羽生結弦が表紙とグラビアに登場 蜷川実花撮影の魅惑的な写真は氷上とはまた違う魅力/AERA12月5日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』2022年12月12日号(12月5日発売)

12月5日発売のAERA12月12日号の表紙には、今年2度目となる羽生結弦選手が登場します。10月に発売したAERA特別編集による『羽生結弦 飛躍の原動力』への大反響を受け、未公開カットにより表紙とグラビアを飾ります。撮影はもちろん、本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花。氷上とはまた違うスタジオ撮影による、羽生選手の新たな魅力を捉えました。巻頭特集は「『言葉の力』が人生を動かす」。芸人・太田光さん、フリーアナウンサー・堀井美香さん、銚子電鉄社長・竹本勝紀さんが「言葉」に対する深い思いを語ります。大好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、舞山秀一さんと街の灯りを生かした撮影後、写真の“仕上げ”について聞きました。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、川谷絵音さんをゲストに迎えた3回目。いくつものバンドで活躍する川谷さんと音楽をめぐる貴重な対談です。コロナ新薬「ゾコーバ」や北朝鮮で初公開された金正恩氏の娘についてなど、最新ニュースも充実。さまざまな企画が詰まった読み応えある一冊です。

・表紙&グラビア:羽生結弦選手
大反響をいただいている羽生結弦選手とAERAのコラボレーション。今回は、蜷川実花撮影の未公開カットによる表紙とグラビアをお届けします。光を浴び、神々しさもたたえる表紙は、その目力に引き込まれます。さらにグラビアには、別の衣装での優雅な姿と、最近のインタビューから印象的な「言葉」の数々を掲載しています。衣装や撮影の雰囲気が変わると表情も様々に変わる、表現の幅の広さにも驚かされます。氷上とはまた違う新たな羽生選手の魅力を捉えた表紙とグラビア、ぜひご覧ください。


・特集「『言葉の力』が人生を動かす」
言葉で自分の思いを伝えることは難しいと感じている人は多いのではないでしょうか。SNSなどで人と簡単につながることができるようになった半面、真意が伝わらないもどかしさも感じます。そこで、言葉にかける思いを芸人・太田光さん、フリーアナウンサー・堀井美香さん、銚子電鉄社長・竹本勝紀さんに聞きました。太田さんは「どんなに言葉を連ねても絶対に全部は伝えきれない」と言い、だからこそ伝えようと言葉を必死に繰り出し続けるという「言葉のジレンマ」を語ります。読みの名手である堀井さんは「間」について語ります。言葉と言葉の間に人生が表れるとも。さらにSNS時代に、書き言葉の難しさやどうやって自分の気持ちを伝えるかについて専門家に取材した記事もあります。


・向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン
大好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、前回に続き夜の屋外で、街灯や通り過ぎる車のライトを利用しての撮影に挑戦します。自分の思うようには動かせない光をどう生かすか、「光の段差をうまく使いわけて、奥行きに変えてしまう」方法を教わります。あえて露出を適正な数値にせず、落とすことで「どらまちっく感!」あふれる写真になりました。撮影後は、写真にとって大切な”仕上げ”に関する話をお聞きします。「おれもちゃんと仕上げてから送りたいもん」という向井さんに、舞山さんがこれまでのレッスンで撮影していた「カラーチャート」と「カメラプロファイル」の使い方を教えてくれました。「撮った自分が言うのもなんだけど、ホントかっこいいと思う」(舞山)、「自分で言うのもなんやけど、かっこいい」(向井)と2人が褒めあった写真とともにお楽しみください。


・松下洸平 じゅうにんといろ
ミュージシャンの川谷絵音さんを迎えた対談は、全4回のうちの3回目。いくつものバンドを掛け持ちする川谷さんに、それぞれのバンドに向かう姿勢や思いを松下さんが質問します。川谷さんの思いに、松下さんの思いが重なって重層的な対談になっています。あたたかな日差しの下で撮影した、リラックスした笑顔のツーショットも必見です。


・国内外の最新ニュース
新型コロナウイルスの感染が再び広がっています。緊急承認された新薬「ゾコーバ」は、重症化リスクの低い軽症の人に使える飲み薬です。その効果や、リスクの低い人の受診が増える懸念についても、科学ジャーナリストが詳報します。ミサイル発射が続く北朝鮮では、金正恩総書記の第2子の娘が初公開されました。その背景にある「危険な賭け」とはなんでしょうか、専門記者が解説します。


ほかにも、

・イーロン・マスクのツイッター 混乱極める「公共の広場」
・秋篠宮さま誕生日会見 皇族のSNS発信への道
・子の「不登校」を抱え込まないで
・“排除”された生徒がいる 都立高入試スピーキングテスト
・内密出産撤回し自ら育てる決心したけれど続く困難
・サッカーW杯 まさかの敗戦を招いた消極姿勢
・スラムダンクに出会い直す
・八ケ岳の麓で光熱費0円生活
・大宮エリーの東大ふたり同窓会 ゲスト・小椋佳
・棋承転結 森下卓九段
・現代の肖像 庄司夏子・étéオーナーシェフ

などの記事を掲載しています。

※発売日の12月5日(月)正午からは、公式ツイッター(@AERAnetjp)と公式インスタグラム(@aera_net)で、最新号の内容を紹介する「#アエライブ」を行います。ぜひこちらもチェックしてください。

AERA 2022年12月12日号
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23926