AERAの大人気連載「星野源 ふたりきりで話そう」が復活!『AERA』7月22日発売号に、松重豊さんとの雑談「前編」を掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加


星野さんと松重さんの2ショット


『AERA』2019年7月29日増大号(7月22日発売)


AERAMOOK『星野源 ふたりきりで話そう』(7月31日発売)

昨年惜しまれながら終了したAERAの大人気連載「星野源 ふたりきりで話そう」。 7月31日にこの連載をまとめたAERAMOOK『星野源 ふたりきりで話そう』が発売されるのを記念して、7月22日発売の『AERA』7月29日増大号で久々に復活します。ゲストは、映画「引っ越し大名!」で共演した俳優の松重豊さん。まずは、前後編の「前編」を掲載します。

AERA誌上で星野源さんの連載が始まったのは、2016年4月。それから18年3月までの2年間、最初の1年は「星野源 音楽の話をしよう」というタイトルで、次の1年は多彩なゲストと「ふたりきりの雑談」を繰り広げる「星野源 ふたりきりで話そう」として、連載は続きました。

18年6月には、前半の1年分をまとめたAERAMOOK『星野源 音楽の話をしよう』を刊行。発売週のオリコンBOOKランキング「ムック」部門でダントツの1位を獲得するなど、ご好評いただきました。

そして、来たる7月31日に、後半の1年分をまとめたAERAMOOK『星野源 ふたりきりで話そう』を発売することが決定。これを記念して、星野源さんの「ふたりきりの雑談」がAERA本誌に帰ってきます。ゲストは、8月30日公開の星野さん主演映画「引っ越し大名!」にも出演している松重豊さん。「ふたりきり」という言葉どおり、マネジャーもスタッフも、カメラマンもいない小さな会議室で、星野さんと松重さんがふたりきり。「近すぎる」距離感で語り合いました。

星野さんと松重さんの雑談は、ひょんなことから「趣味」の話になり、「素」と「お芝居」の話になり、やがて「自意識」の話へ――。そして、ふたりは並んで自撮りしたり、互いに写真を撮り合ったり。連載当時そのままの「近すぎる」距離感が、ふたりの関係性を映し出します。ここでしか読めない話、ここでしか見られない写真が詰まったページになりました。

この号の表紙は、アーティストでギタリストのMIYAVIさん。
巻頭特集は「DNA検査で適職もわかる」です。

ほかに、
・ネトフリかアマゾンか「有料配信サービス」に第2の波
・フィギュア2019-20シーズン 宇野昌磨「コーチ不在」の決意
・回転寿司は「地方発」がガチうま!金沢ののどぐろ、根室の時しらず、三浦のまぐろ……
・パパがぶつかる「小1の壁」 男性の育休「義務化」に賛成7割の時代なのに
などの記事を掲載しています。