芦田愛菜さんが花々に囲まれてAERA10月5日発売号の表紙に登場!/撮影は蜷川実花

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』10月12日号(10月5日発売)

「天才子役」と呼ばれた芦田愛菜さんが「本格俳優」に成長してAERAの表紙を飾ります。主演映画「星の子」の公開を控え、大森立嗣監督とも対談。撮影に臨む際にあることを提案したエピソードや、「互いに信じ合えた」という撮影現場での日々を振り返ります。この号には堂本光一さんが半年かけて作り上げたという感染対策版スピンオフ舞台「SHOCK」の名シーンを集めたグラビアも掲載。巻頭特集では「ウォーキング」に注目し、歩くことの効果を最大化するための「速歩き」や「姿勢」について、最新事情を取材しています。

10月5日発売の『AERA』10月12日号は、まもなく公開される映画「星の子」に主演する芦田愛菜さんを表紙に起用しました。笑顔にはあどけなさも残る芦田さんですが、この日のために用意された青い花々とともにカメラの前に立つと、表情が一変。「子役の愛菜ちゃん」ではなく、大人への階段を上り始めた「俳優・芦田愛菜」のいまを蜷川実花が切り取りました。

映画「星の子」の大森立嗣監督との対談も併せて掲載。対談の冒頭で芦田さんは、撮影前に自らある提案をしたときの思いを明かしています。大森監督が「すごくいい提案だと感じた」と応じると、二人の話題は作品のテーマでもある「信じるとは何か」に近づいていきます。「互いを信じている現場だった」と芦田さんが振り返る撮影中に、どんなやりとりや思いがあったのか。芦田さんの誠実な言葉が印象に残ります。

この号のカラーグラビアには、今年2月、ライフワークである舞台「SHOCK」の帝国劇場公演中止を決断した堂本光一さんのスピンオフ版「SHOCK」が登場。感染対策を考慮しながら半年かけて作り上げたというスピンオフ版の名シーン、「SHOCK」を続けるための新たな演出について解説するとともに、いま、堂本さんが解釈する「ショー・マスト・ゴー・オン」についてレポートしています。

巻頭特集は「ウォーキングは歩数より速さが効く」。厚生労働省が「1日1万歩歩行」を推奨しているように、「歩こう」と思い立ったときに多くの人が目標にするのは「歩数」。しかし、最近の研究でたとえ1万歩を歩いたとしても、漫然と歩いていては「歩く」ことで得られる筋力や持久力アップ、減量といった効果が得られず、重視すべきは歩く「速さ」や「姿勢」、つまり「歩き方」であるということがわかってきました。特集では、筋力アップにも減量にも効く「歩き方」をイラストを使いながら詳細解説。一生モノの「歩き方」を手に入れるための方法や、効果を高めるためには「いつ歩くべきか」という問いへの答えもデータとともに掲載しています。

ほかにも、
・NTTのドコモ買収で時計の針が戻ってしまう
・[原発事故]国の責任を認めた初の高裁判決の背景に「隠され続けた文書」
・コロナ禍の大量失職者が統計から消えた
・教師という仕事を「無理ゲー」にした「消毒」と「やりがい搾取」
・大島優子×石井裕也 映画「生きちゃった」を語る
・池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第39回 「七つの鐘と新たな歩み」
などの記事を掲載しています。