岩本照さんが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場! 「ライバルは、煽ってくる自分。親友は…」

このエントリーをはてなブックマークに追加


『週刊朝日』2022年7月15日号(7月5日発売)

今週の「週刊朝日」の表紙とカラーグラビアには、Snow Manの岩本照さんが登場します。7月8日公開の単独初主演映画「モエカレはオレンジ色」で、消防士・蛯原を演じる岩本さん。「ストイックでシャイ、そして鍛え上げられた筋肉の持ち主。まさかの甘党までぴったりとは!」──制作サイドが「もはやこれは運命」とまで語ったキャスティングが話題のこの作品への思いをうかがいました。他にも、円安・食料価格高騰でも「値上げしない」会社の意地と戦略、「要注意薬」一覧付きの「使ってはいけない薬2022」、参院選「有名人候補」たちの追っかけルポ、ドラマ「ちむどんどん」で感じる小さな義憤など、バラエティー豊かなラインナップでお届けします。

映画「モエカレはオレンジ色」で消防士の役を演じる岩本照さん。以前から消防士や警察官などの人を守るための訓練に挑戦したいと思っていたそうで、「『警察24時』って番組あるじゃないですか。あれ、めっちゃ好きで。正義が悪を成敗するみたいな感覚があって。たぶん、幼少期からなんとかレンジャーとかが好きだったところからきてると思うんですけど」と語ります。映画出演にあたっては、実際に消防士の訓練に参加。「より大変さが身にしみましたし、男気とか信念の熱さとかっていうのも近くで感じられたので。本当に心から、すごい職業だなって思いました」と振り返りました。他にも、消防士の仲間との関係性と絡めながら、「親友」「ライバル」の存在についてや、「助けてもらいっぱなし」というSnow Manのメンバーとのエピソードなども語っていただき、4ページにわたる濃密なインタビューとなりました。

その他の注目コンテンツは、

・止まらぬ円安・食品価格高騰…それでも「値上げしない」会社の意地と戦略
物価の高騰や円安で、企業の経営環境は悪くなっています。値上げを余儀なくされる会社が目立ち、しわ寄せは当然、われわれ消費者におよびます。そんな中、値上げをしない姿勢を貫く会社も。そんな企業の客との向き合い方や戦略を探りました。シャトレーゼ、ワークマン、まるか食品など、価格の据え置きや値下げに努める会社を取材しました。

・あなたは大丈夫? 使ってはいけない薬2022最新版 「要注意薬」一覧つき
私たちの健康のために、なくてはならない存在になっている薬。便利な半面、副作用による体への悪影響もあり、メリット・デメリットを比較すると使用しないほうが良いと言わざるを得ないものもあります。医薬品に関する調査・研究を行っているNPO法人「医薬ビジランスセンター(薬のチェック)」理事長で内科医の浜六郎医師らへの取材で、症状ごとに、「要注意」な薬たちを調べました。

・灼熱の7・10参院選 “乱戦”「有名人候補」追っかけルポ
気が早すぎる猛暑の中で行われている参院選(7月10日投開票)。つい注目してしまうのが、お茶の間でも名の知れた“有名人”候補たちの戦いぶりです。一芸に秀でた彼らの、独特すぎる選挙戦術とは!? 生稲晃子さん、水道橋博士さん、乙武洋匡さん、松野明美さん、猪瀬直樹さんらの戦いぶりを、本誌記者が追いかけました。

・コラムニスト・矢部万紀子さんが綴る「ちむどんどん」で感じる小さな義憤
沖縄が本土に復帰した1972年、グアム島で残留日本兵の横井庄一さんが発見されました。復帰50年を記念したNHK朝ドラ「ちむどんどん」では6月、74年の設定で「よっこいしょういち」のセリフが登場。『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』の著者であるコラムニストの矢部万紀子さんが、この言葉から抱いた「?」を探っていきます。

週刊朝日 2022年7月15日号
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23660