SixTONESとSnow Manが再びAERAに登場! 蜷川実花が自ら選んだ未公開17カットで 「もっと見たい!」の声に応えた「ディレクターズカット」/『AERA』1月20日発売号で

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』2019年4月1日号(3月25日発売、表紙:SixTONES)


『AERA』2020年1月20日増大号(1月11日発売、表紙:Snow Man)

『AERA』2019年4月1日号と現在発売中の『AERA』2020年1月20日増大号で、それぞれで表紙を飾ったSixTONESとSnow Manが、再びAERAに登場します。いずれの号もご好評をいただき、「もっと見たい!」の声が多く届いたことから、本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花が自ら選んだ未公開カットの掲載が実現しました。

「ジャニーズ事務所としては初」の2組同時デビューを1月22日に控えるSixTONESとSnow Man。1月11日発売の『AERA』1月20日増大号でSnow Manの皆さんに表紙を飾っていただいたところ、予想を超えた大反響をいただきました。「もっと見たい!」の声も多く届き、すでに昨年3月25日発売の4月1日号で表紙にご登場いただいたSixTONESの皆さんについても、同様の声をいただいていたことから、今回、2グループ同時に未公開カットを掲載することを決めました。

注目は、今回掲載するカットをすべて、撮影した蜷川実花自身が選んでいることです。グループ全員での撮影はもちろんですが、ソロも常に、複数パターンを撮影しています。紙幅の都合で全パターンを掲載できないことも多く、今回の掲載カットの中には、いわゆる「別カット」だけではなく、「別パターン」も含まれています。彼らが歩んできたデビューまでの道のりを振り返る記事とともに、お楽しみください。