菅首相“解散”で衝撃の「自民過半数割れ」週刊朝日が衆院選全289選挙区を予測/自公が結んだ首相封じの「密約」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加


『週刊朝日』2月5日増大号(1月26日発売)

巻頭特集12ページは今秋までに必ずある解散総選挙。支持率低下が止まらない菅政権は、いま以上、落ち込む前に解散に踏み切りたいところですが、本誌の予測では、自民党が単独過半数割れに追い込まれるという衝撃的な数字が……。他にも、韓流四天皇の筆頭、イ・ビョンホンの独占インタビュー&グラビア、巣ごもり生活で見るべき2021年のおすすめ韓流&英ドラマ一覧や、貴重なデータが満載の出身大学別のOB年収ランキング、体に良いと思っていたら実は命を縮めている「7つの習慣」など、盛りだくさんの内容でお届けします。

永田町では、衆議院の解散時期をめぐり、早くも駆け引きが始まっています。当初、最短の日程とみられていた4月25日は、政権の支持率急落などが影響して事実上困難に。次に浮上したのが、6月下旬から7月にかけての「都議選とのダブル選」。しかし、公明党と自民党との間で、首相の伝家の宝刀である解散権を阻止するため、“密約”が結ばれたとの情報を本誌が独占取材しました。また、政治ジャーナリストの野上忠興氏と角谷浩一氏による全289選挙区の完全予測では、自民党が約50議席減らして単独過半数割れもあり得るという驚くべき結果に。香典疑惑の菅原一秀、菅直人、山尾志桜里ら大物が落選危機……。コロナ禍で未曾有の危機に、役に立たない国会議員はこの際、落としましょう! 候補者をめぐる選挙情勢についても全国津々浦々取材しました。

ほかの注目コンテンツは

●イ・ビョンホン独占インタビュー&グラビア 見るべき韓流ドラマ2021一挙10ページ
「韓流四天王」と呼ばれ今年でデビュー30周年を迎えるイ・ビョンホンに本誌が独占インタビュー。変わらぬカッコよさと高い演技力の秘密を語っていただきました。
年始に「愛の不時着」のヒョンビンとソン・イェジンの交際というホットなニュースが駆け巡り、昨年に続きまだまだブームが続きそうな韓流ドラマと、世界中に衝撃を与えたNetflix配信のエリザベス女王や故・ダイアナ妃の確執を生々しく描いた「ザ・クラウン」、英国貴族の結婚事情を描いた「ブリジャートン家」など、イギリスを舞台にした話題のドラマなども一挙に紹介します。

●稼げる大学はココ! 大学別OB年収ランキング100校 慶應が早稲田を圧倒のワケ
大学入学共通テストの第1日程(1月16日、17日)が終わり、私大入試が本格的に始まります。複数の大学に合格したら、どこに入るか悩む人もいるのではないでしょうか。各大学出身者30代の平均年収を調べると、難易度は同じでも大きな差があることがわかりました。どこの大学OBの年収が高いのか、その理由とともにお届けします。年収で慶應出身者が早稲田出身者を圧倒する理由とは……?

●平手友梨奈が表紙&グラビアに登場 土屋太鳳が本誌に明かした私生活とは?
アイドルグループ欅坂46を卒業し、女優・ソロアーティストとして活躍する平手友梨奈さんが表紙とグラビアに登場。また、名物コーナー「この人の1週間」では土屋太鳳さんをインタビュー。コロナ禍の過ごし方や、飾らない私生活を語っていただきました。

●リモート作業の座りっぱなしは要注意!あなたの命を縮める「7つの習慣」
コロナ禍の中、健康維持や感染予防のためにと、様々な取り組みをしている人も多いのではないでしょうか。しかし、運動や入浴など体に良いと思っていた行動が、実は寿命を縮めている危険性があります。そんな要注意な生活習慣を徹底取材しました。リモート作業の座りっぱなし、自己流の歯みがき、冬の入浴などには、冬の早朝散歩など思わぬ危険がいっぱい。