堂本光一さん「SHOCK」の20年をAERAで振り返る!菊田一夫演劇賞「大賞」受賞記念

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』6月1日号(5月25日発売)

5月25日発売の『AERA』6月1日号は、カラーグラビア4ページにわたり、堂本光一さんの「SHOCKに捧げた20年」を特集。4月27日に第45回菊田一夫演劇賞大賞を受賞したことを受け、初演「MILLENNIUM SHOCK」から今年の「Endless SHOCK」までを振り返ります。蜷川実花が帝国劇場のステンドグラスを前に撮影した未公開カットも掲載しています。この号の巻頭特集は「コロナ鬱を回避する」。新型コロナウイルスを巡る、さまざまな不安や同調圧力、偏見や差別などの影響で、今後増えると予想されている「うつ」や「自殺」を回避するための方法を取材しました。この号の表紙は、パラリンピックのメダリストでもある、陸上競技選手の山本篤さんです。

2000年、堂本光一さんを座長に据え、故・ジャニー喜多川さんの作・構成・演出で始まった「SHOCK」シリーズ。今年は20周年にあたり、予定の公演期間中に総上演回数1800回を迎える、特別な年のはずでした。それが、新型コロナウイルスの感染拡大により、予定の公演を半分以上残して中止に。1800回もお預けとなりました。しかしそこに飛び込んできたのが、堂本光一さんに菊田一夫演劇賞大賞、というニュース。5月25日発売のAERAではこれを記念して、「SHOCK」を特集しました。

初演「MILLENNIUM SHOCK」で座長を務めたとき、堂本さんは21歳。20年が経過した今年、「Endless SHOCK」で宙を舞う堂本さんは41歳。記事では、東日本大震災や舞台装置が倒れる事故などを乗り越えながら、脈々と続いてきた「SHOCK」の20年を、写真と堂本さんの言葉で振り返っています。

巻頭特集は、「コロナ鬱を回避する」。新型コロナウイルスの感染拡大が叫ばれてから数カ月。少しずつ明るい兆しは見えてきたものの、ストレスフルな日常が長期化しています。ウイルスという見えない脅威への恐怖と「感染防止」という大義名分のもと、偏見や差別が「解禁」されてしまう背景には、「リスクゼロ」を求めてしまう心理があります。緊急事態宣言が明けてからも、居場所を失い、追い詰められてうつを患ったり自殺したりする人が増加するのではないか、という懸念が広がっています。ウイルスがもたらす社会へのネガティブな影響をいかに食い止めるか。当事者や専門家の声を聞きました。

ほかにも、
・「近畿は解除」「関東は継続」で千葉県民のいらだち
・アビガンにアクテムラ 日本発の治療薬 実用化へ秒読み
・離れて暮らす親のために「いま」できること
・107人の在宅ワーク「あるある」with 猫カルタ
・「同意なき性交」を犯罪に問う
・連載「放談バカリズム」ゲスト中丸雄一(KAT-TUN)は今週まで!
・池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第21回 「宗教批判の限界を示す」
などの記事を掲載しています。