AERAがジャニー喜多川さん追悼特集。「YOU!やっちゃいなよ」に込められた思い…

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』2019年7月22日号(7月13日発売)

7月13日発売の『AERA』7月22日号は、予定を変更して急遽、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長追悼特集を掲載します。長くジャニーズ事務所やジャニーさん、所属タレントの取材を続けてきた記者が、ジャニーさんの肉声を交えながら、「YOU!やっちゃいなよ」に込められた思いや、戦争の記憶と平和への思いを乗せた「ショー」についてレポートしました。AERAなどのインタビューでジャニーさんについて語った所属タレントたちの言葉から、ジャニーさんとタレントたちの関係性も見えてきます。

6月18日に自宅で倒れ、闘病中だったジャニー喜多川さん。3週間の闘病の末、7月9日に87歳で亡くなりました。この訃報を受けて、『AERA』7月22日号(7月13日発売)は、スターを育て続けたジャニーさんの生涯を追悼の思いを込めて特集しました。

記事の見出しは「YOU! やっちゃいなよ この言葉でみんなの背中を押した」。倒れる前日までジャニーズJr.の番組収録に立ち会うなど、最後まで現場を離れなかったというジャニーさん。記事では、なぜジャニーさんが表に出ることをしなかったのか、なぜタレントたちに「YOU!」と呼びかけたのか、華やかなショーになぜ、東京大空襲など戦争の場面を盛り込んだのか、といった疑問の理由が明かされています。

この号では、ジャニーさん作・構成・演出の舞台「ドリームボーイズ」も特集。出演する岸優太さん、神宮寺勇太さん(ともにKing & Prince)、髙橋優斗さん(HiHi Jets)、岩﨑大昇さん(美 少年)の座談会がジャニーさんの闘病中に行われ、岸さんは「今回は一人ひとりジャニーさんがキャスティングしてくださったんです。ジャニーさんの思いに応えられるように、堂々と胸を張って全力でパフォーマンスしたいです」と話していました。

この号の表紙は、俳優でモデルの新木優子さん。
ほかに、
・連載筆者11人 参院選それぞれの争点
・祝「仁徳陵」世界遺産 古墳ガールがイケメン古墳にコーフン中
・ジョージア発オレンジワイン ポルトガル発グリーンワイン
・私立高校の非正規教員が悲鳴「サービス残業が月160時間」
などの記事を掲載しています。