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)