検索結果

該当数は 19854 件、全 1986 ページです。

前へ 4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   次へ
  • 負けない交渉術

    負けない交渉術   大橋 弘昌

    1500円(本体価格)/1650円(税込価格)

    人生は「交渉」の連続。商談、受注・発注、社内承認、住宅の賃借、車をはじめモノの売買……。本書を読めば、交渉時のストレスや不安が「自分の言葉で相手を動かす醍醐味」に変わります。著者は、ニューヨークで20年間にわたり数々の大型ディールをまとめてきた、数多くの企業に頼りにされている弁護士。ビジネスでもプライベートでも、日々ハードな交渉が繰り広げられるアメリカ社会で、“和を尊ぶ”日本人の強みを生かして活躍している。「相手から先にオファーさせる」「“No”ではなく、条件付きの“Yes”」「嘘はダメ、ただし真実はすべて伝えなくていい」など、そんな著者だからこそ知っている、世界最強の“勝つ”ための思考法を明かす。自分の要求を100%通し、相手も心から納得する交渉の極意がここに! 【目次】 第1章 小さい譲歩で大きな譲歩を呼び込む発想法 1 「時間」を制する者が「交渉」を制す 2 最初のオファーは必ず相手にさせる 3 “ずうずうしく”高いところから始める 4 主張は「円換算」して伝える 5 「攻め」のカードで形勢を逆転する 6 「切り札」をうまく使うタイミング 7 事前に決めた「落としどころ」から、絶対にぶれない 8 勝ちたければ権限の一切を捨てる 9 権限がないことを交渉に活かす 10 まっすぐ決裁権者に勝負を挑む 11 多くの「選択肢」をつくっておく ▽第1章のポイント 第2章 自分を“手強い相手”と思わせるふるまい方 1 「逃げたい」と思った時点で交渉に負ける 2 対等な態度が相手の敬意を引き出す 3 リスクを負ったほうがうまくいく 4 リスクを負って失敗したら、そのときはそのとき 5 どんな相手も決してナメてはいけない 6 自分の価値観が通じることを期待しない 7 つねに本来の「目的」に立ち返る 8 「ゲーム感覚」で交渉に臨め 9 嘘はダメ、ただし真実をすべて伝えなくていい 10 むやみに謝ると窮地に追い込まれる 11 有利なパワーバランスはこうつくる ▽第2章のポイント 第3章 自分の“資源”を最大限に生かす駆け引きの理論 1 “No”ではなく“Yes, if” 2 “Yes”でも、やっぱり“Yes, if” 3 「カウンター・オファー」せずまとめる戦術 4 譲歩の幅は徐々に小さくする 5 「ボトムライン」には「もっと下がある」と考える 6 合意の直前に、もう一つの小さな譲歩を得る 7 具体的な「選択肢」を示す 8 やっぱり「ウィン・ウィン交渉」が成功の必須条件 9 争点は必ず「パッケージ」で交渉する ▽第3章のポイント 第4章 どんな局面でも優位な状況をつくる“心理誘導”の技術 1 相手の主張に賛成しつつ、正反対の主張をする 2 「自分に有利な状況」のつくりかた 3 主張には「客観的根拠」を付け加える 4 交渉相手からの情報を判断材料にしない 5 「相手が望むもの」を見極めれば勝ち 6 「交渉の争点」と「相手の人格」は切り離す 7 決断は相手にさせる、ただ強要はダメ 8 「短期利益」と「長期利益」の両方をにらむ 9 感情は交渉に持ち込まない 10 「交渉期限」は土壇場で不利になる   ▽第4章のポイント 第5章 交渉の前から交渉は始まっている 1 交渉チームは「少数精鋭」で 2 チームの意見対立を交渉パワーにつなげる方法 3 悪役・善役コンビで流れをつくる 4 交渉の達人は弁護士を「悪役」にする 5「中立の第三者」をうまく頼る 6 あえて交渉すべきでない人間関係 7 法律を「味方」につける 8 “法律は相手の味方”と感じたときの対抗策 9 「契約書」に盛り込むのはどこまで? 10 交渉がうまくいかなくても   ▽第5章のポイント

  • (文庫)D−暗殺者の要塞

    (文庫)D−暗殺者の要塞   菊地 秀行

    740円(本体価格)/814円(税込価格)

    貴族ヴァンデルド公爵を仕留めたヴィンス、バリィら7人は、ヴァンデルドの臣下から仇討ちを果たさんと狙われていた。山岳にそびえる「イズガラトンの砦」──避難所が戦闘用に改造されたこの場所で、Dも7人の仲間に加わり、今、激しい攻防が始まる。

  • サザエさん 42巻

    サザエさん 42巻   長谷川 町子

    800円(本体価格)/880円(税込価格)

    長年にわたって読者から復刊を望む声が多かった、姉妹社オリジナル版の『サザエさん』(全68巻)の復刊です。新たに新聞掲載日と注釈が付き、世代を超えて楽しめます。42巻は1964年3月から6月までを掲載。

  • サザエさん 40巻

    サザエさん 40巻   長谷川 町子

    800円(本体価格)/880円(税込価格)

    長年にわたって読者から復刊を望む声が多かった、姉妹社オリジナル版の『サザエさん』(全68巻)の復刊です。新たに新聞掲載日と注釈が付き、世代を超えて楽しめます。40巻は1963年6月から11月までを掲載。

  • 路上のX

    路上のX   桐野 夏生

    800円(本体価格)/880円(税込価格)

