髙橋大輔を『週刊朝日』が独占取材!羽生結弦ら後輩たちへの率直な気持ちも明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加


『週刊朝日』7月19日号(7月9日発売)

『週刊朝日』7月19日号(7月9日発売)は、先シーズン4年ぶりに競技への復帰を果たした男子フィギュアスケート五輪メダリストの髙橋大輔さんの特集を掲載します。「いま、純粋にスケートが楽しい」と語る髙橋さんの「素の姿」「飾らない言葉」を切り取りました。表紙、グラビア、インタビューと計8ページにわたって、さまざまな角度からその魅力に迫っています。

グラビアページでは「動いてみてください」というカメラマンのリクエストに応えて、その場でステップを披露。コマ送りのように見開きページで展開しています。こうした髙橋さんの才能が垣間見えるショットに加え、ふっと気を抜いた瞬間のリラックスした表情も抑えています。

インタビューでは、「昔と同じ結果は到底望めない、諦めからの挑戦」と競技復帰してからの葛藤や変化を自分の言葉で語ってくれました。「自分なりのこだわりのところでてっぺんをめざせれば」と再チャレンジの意義も口にし、ファンの期待に応えています。

さらには、3月の世界選手権出場を辞退した本当の理由、羽生結弦選手や宇野昌磨選手といった後輩たちへの思いなど率直な気持ちを明かしてくれました。

源氏物語をテーマにしたアイスショー「氷艶」で主演する髙橋さん。「応援して下さる方が増えていくような演技をしていきたい」と今後の目標を語り、氷上での活躍にますます期待が高まるようなインタビュー内容です。