【独占!】Kinki Kidsが本音で語る「今」 週刊朝日でインタビュー&グラビア一挙12ページ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


『週刊朝日』1月1-8日新春合併号(12月22日発売)

4年ぶり16作目のオリジナルアルバム「O album」を12月23日にリリースするKinki Kids。CDデビューから23年、二人の世界観は揺るぎません。コロナ禍で音楽、エンターテインメントに込めた思いとは。「相手と自分をいかに大切にできるか」と語る堂本剛さん、「今を乗り越えたときの世界ってすごい」と語る堂本光一さんに、お話をうかがいました。他にも、皇室有識者会議座長代理の御厨貴さんが登場する林真理子さんの「ゲストコレクション」、ゲッターズ飯田さんが2021年の運勢を占う「五星三心占い」、箱根駅伝の見どころ徹底解説など、盛りだくさんの内容でお届けします。

1997年にCDデビューしたKinki Kidsの二人は、2021年で42歳になります。歌える幸せをかみしめ、希望の光に向かって走り続ける二人の「今」をインタビューしました。堂本剛さんはコロナ禍の中でつくりあげたニューアルバムについて、「今回は、よりレコーディングができること、歌えることの幸せを一つ一つかみしめて作ったアルバムです」と振り返ります。堂本光一さんは、いま全世界が同じ難題を体験していることに触れ、「世界中が同じことを共有して、それを乗り越えたときの世界ってすごいなって思うこと自体がエンターテイメントだと思うんです」と、コロナ禍でのエンターテインメントへの思いを語りました。確かな経験から築き上げられた二人の世界観を感じられるインタビューになりました。

ほかの注目コンテンツは

●林真理子さん新春対談!「眞子さまの結婚は禍根を残す…」と御厨貴さん
林真理子さんによる名物連載「マリコのゲストコレクション」に、東日本大震災の復興構想会議や天皇の生前退位の有識者会議などで日本社会のあり方を提言してきた御厨貴さんが登場。令和皇室が直面する課題や、菅政権の迷走ぶり、コロナ禍の中での社会について、マリコさんと激論を交わしました。特に皇室問題については議論がヒートアップ。「宮内庁はもっと考えて発言すべき」などと、厳しい意見も飛び出して──!?

●幸せをつかもう! ゲッターズ飯田があなたの2021年の運勢を占う
“芸能界最強の占師”と呼ばれるゲッターズ飯田さんが、2021年はどんな1年になるかを解説します。独自の「五星三心占い」で21年のあなたの運勢を占い、人づきあいのコツなどをアドバイス。自分から幸せをつかみにいきましょう! あなたの星を見つけられる早見表付きでお届けします。

●箱根駅伝の見どころを徹底解説 青学大、東海大、駒大、明大の名監督が語る「勝算」
正月の箱根路を駆け抜ける箱根駅伝が2021年1月2、3日に開催されます。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、主催者が沿道観戦の自粛を求める異例の大会。テレビでじっくり楽しむための注目選手と見どころを、有力各校の監督・主力選手などへの取材をもとに徹底解説します。「川内優輝似」のものまねアスリート芸人・M高史(えむたかし)さんによる解説も必見です。

●初詣もリモートで いちからわかる御朱印の魅力と郵送活用法を大公開
コロナ禍は明けずとも、新年が少しでもいい年になることを願いたい。そんな気持ちで初詣に出かけ、無病息災を願って御朱印をもらう人もいるのではないでしょうか。ブームが続く御朱印の魅力と感染リスクを下げる郵送活用法、有名神社などに取材した「新しい参拝様式」も紹介します。