    一家離散によって幸せな生活を失った女子高生の真由。義父の虐待から逃れ、街で身を売るリオナ。二人は運命的に出会い、共に生きる決意をする。ネグレクト、DV、レイプ。最悪の暴力と格闘する少女たちの連帯と肉声を物語に結実させた傑作が、遂に文庫化。

  • 緩和ケア医から、ひとりで死ぬのだって大丈夫

    緩和ケア医から、ひとりで死ぬのだって大丈夫   奥野 滋子

    680円(本体価格)/748円(税込価格)

    現役看護師で女性僧侶の玉置妙憂さん、こころから推薦! ―― 奥野先生は「ご臨終です」という言葉を使うのは、やめたとおっしゃいます。看取りの時、「〇時〇分、旅立ちでございます。……いつかまた会いましょうね」と言うようにされていると。なんとあたたかく、優しく、そして普通の言葉なのでしょう。死は特別なことではなく、あたりまえのことなのだと思わせてくれます。 伝えたい20のだいじなこと。 3000人の終末期に寄り添った緩和ケア医が具体的な事例とともにアドバイスする。 病院でも在宅でも、痛みへの対処法、家族や友人、縁を結んだ人とのかかわり、 病と死への向き合い方をつづる貴重な一冊。 【内容】 第一章 いのちの限界、医療の限界を知ろう 日本人は死ぬことを忘れている/「亡くなる直前まで普通の生活」はほとんど無理/ 死は「敗北」ではない 第二章 がんは本当に「不幸な病気」なの? がんは「フルタイム」で闘病しなくてもよい 第三章 緩和ケアで「痛み」をとる 緩和ケアは人生最後の医療ではない/過剰な栄養補給は苦しみを募らせるだけ/認知症の患者さんも痛みを感じている 第四章 心へのはたらきかけがいのちを救う 「お迎え現象」は魂の帰るべき場所の発見/「なぜ死にたいか」を聞くことがケアになる 第五章 在宅医療チームに支えられて自宅で旅立つ 病院は「生活の場」ではない/救急車を呼ぶということは穏やかな最期を約束するものではない 第六章 家族が「すべきこと」と「してはならないこと」 周りの中途半端な医療知識は本人を苦しめる 第七章 その人らしさを支えるケア 眠ることで苦しみからの解放を図る鎮静という方法 第八章 悲嘆(グリーフ)の中にある人たちのサポート 妻を亡くした夫はがんばってしまう/「往生」のヒントは日本人の生活の根底にある *この本で伝えたいこと20 *病と死に向き合うための本

  • 災害特派員

    災害特派員   三浦 英之

    1700円(本体価格)/1870円(税込価格)

    東日本大震災から10年。あの時、記者は何を見て、何を感じたのか──。2011年3月11日の地震発生翌日に被災地に入り、18日間最前線を歩き回って目撃した「惨状」。その後新設された「南三陸駐在」の記者として、現地の人々と1年間生活を共にした回想録。

  • 老婦人マリアンヌ鈴木の部屋

    老婦人マリアンヌ鈴木の部屋   荻野 アンナ

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    〇酒井順子さん推薦! 介護する人、される人、そして介護で儲ける人。 色気と欲気を惹き寄せるマリアンヌ鈴木の部屋は、何てカラフル! こんな風に老いてみたい。 ◯作家でフランス文学研究者の著者にとって、 パートナーと父母の介護と最期を看取り、自らは大腸がんとうつ病の25年だった。 ようやく辿り着いた快活で人間味たっぷりの「老活小説」。 ダメ男や老いの入り口にたつ人びとのどこか陽気な連作短編集。 ◯昔も今も人はせつなく老いていく。 横浜山手の洋館に住む老婦人は青い部屋のベッドに横たわるが、ときにフランス小話も語る。 離婚・退職ののちにモエはヘルパー資格を取り、突然の宝石熱にとりつかれてネットオークションにはまっている。やり手の実業家のトチ中野は介護事業所「スマイル光」からモエをマリアンヌ鈴木宅に派遣した。 トチの連れ合いで甲斐性なしのリチャードや美にこだわって整形を繰り返す大道芸人のミッキーなど、老婦人の仲間はひと癖あってみな愉快だ。 トチ中野は地域包括支援センターでの人脈を通じて、シニア婚活パーティ「ひなげし会」を開催してひと儲けを企んでいる。老婦人はここで若き日の意外な過去に出会うが……。 ◯目次 第一話 老婦人マリアンヌ鈴木の部屋 第二話 雲根 第三話 河童とマサイ 第四話 薔薇の動物園 最終話 マリアンヌ修復研究所

  • 誰も知らなかったジャイアント馬場

    誰も知らなかったジャイアント馬場   市瀬 英俊

    2000円(本体価格)/2200円(税込価格)

    巨人軍のピッチャーから、世界を股にかけるプロレスラーへ。巨躯のスポーツエリートは、宿命を背負った一人の心優しい男でもあった――。運命的なプロレス入りと師・力道山、17歳と15歳で出会った最愛の妻・元子との結婚までのさまざまな障壁。ジャイアント馬場とその妻・馬場元子の初公開の往復書簡など貴重な一次資料をもとに、ジャイアント馬場に最も信頼されたスポーツライターが書く、語られなかった真実。

  • ぜにざむらい

    ぜにざむらい   吉川 永青

    1950円(本体価格)/2145円(税込価格)

    金もうけが大好きで、趣味はためた銭を畳に広げそのうえで寝転がること。そして戦はめっぽう強く、伊達政宗と直接打ち合って退けたこともある。戦国末期の実在の武将、岡左内の痛快な半生を描いた著者の新境地!! 歴史学者・小和田哲男氏推薦。

前へ 4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)