「身の丈」発言の次はカネ! 萩生田文科相の公選法違反!?を週刊朝日がスクープ

このエントリーをはてなブックマークに追加


『週刊朝日』12月20日号(12月10日発売)

「桜を見る会」の「前夜祭」をめぐって炎上中の安倍晋三首相ですが、今度は側近の政治とカネの問題が発覚しました。その側近とは、「身の丈」発言で世間から批判を浴びた萩生田光一文部科学相。週刊朝日のスクープです!

「桜を見る会」前夜祭では、会費を相場の半分以下に設定し、多額の不足分を安倍事務所が補てんした疑いがもたれています。差額分が寄付行為にあたり、公職選挙法に違反する可能性があるため、炎上していますが、今回わかった萩生田氏の疑惑も、これと同じ構図。萩生田氏の政治資金収支報告書を調べると、カネの流れで不審な点が浮かび上がり・・・・・・。萩生田氏の政治団体が開いたイベントの出席者にも事情を聞き、疑惑が濃厚になりました。週刊朝日のスクープです!

ほか注目の特集は
・「男はつらいよ」50周年 寅さん特集
表紙は渥美清と山田洋二監督とのツーショット。グラビアでは貴重なオフショットを独占公開しています。映画のタイトルの別候補など秘話も満載です。

・この大学しか受けない! 「専願率」を本誌初公開! 受験生に選ばれる大学の実力
早慶、MARCH、関関同立、産近甲龍などお馴染みの大学グループ内で、併願しないでその大学だけ受けた人の割合を初公開! 選ばれる大学の本当の人気と実力を分析しました。

・高齢者の運転リスクと免許返納の「不都合な真実」 返納したら要介護リスク2倍!?
後を絶たない高齢ドライバーによる悲惨な自動車事故。一方で、心身の衰えなど免許返納の別の側面、リスクも明るみに。現実的な解決策を探りました。