加藤シゲアキさんがAERA表紙に初登場!撮影は蜷川実花

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』3月9日増大号(3月2日発売)

3月2日発売の『AERA』3月9日増大号の表紙に、アイドルグループNEWSのメンバーで、作家としても活躍する加藤シゲアキさんが初登場します。加藤さんが3月6日、自身初のエッセイ集『できることならスティードで』(朝日新聞出版)を上梓することを記念して、エッセイ集についての思いを語るグラビア&インタビュー3ページも掲載しているほか、エッセイ集のために新たに書き下ろした掌編小説3編のうちの1編「ヴォルール デ アムール」も先行掲載しています。表紙とグラビアの撮影はもちろん蜷川実花。掌編小説を掲載したページにも、蜷川実花が陽春の光をとらえた一枚を掲載しています。

加藤シゲアキさんが朝日新聞出版発行の文芸誌「小説トリッパー」で連載していた“旅”がモチーフのエッセイ「できることならスティードで」。3月6日にこの連載が同名の単行本として刊行されるのを記念して、AERAは3月2日発売の3月9日増大号で、加藤さんを表紙に起用しました。加藤さんがAERAの表紙を飾るのは、今回が初めてです。

AERA表紙フォトグラファーの蜷川実花が「作家」としての加藤さんを撮影する場所として選んだのは、都内某所にあるちょっと洋風の古民家でした。路地を入り、門扉をすり抜けて中に足を踏み入れると、日本近代文学の黎明期にタイムスリップしたかのような雰囲気。撮影は、2月の陽光が柔らかく差し込むなかで行われました。インタビューで加藤さんが語ったのは、小説とエッセイ、それぞれとの向き合い方や、『できることならスティードで』というタイトルに込めた思い、そして「浄土」と題したエッセイで向き合ったジャニー喜多川さんの死――。「書いていない時は書きたくなりますし、書いている時は書きたくなくなります」と話す加藤さん。「少なくとも自分が読んで『面白い』と思えるものでなければならない」という言葉に、作家としての矜持が貫かれていました。

今回は、加藤さんがエッセイ集のために書き下ろした3編の掌編小説のうち、「ヴォルール デ アムール」と題した1編も先行掲載。AERA発売翌日にあたる3月3日発売の週刊朝日に掲載する「がまし」、単行本だけに収録される3編目、と読み通すことで、全体の物語世界が完成します。

この号の巻頭特集は「新型コロナウイルスの実像」。私たちの日常生活にも多大な影響を及ぼし始めた新型ウイルスについて、感染の拡大を「面」で捉えたオリジナルチャートや、「感染力」と「死亡率」をSARSやMERSと比較したグラフ、自分や家族が感染した場合の対処法、病院へ「行く」「行かない」の分かれ目を示し、パニックに陥ることなく冷静に対処するための武器となる「正しい情報」を提供します。クルーズ船で活動した医師が差別や偏見に苦しむ告白や、共働き世帯をおそった突然の学校休校、企業におけるテレワーク導入のその後についても取材しています。

ほかにも、
・宇野昌磨「ランビエルのために一緒に戦いたい」
・「9割ヴィーガン」始めました
・食べて検証!大豆ミートの絶品レシピ 唐揚げ・青椒肉絲……
・暗渠ハンターと渋谷を歩く
・辻元清美インタビュー「やっぱり鯛は頭から腐る」
・池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第10回 「天皇を恨まず前を向く」
などの記事を掲載しています。