検索結果

該当数は 19520 件、全 1952 ページです。

前へ 7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   次へ
  • 朝日新聞縮刷版 2020年9月号

    朝日新聞縮刷版 2020年9月号  

    6300円(本体価格)/6930円(税込価格)

  • マンション管理・修繕・建替え大全 2021

    マンション管理・修繕・建替え大全 2021  

    1200円(本体価格)/1320円(税込価格)

  • nanoblock®でつくる日本の世界遺産 54号

    nanoblock®でつくる日本の世界遺産 54号  

    1759円(本体価格)/1935円(税込価格)

    東照宮陽明門/屋根(東側)をつくる(1) 白川郷/土台と壁と柱をつくる

  • 週刊朝日 2020年10月30日号

    週刊朝日 2020年10月30日号  

    373円(本体価格)/410円(税込価格)

  • 冬に編みたいバッグの本

    冬に編みたいバッグの本   朝日新聞出版

    1300円(本体価格)/1430円(税込価格)

    大きなバッグに小さなバッグ、棒針あみにかぎ針編みと様々な手編みのバッグを集めました。ニットのバッグは伸びるのが心配、という方にも安心して使っていただけるように、ご自分のバッグの形に合わせた裏布の作り方も解説しています。21パターン+色替えで全24点掲載。

  • 星を釣ること。 1

    星を釣ること。 1   篠原 烏童

    620円(本体価格)/682円(税込価格)

    天空から地上の人々を見守る謎に満ちた存在の“ちっぴ”と、それを補佐する護法神の二人のイケメン男性キャラクターが、死を迎えた魂を空へと釣りあげ、その人生を振り返り星へと姿を変え昇華させる。感動を呼ぶファンタジックシリーズ!

  • 文章を読む、書くのが楽しくなっちゃう本

    文章を読む、書くのが楽しくなっちゃう本   QuizKnock

    1200円(本体価格)/1320円(税込価格)

    QuizKnockの課外授業シリーズ第2弾! 「文章を読むのが苦手……」「文章を書くのに自信がない……」というあなたへ。 これまでとは違った視点で文章に向き合い、楽しむための入門書。 東大クイズ王・伊沢拓司が中心となって運営する、エンタメと知を融合させたメディア「QuizKnock」。中高生から社会人まで大好評の『勉強が楽しくなっちゃう本』に続き、彼らが書き下ろしたシリーズ第二弾のテーマは「文章」。多くの人が文章に対して抱いている「読めない」「書けない」という不安や悩みをひも解き、解消していきます。 文章に向き合うとき、「はじめから完全に理解しながら読み進めなければいけない」「美しくてきれいな文章を目指さなければいけない」なんて思い悩みながら取り組む必要はありません。 「完璧な理解」や「美しさ」よりも、文章という道具の「目的」や「機能」、「はたらき」に着目して、うまく使いこなすための思考法やテクニックを紹介していきます。 本書を読みながら文章と向き合えば、自分のこと、他人のこと、世界のことが前よりもよく見えてくるようになるはずです。この「コトバの力」を使いこなす方法を、みなさんもQuizKnockと一緒に考えてみましょう。 前作に続き、本書のメッセージをメンバーがかんたんに解説するマンガ、成長を実感しながら繰り返し使えるワークシート、言語学者・飯間浩明氏とクイズ王・伊沢拓司との特別対談などなど、楽しいコラムが盛りだくさんです。 ◆PART1 文章を楽しく読めるようになるためのテクニック 文章を読めるってどういうこと? 文章の中で迷子にならないために 文章のジャンルと登場人物について考えよう ◆PART2 文章を楽しく書けるようになるためのテクニック 「きれいな文章」よりも「はたらく文章」を書こう 「はたらく文章」ってなに? もっとも基本的な目的は2種類 読者にとって最高のガイドになることも目指そう ◆COLUMN 読書の幅を広げるためのワークシート QuizKnockライターの本棚 「てにをは」(助詞)に着目してみよう クイズの問題文を「書く」ときのポイント

  • AERA 2020年10月26日増大号

    AERA 2020年10月26日増大号  

    391円(本体価格)/430円(税込価格)

  • 自炊。何にしようか

    自炊。何にしようか   高山 なおみ

    2000円(本体価格)/2200円(税込価格)

    高山なおみファン待望のレシピ本。神戸に引っ越し一人暮らしをはじめてからの「ひとり分のごはん」の自炊アイデアをまとめた本書。『朝食』『昼食』『夕食』『お客さんが来た時』……食のドキュメンタリー形式で全100レシピ紹介。写真は齋藤圭吾、デザインは立花文穂。

  • 冬の巻きものとニット小物

    冬の巻きものとニット小物   朝日新聞出版

    1300円(本体価格)/1430円(税込価格)

    冬の外出に欠かせない、女性向けの巻きものと小物の作品集。防寒しつつ、おしゃれ小物として楽しめるアイテムは小さなものなら週末に、大きな巻きものも1週間程度で完成します。大小にかかわらず、ベーシックな形でも模様にこだわり(複雑で難易度が高いものではない。シンプルすぎず、ちょっと目新しさを感じるもの)、その模様を生かす毛糸を使って1点1点完成度の高い作品に。定番のアイテムのほか、流行を意識したアイテムも。

前へ 7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)