亀梨和也さんがAERAの表紙に登場/カラーグラビア&インタビュー3ページでは「二人の恩師」を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』11月9日号(11月2日発売)

アイドルグループKAT-TUNのメンバーで、俳優としても活躍する亀梨和也さんが、11月2日発売の『AERA』の表紙に登場します。5年ぶりとなる主演舞台を控え、3ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、自分をここまで導いてくれた「二人の恩師」とのエピソードを明かしています。撮影はもちろん、蜷川実花です。この号の巻頭特集は「リモートワークの弱点 改善マニュアル」。新型コロナウイルスの感染拡大で一気に広がったリモートワークですが、取りやめる企業も出るなどその「弱点」が指摘されています。特集では、欧米で現実に起きている再度の感染拡大に備え、その弱点を洗い出し、克服する方法を探りました。

11月2日発売の『AERA』11月9日号は、「迷子の時間―語る室2020-」で5年ぶりの主演舞台に挑む亀梨和也さんを表紙に起用しました。撮影と取材が行われたのは、舞台の稽古が始まって4日目。毎日、冷凍バナナとほうれん草、青汁で作るドリンクをボトルに入れて「出陣」するという亀梨さんが話し始めたのは、初主演舞台を演出してくれたジャニー喜多川さん、5年前にジャニーさん以外と初めて作った舞台を演出してくれた蜷川幸雄さんという二人の恩師とのエピソードでした。

ジャニーさんとともに10年間、帝国劇場での舞台を作り上げ、主役を務めるなかで考えたこと。自分なりの思いがあってその舞台に区切りをつけたことで、ジャニーさんとの間に距離ができたこと。何も言わずにその距離を縮めてくれたのが蜷川さんだったこと。そして、ジャニーさんの病室で後輩たちに聞かされたこと――。二人の恩師について語る亀梨さんの語り口は、丁寧で誠実。今回の舞台を演出する前川知大さんについても、「出会わせてもらったことが大きな意味を持っている」と話し、新しい挑戦ができる環境を作ってくれた人たちへの感謝の言葉で、インタビューを締めくくりました。

この号の巻頭特集は、「リモートワークの弱点 改善マニュアル」。新型コロナウイルスの感染拡大と緊急事態宣言によって多くの企業が導入したリモートワークですが、コロナ禍の長期化とともに、通勤ラッシュから解放される、自分のペースで仕事ができるといったプラス面だけではなく、マイナス面も目立ってきました。リモートワークを取りやめる企業も出て、オフィスには人々が戻っています。

しかし、冬が目前に迫り、いままさに欧米で起きているような再度の感染拡大が、日本でも起こる可能性があります。いまのうちにリモートワークの弱点を洗い出し、克服しておかなければなりません。特集では、ヤッホーブルーイングやZoom日本法人、サイボウズなど、リモートワークの先進企業に取材。コミュニケーション不足、人間関係の構築、新入社員の育成などについて、各社の具体的な改善方法を取材しています。

さらに、早稲田大学と食事管理アプリのaskenが取り組んだ大規模な社会実験に注目。3万人のアプリ利用者へのアンケートで明らかになった、在宅で太ったりやせたりする人の特徴とそのメカニズムについて、レポートしています。

ほかにも、
・大学入試のオンライン面接は「回線」と「背景」が不安
・若竹千佐子×宮藤官九郎 「おら」で本当の自分が見える
・クラフトビールは専用ボトルでTo Go
・栃木の「魅力度ランキング最下位」は実はおいしい
・菅首相がブレーンに選んだ「新自由主義」的で懐かしい面々
・ロシアのワクチン「日本でも製造OK」 駐日大使に単独インタビュー
・アメリカ大統領選 空前の規模の期日前投票が結果を左右する
・池田大作研究 世界宗教への道を追う 最終回 「世界広宣流布の構想」
などの記事を掲載しています。