検索結果

該当数は 19341 件、全 1935 ページです。

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ
  • 月刊 ジュニアエラ 2020年8月号

    月刊 ジュニアエラ 2020年8月号  

    454円(本体価格)/499円(税込価格)

  • 週刊朝日 2020年7月24日増大号

    週刊朝日 2020年7月24日増大号  

    391円(本体価格)/430円(税込価格)

  • nanoblock®でつくる日本の世界遺産 47号

    nanoblock®でつくる日本の世界遺産 47号  

    1759円(本体価格)/1935円(税込価格)

    東照宮陽明門 天井と柱と壁をつくる 白川郷 床と壁をつくる

  • 黒澤明DVDコレクション 66

    黒澤明DVDコレクション 66  

    1657円(本体価格)/1823円(税込価格)

  • パンデミックを生き抜く

    パンデミックを生き抜く   濱田 篤郞

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    3密回避、隔離で新型コロナのパンデミックを乗り越えようとするのは、実は14世紀ペスト大流行の時と同じ。渡航医学の第一人者が「医学考古学」という観点から不安にならずに今を乗り切る知恵をまとめた。現代のコロナ流行だけでなく今後の感染症流行への対処法も紹介する。

  • 阿闍梨蒼雲 霊幻怪異始末 特集号

    阿闍梨蒼雲 霊幻怪異始末 特集号   永久保 貴一 仙翠 蒼雲

    490円(本体価格)/539円(税込価格)

  • AERA 2020年7月20日号

    AERA 2020年7月20日号  

    364円(本体価格)/400円(税込価格)

  • 清須会議

    清須会議   渡邊 大門

    850円(本体価格)/935円(税込価格)

    秀吉はいかにして、 織田家の後継者たる信雄、信孝を追い落とし、 勝家、家康を凌駕したのか!? 秀吉が大きく飛躍するきっかけとなったとされる「清須会議」。 しかしながら、秀吉の天下取りへの道のりは、 「清須会議」に限らず、少なからず俗説がまかり通っている。 織田家の人々、ライバルとなった諸将との関係にも注目しながら、 秀吉の天下人までの道のりを、丹念に検証する。 ------------------------------------------------------------ 信長の行動はまだ良心的ですらあり、 かえって秀吉のずる賢さには驚きすら禁じ得ない。 それは書状を読めばわかるとおり、 相手に虚偽を伝えたり、恫喝したりして、 圧倒的な勢いで屈服を迫るものだった。 これまでの歴史小説やテレビドラマで知られる、 ひょうきんで明るい秀吉のイメージも、 そろそろ覆されるべきだろう。 (「おわりに」より) ------------------------------------------------------------ [目次] 序 章 清須会議への道のり――信長の死と後継者問題 第一章 従来説に見る清須会議の展開 第二章 清須会議の真相と新たな政治体制 第三章 清須会議後の争乱――賤ヶ岳の戦い 第四章 徳川家康の屈服――小牧・長久手の戦い 第五章 関白就任と家康の従属 第六章 豊臣政権の確立

  • 政治部不信

    政治部不信   南 彰

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    「政治部」は、聞くべきことを聞いているのか。斬り込む質問もなく、会見時間や質問数が制限されようと、オフレコ取材と称して政治家と「メシ」を共にする姿に多くの批判が集まる。記者は「共犯者」であってはならない。政治取材の現場を知る筆者が、旧態依然とした体質に警鐘を鳴らす。

  • 中流崩壊

    中流崩壊   橋本 健二

    850円(本体価格)/935円(税込価格)

    日本人はなぜ長い間、自分を「中流」と思ったのか――? かつてさかんに言われた「一億総中流」とは、社会調査のミスリードと国民の願望がつくりあげた“幻想”に過ぎなかった。 現在、日本社会はかつてないほどに格差が拡大し、中流層は消滅寸前にある。さらに新型コロナ禍が追い打ちとなり「下流」に滑落するリスクが高まっている。 また、中流内の二つの階級—新中間階級と旧中間階級—の分断が進み、あらゆる面で対立が深刻なものになりつつある。 本書は、戦後日本における中流の生成と軌跡を、データを通じて論じるとともに、社会における「中流」の役割を検証し、階級社会の実相を浮き彫りにするとともに、理想的な「中流」のあり方を探る。 新型コロナ禍と二つの「中流」——まえがきにかえて 第1章 「総中流」の思想 1 「総中流」論の起源 2 日本における「総中流」論 3 つくられた「総中流」 4 虚構としての「中流」 5 正当化の論理としての「総中流」 6 「総中流」はなぜ受け入れられたのか 第2章 理想としての「中流」 1 ロビンソン・クルーソーの父親の教え 2 二つの「中流 」 3 働き方としての「中流」 4 目標としての「中流」 5 「中流」という幻想 第3章「総中流」の崩壊 1 「総中流」から「格差社会」まで 2 「中流」の分解と「階層消費」(第Ⅰ期・第Ⅱ期) 3 格差拡大からバブル崩壊まで(第Ⅲ期・第Ⅳ期) 4 そして日本は「格差社会」へ(第Ⅴ期) 5 解体する「中流意識」 第4章 実態としての「中流」 1 「中流」の多様な類型 2 現代日本の新中間階級 3 現代日本の旧中間階級 4 「中流」の多様性と共通点 第5章 主体としての「中流」 1 ファシズムの社会的基盤としての「中流」 2 穏健保守としての「中流」 3 社会変革の担い手としての「中流」 4 政治意識からみた三つのグループ 5 「中流」の三つのタイプ 終章 中流を再生させるには――「総中流」のあり方を探る。 1 「総中流」の成立と崩壊 2 「中流」再生と「新しい“総中流”社会」の条件 3 いま「中流」の使命は

前へ 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)