星野源さんが6月21日発売のAERA表紙に登場!「不思議/創造」で伝えたかったことなどを語るカラーグラビア&インタビュー5ページも含め撮影は蜷川実花

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』6月28日増大号(6月21日発売)

6月21日発売の『AERA』6月28日号の表紙に、約3年4カ月ぶりとなるシングルパッケージ「不思議/創造」のリリースを控えた星野源さんが登場します。インタビューでは、コロナ禍で話題を呼んだ「うちで踊ろう」を経て新たな境地に達したという星野さんが、「創造」誕生の背景や、ラブソングというものに真正面から向き合った「不思議」への思いなどを率直に語っています。この号の巻頭特集は「脳と体のデトックス」。長引くコロナ禍で頭も体も重いというあなた。蓄積した疲労物質を排出する方法があります。編集部員の体験記付きでレポートします。月2回になった好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、映画「浅田家」の写真家・浅田政志さんと憧れのカメラを買いに行くスペシャルレポートをお届けします。

本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花が今回、星野源さんのために用意したのは、花なのに野菜のようにも見えるなんだか不思議なセット。星野さんは「こんな風にできているんだ」と興味深そうな表情を浮かべながら、セットの中に足を踏み入れました。撮影が始まると、キリッとしたり、ちょっとふざけたり。表紙に加え、5ページにわたるカラーグラビア&インタビューで、蜷川がとらえたさまざまな表情をたっぷり掲載しています。

6月23日にリリースされる「不思議/創造」は、2018年の「ドラえもん」以来、約3年4カ月ぶりのシングルパッケージ。2020年、コロナ禍で大きなムーブメントを巻き起こした「うちで踊ろう」を経て、「自分の言いたいことをちゃんと言おう」という境地に至ったという星野さん。「僕にとって詩というのは……」と切り出すと、文筆家としても活躍する星野さんの独特の「歌詞」観が語られました。

曲作りに関しても、キーボードを使うことで生まれた変化について語ります。とりわけ興味深いのは、制作環境。自宅のなかの"ある場所"で、意外なものを回しながら行われたという「歌録り」のエピソードは星野さんならでは。いままでにないことに挑戦した「創造」や、ドラマ主題歌として「ラブソングをお願いします」というオファーに真正面から向きあったという「不思議」の誕生の裏側が、垣間見えるインタビューとなっています。

この号の巻頭特集は「脳と体のデトックス」。長引くコロナ禍の疲れに加え、「梅雨バテ」「夏バテ」の季節がやってきます。実はこの「疲れ」の原因は脳にあるということをご存じでしょうか。自律神経を酷使して、脳が熱中症状態になると、自律神経の中枢が疲弊して、機能が低下するだけではなく睡眠の質も悪化します。結果、疲労の「回復」が妨げられるということがわかっています。特集では、この脳を冷やす方法を徹底取材。加えて、脳の疲労に効く食べ物や、「泣く」という行為の脳疲労への効果について、解説しています。さらに、解毒器官「腎臓」の負担を減らすための「反復1週間減塩法」、「水太り」を解消するための生薬入り薬膳スパイスカレーの作り方なども取材。編集部員がこれらの方法でそれぞれにデトックスを実践しつつ、そのノウハウをお伝えします。

「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、この号の発売日6月21日に向井さんが27歳の誕生日を迎えることもあり、Birthday Special Reportと銘打って、向井さんが新しい「相棒」のカメラを買いに行く一部始終をお届けします。あるカメラを買いたいという向井さんに「せっかくだから取材で行きませんか」「いいですね! そうしましょ!」と約束したものの、コロナ禍でなかなか叶わないまま半年以上。満を持して、以前のレッスンで同じカメラがほしいと意気投合した浅田政志さんと2人、お店に向かいます。

カメラの性能はもちろん、シャッター音や、見た目にも一家言ある向井さん。ロゴの入り方や、ボディ(カメラ本体)の色をブラックにするかシルバーにするかも、真剣に悩みます。また、1本目のレンズを、35ミリにするか50ミリにするか、どの開放絞り値(明るさ)にするかも迷うところ。撮りたい被写体を考え、レンズの特徴について、プロと堂々と会話を交わしながら、向井さんが出した答えは――。

ついに手に入れた「ニューパートナー」。シャッターを切りそうになって、「ちょ、最初の1枚目大事やん。まだ置いとこ!」と言いながらも、ファインダーを覗いては、撮りたくてうずうずしている向井さん。1枚目は何を?と尋ねると「おれは今日は撮らない! もう明日まで我慢してメンバー撮るっていうの、エモいよな!」。翌日、向井さんが撮った大切な1枚目の写真は、ぜひ誌面でご覧ください。

ほかにも、
・東京五輪「予選中止」「出場辞退」相次ぎアンフェアな大会になる
・東京はインド株で感染者数下げ止まり 影響小さくても人出10%増ならまた1000人超
・第二新卒はいま売り手市場「ハングリー精神」が魅力
・ベランダコンポストで堆肥と環境意識が育つ
・堤真一×岡田准一 公開中の映画「ファブル」2作目で演じた「宿命の二人」
・ランドセル「重い」「高い」でも「慣習の壁」に守られている
・望まぬ妊娠で内密出産「悩み抜いた18歳」を法律では守れない
・「82年生まれ、キム・ジヨン」の著者が再び放つ「私たちの物語」
などの記事を掲載しています。

AERA 2021年6月28日増大号
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22982