検索結果

該当数は 20429 件、全 2043 ページです。

前へ 3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   次へ
  • 相棒 season20 中

    相棒 season20 中   輿水 泰弘 碇 卯人

    920円(本体価格)/1012円(税込価格)

    亘の姉・由梨から教会で保護した記憶喪失の男性の身元を調べてほしいと依頼を受けた特命係。 手がかりのないなか、右京と亘は男性を最初に発見したという2人の少年に話を聞くが……。 年の瀬の依頼が思いもよらぬ展開を生む「二人」、20年前に都内スーパーで起きた未解決の刺殺事件について、殺された被害者の生まれ変わりを主張する若い男が現れる「生まれ変わった男」など、シーズン中盤6編を収録。 ------------------------------- 第六話 「操り人形」 第七話 「生まれ変わった男」 第八話 「紅茶のおいしい喫茶店」 第九話 「二人」 第十話 「お宝探し」 第十一話 「死者の結婚」 -------------------------------

  • 千両の首

    千両の首   佐々木 裕一

    700円(本体価格)/770円(税込価格)

    父の仇である老中・本田信親を討ち取り、悲願を果たした月島真十郎。彼は俗世との縁を断つべきか悩みながらも江戸を離れるが、その首には懸賞金がかけられてしまった! 平穏な暮らしだけを求める真十郎に追手の剣が迫る、シリーズ第二弾!

  • 家康の軍師(2)

    家康の軍師(2)   岩室 忍

    982円(本体価格)/1080円(税込価格)

    清州同盟で信長側につくことを決断した家康は、正親町天皇と信長との駆け引きの行方を気にしながら、一向一揆との戦いに明け暮れ、三方ヶ原の戦いでは信玄の強さを目の当たりにし、完敗する。そして、信長を恐れた家康は、自らの妻子に決断を迫られることになる。家康がひたすらに「隠忍自重」の第二巻。

  • 家康の軍師(1)

    家康の軍師(1)   岩室 忍

    900円(本体価格)/990円(税込価格)

    天文11年(1542)年の三河岡崎城。弱小大名の松平家に誕生した家康は、人質として各地で幼少期を過ごす。尾張の織田家での信長との出会い、駿河の今川家での太原雪斎との出会いなど、生涯にわたって影響を及ぶ武将との出会いに恵まれ、家康は成長し、乱世に一歩を踏み出した。これまでの「強い」家康像を覆す、岩室流「泣き虫家康」、開幕。

  • 私の半分はどこから来たのか

    私の半分はどこから来たのか   大野 和基

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    「あなたは提供精子で生まれたのよ」。20代後半に偶然知ってしまった日本人男性医師。16歳の時、母との口ゲンカの最中、勢いで知らされたオーストラリア人女性。41歳のとき、母からの手紙で突然告白されたイギリス人女性……。AIDで生まれた人の多くがアイデンティティーの確立に苦しむ。「出自を知る権利」をめぐる取り組みや法制度、世界最大の「精子バンク」の最新動向などをルポ。日本、オーストラリア、イギリス、アメリカ、デンマーク、スイスでの現地取材を通し、AIDで生まれてきた子ども、ドナー、医療関係者の切実な声で迫るノンフィクション。

  • 憐憫

    憐憫   島本 理生

    1400円(本体価格)/1540円(税込価格)

    かつて子役だった沙良は、芸能界で伸び悩んでいた。自分の正体をまったく知らない人間に出会いたい──そんな折に酒場で偶然出会った柏木という男に、たまらない愛しさと憐憫(れんびん)を感じた──。愛に似て、愛とは呼べない関係を描く、直木賞作家の野心作。

  • キリンに雷が落ちてどうする

    キリンに雷が落ちてどうする   品田 遊

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    作家でライターの品田遊(ダ・ヴィンチ・恐山)さんが、1000日以上欠かさず発表してきた日記「ウロマガ」の書籍化が決定。品田遊さんの思考回路の軌跡を辿るぜいたくな一冊! 山素さんの描きおろし漫画も収録。

  • 朝日キーワード就職2024

    朝日キーワード就職2024   朝日新聞出版

    900円(本体価格)/990円(税込価格)

    ロシアのウクライナ侵攻、安倍元首相暗殺、北京オリンピック、参議院選挙など、厳選した「最新時事用語」と「一般常識」を一冊に収録。スミと赤の2色刷り、赤文字が消えるチェックシートで最新時事用語を効率よく学べる。

  • カサンドラのティータイム

    カサンドラのティータイム   櫻木 みわ

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    スタイリスト見習いとして働く友梨奈と、牛肉加工工場でパートをしている主婦の未知。それぞれに何かから「抑圧」されている。現代社会で生きていく女性のやるせなさを見事な筆致で描きつつ、他者と他者がつながれることを希求する、期待の新鋭の飛躍作。

  • 特殊清掃人

    特殊清掃人   中山 七里

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    誰もいなくなった部屋にこそ、住んでいた者の嘘のない生きざまが現れる──。特殊清掃業者〈エンドクリーナー〉には、日々、様々な依頼が押し寄せる。彼らの仕事をとおして、死者が抱えていた様々な事情が浮かび上がる。『護られなかった者たちへ』の著者が贈るヒューマン・ミステリー。

前へ 3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)