検索結果

該当数は 19237 件、全 1924 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • AERA 2020年5月25日号

    AERA 2020年5月25日号  

    364円(本体価格)/400円(税込価格)

  • SOCCER KING 2020年6月号

    SOCCER KING 2020年6月号  

    909円(本体価格)/1000円(税込価格)

  • 月刊 ジュニアエラ 2020年6月号

    月刊 ジュニアエラ 2020年6月号  

    454円(本体価格)/499円(税込価格)

  • 石原裕次郎シアター DVDコレクション 75

    石原裕次郎シアター DVDコレクション 75  

    1657円(本体価格)/1823円(税込価格)

  • 負けてたまるか! 日本人

    負けてたまるか! 日本人   丹羽 宇一郎 保阪 正康

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    「これでは企業も国家も滅びる!」 新型ウイルスの災厄に翻弄される世界情勢の中、日本と日本人の生き方もまた、混迷と不安の度を深めている。 こんな時こそ、揺るぎない「確かな指針」が必要だ。 ビジネス・外交・読書を通じて知見を磨いたた丹羽宇一郎。 半世紀に及ぶ近現代史研究で「歴史の教訓」を追う保阪正康。 ともに軍靴の響きが高まる昭和14(1939)年生まれ。 「ワンチーム・ニッポン」は危うい! 「空気の支配」が全ての元凶だ! 権力者は6年で腐る! 危機の中、初顔合わせの両者が、「熱論」を繰り広げる。 いかなる事態でも動じず、かつ、変化を恐れずに――。 冷静な知性を歴史に探る。 〈目次〉 はじめに 社会不安の時代から、次代への「申し送り」 保阪正康 序章  1945年の記憶から始めよう 第1章 なぜ歴史を伝えなければならないのか 第2章 戦争を直視する 第3章 日本社会の「空気」と「リーダー」のありかた 第4章 「批判」する勇気ーーアメリカ、天皇、朝鮮半島 第5章 日本と中国の関係を考える 第6章 2020年からの日本と日本人 第7章 読書のすすめ 終章  未来と過去からの問いかけ おわりに 小さな蟻は何を見ているのか 丹羽宇一郎

  • SDGs投資

    SDGs投資   渋澤 健

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    SDGs(持続可能な開発目標)の達成期限まで10年。「誰一人取り残さない」世界目標のために個人ができる投資を、渋沢栄一『論語と算盤』をヒントにわかりやすくご紹介します。投資とは、英語で「インベスト」。すなわち未来の可能性を、「ベスト」に「イン」すること。そのためにお金を循環させるのが、投資の本質です。SDGs投資ならば、舞台は世界。投資の基本のキからSDGs関連の最新動向まで、すべてがわかる一冊です。

  • 「郵便局」が破綻する

    「郵便局」が破綻する   荻原 博子

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    新型コロナ経済危機で「郵便局」が潰れる。ゆうちょ銀行の株安は兆単位の巨額減損を生み、復興財源や株式市場を吹っ飛ばしかねない。「かんぽ」に続き「ゆうちょ」でも投資信託など不正販売が問題化。両事業で郵便を支えるビジネスモデル破綻と結末を徹底取材。

  • 人類対新型ウイルス

    人類対新型ウイルス   トム・クイン 塚崎 朝子 山田 美明 荒川 邦子

    850円(本体価格)/935円(税込価格)

    新型コロナウイルスによるパンデミックは一体どうなるのか。治療薬、ワクチン開発の見通しは?集団抗体は?人類は有史以来、未知のウイルスとの戦いを繰り返してきた。1世紀前のスペイン風邪では世界中で5000万人以上の死者を出したとも。英国人ジャーナリスト・社会史家の著者は近代以降のウイルスとの攻防をつぶさに検証し、今日のパンデミックを予想していた。本書は「予言の書」として再刊が待たれていた。人類は、このパンデミックにどう勝つのかを示す。さらに日本語版補遺として、医療ジャーナリスト、塚﨑朝子氏が新型コロナウイルスの正体、治療薬アビガン、ワクチンの可能性などの最新情報を寄稿している。 目次より 序 伝染病の始まり/第1章 ウイルスとは何か/第2章 迷信の時代―古代~17世紀/第3章 理性の時代ー18世紀/第4章 狭まりゆく世界―19世紀/第5章 世界最悪のパンデミック―1018年「スペイン風邪」/第6章 嵐の後/第7章 変異する敵―1957年「アジア風邪」と1968年「香港風邪」/第8章 種の壁を越えるウイルス―鳥インフルエンザ/第9章 治療法を求めて/補章 新型コロナに立ち向かう 塚﨑朝子

  • テクノロジーの未来が腹落ちする25のヒント

    テクノロジーの未来が腹落ちする25のヒント   朝日新聞「シンギュラリティーにっぽん」取材班

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    AI(人工知能)が人間の脳を凌駕した社会、「シンギュラリティー」の時代が遠からず到来する? 医療、お金、教育、政治、治安から結婚まで、さまざまな分野で進むテクノロジー革命。その最前線を朝日新聞経済部記者たちが内外に取材し、いまとこれからの10年の日本と世界を予測する。人類の近未来はユートピアかディストピアか。 「シンギュラリティー」を描いたユヴァル・ノア・ハラル氏への朝日新聞のインタビューを完全収録した。

  • 週刊朝日 2020年5月22日号

    週刊朝日 2020年5月22日号  

    373円(本体価格)/410円(税込価格)

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)