検索結果

該当数は 20654 件、全 2066 ページです。

前へ 11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   次へ
  • ルポ 無縁遺骨

    ルポ 無縁遺骨   森下 香枝

    1600円(本体価格)/1760円(税込価格)

    2022年7月、都内の病院で死去した女優・島田陽子さんの遺体の引き取り手はなく、居住区だった東京都渋谷区が引き取り火葬した。21年度、自治体が遺体を葬ったケースは約8600件に上る。高齢化と孤立化で「無縁遺骨」になる可能性は誰にでもある。その実態と墓じまいの現状を追う。

  • 伊集院月丸の残念な霊能稼業10

    伊集院月丸の残念な霊能稼業10   魚住 かおる

    900円(本体価格)/990円(税込価格)

    ダウンジングで暴かれたのは黒歴史!? ポンコツ霊能者見習いと濃過ぎる仲間達の大人気オカルトコメディ!! 失恋し辿り着いたとある終着駅でみちると黒田に出会った女性は、みちるに言いくるめられ一緒に隕石探しをすることにした。オカルトの秘儀ダウンジングを駆使して見つかるのは目的の隕石ではなく、3人の思い出の品ばかり。しかも黒歴史のものばかりだったのだが――。 一話読み切り形式で収録。

  • 月刊 ジュニアエラ 2023年12月増大号

    月刊 ジュニアエラ 2023年12月増大号  

    473円(本体価格)/520円(税込価格)

  • トミカ歴代名車コレクション 第13号

    トミカ歴代名車コレクション 第13号  

    1817円(本体価格)/1999円(税込価格)

  • AERA 2023年11月20日増大号

    AERA 2023年11月20日増大号  

    464円(本体価格)/510円(税込価格)

  • 台湾有事 日本の選択

    台湾有事 日本の選択   田岡 俊次

    790円(本体価格)/869円(税込価格)

    台湾有事──本当の危機が迫っている。米中対立のリアル、思考停止する日本政府の実態、日本がこうむる人的・経済的損害の実相。選択を間違えたら日本は壊滅する。安保政策が歴史的大転換を遂げた今、老練の軍事ジャーナリストによる渾身の警告!

  • 藤原氏の1300年

    藤原氏の1300年   京谷 一樹 かみゆ歴史編集部

    890円(本体価格)/979円(税込価格)

    藤原氏は天皇家と強く結びつき摂関政治によって栄華を極めた。一族の「ブランド」を最大限に生かし続け、武士の世も、激動の近現代も生き抜いた、日本史に燦然と輝く超セレブである。大化の改新の中臣鎌足から昭和の内閣総理大臣・近衛文麿までの90人を取り上げ、名門一族の華麗なる物語をひもとく。

  • 発達「障害」でなくなる日

    発達「障害」でなくなる日   朝日新聞取材班

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    発達障害は本当に「障害」なのか? 学校、会社や人間関係に困難を感じる人々の事例から、周囲が変わったことで「障害」でなくなったケースを紹介。当事者と家族の生きづらさをなくす新しい捉え方、接し方を探る。朝日新聞大反響連載を書籍化。

  • どろどろの聖人伝

    どろどろの聖人伝   清涼院 流水

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    サンタクロースってどんな人だったの? 聖バレンタインは? キリスト教の聖人は、意外にも2000人以上存在します。そのなかから、有名な聖人を取り上げ、その物語をご紹介。聖人伝を通して、日本とは異なる文化を楽しんでいただけることでしょう。

  • 一億三千万人のための『歎異抄』

    一億三千万人のための『歎異抄』   高橋 源一郎

    810円(本体価格)/891円(税込価格)

    今まで誰も読んだことがない みずみずしい「ぼくたちのことば」になった『歎異抄』 それは親鸞の『君たちはどう生きるか』だった * 戦乱と飢餓と天災の中世に生まれ、何百年も人びとを魅了しつづけてきた、 日本でいちばん有名な宗教の本『歎異抄』が、再び巡って来た混沌の時代に、 まったく新しい、一億三千万人のための「今のことば」になって蘇る。 「他力本願」「悪人正機」「地獄こそ我がすみか」ってなんだ! * 釈徹宗先生推薦! 浄土真宗本願寺派・如来寺住職、相愛大学学長 『歎異抄』ワールドに、新しい風が吹いた。 これまで『歎異抄』を何度読んでもピンと来なかった人は、とくに本書を手に取ってほしい。 * 「目次」から その二 ジゴクこそわたしにふさわしい場所 その三 悪人だからこそゴクラクに行けるんだ その九 ぼくは告白した その十三 「人を千人殺してみろ」と「あの方」はいった その十四 みんなを救う、ひとりも捨てない その十五 アミダの「ホンガン」という「船」に乗り、ぼくらの 「苦海」を渡り、いつかジョウドの岸辺にたどり着く * 宗教ってなんだ(『歎異抄』(タンニショウ)を「翻訳」しながら考えたこと) ネンブツと文学/ただひとりのために/正しそうなものには気をつけろ      

前へ 11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   次へ

キーワード検索を行う

キーワード

詳細検索を行う

著者名

書名

分類

シリーズ

記事・解説

ISBN

発売日

詳細検索のご利用方法について

  • 書名・著者名(読みを含む)は、その文字が含まれる商品を検索結果として表示します。
  • 「記事・解説」は書籍・雑誌の解説データに、その文字が含まれている商品を検索結果として表示します。
  • 「ISBN」はハイフォンを入れずに半角でご記入ください。(例:「4-02-350112-3」の場合は「4023501123」と記入)