巻頭特集は「自民党にモノ申す」 派閥と裏金事件の闇に迫る総力特集/『AERA』1月22日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』2024年1月29日号(1月22日発売)

1月22日発売のAERA1月29日号は「自民党の裏金問題」について総力特集。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金問題は、現職国会議員の逮捕にまで発展し政界を揺るがせています。26日招集の通常国会を前にこの問題を総合的に考えます。表紙は乃木坂46の中心メンバーであり、数々のドラマに出演し注目が集まる山下美月さん。華やかな花々をバックにした吸い込まれるような写真とロングインタビュー、必見です。年明けの能登半島を襲った大地震。石川県輪島市で、救助犬の捜索活動をルポしました。監督自身の性暴力被害をモチーフにした映画に出演する前田敦子さんと三島有紀子監督の対談も掲載。「罪の意識」について語り合います。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は新たなゲストに、シンガー・ソングライターのJQさんを迎え、音楽談義のスタートです。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。

●巻頭特集:自民党にモノ申す
自民党を巡る問題について、元同党政調会長の亀井静香さんは「安倍派幹部の立件見送りでは終わらんと思うよ。このままでは自民党はおしまいだよ」と言います。今の自民党について、「強者の利益を代弁する自民党に未来はない」ともきっぱり。時事芸人のプチ鹿島さんも、今回の問題は「民主主義から一番遠いことをしていた」と批判し、その背景に「政権交代が起きない日本の絶望感」があると言います。さまざまな角度からの分析に加え、「次の首相は誰?」を問う独自アンケートの結果や、派閥とカネをめぐる自民党の歴史、根強く残る企業と自民党の蜜月関係などに及ぶ記事も掲載しました。通常国会を目前に控え、さらなる動きが予想されるこの問題について深く多角的に報じています。

●表紙:山下美月(乃木坂46)
表紙に登場する山下美月さんは、乃木坂46の中心メンバーに加え、NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」やドラマ「下剋上球児」など、2023年には5本のドラマに出演しました。そして間もなく放送開始のドラマ「Eye Love You」への出演が控えます。俳優としては、「『自分がこの役を通してできることはなんだろう』といった視点で役づくり」をしていると言います。コロナ禍前は「休みはいらないので仕事をどんどん入れてください」と言うほど仕事人間だったそうですが、今は趣味や休息の時間の大事さを実感していると話します。「絶対にこうしよう」とゴールを決めず、自分がポジティブにいられることを考えていると言います。表紙やグラビアでは、そんな山下さんの透き通るような眼差しをとらえました。撮影はもちろん蜷川実花。華麗な花々と共演した圧巻の写真を誌面でご覧ください。

●能登半島地震で救助犬ルポ
能登半島地震では、全国各地の災害救助犬が行方不明者捜索をしています。災害救助犬として訓練された愛犬と共に捜索活動に参加したハンドラーがその様子をルポしました。倒壊家屋の隙間に救助犬が入り込み、行方不明者の手がかりはないか懸命に捜索する様子がリアルにわかります。ただ、なかなか手がかりはつかめず救助犬がほえません。過酷な状況が続く被災地の現状を伝えます。

●前田敦子×三島有紀子
性暴力と心の傷を描いた三島有紀子監督の最新映画「一月の声に歓びを刻め」。この作品で幼少期に性被害に遭った女性を演じるのが前田敦子さんです。前田さんと三島監督が、この作品に込める思いや伝えたいことをじっくりと対談しました。三島監督の作品にはずっと出たいと思っていた前田さんですが、この作品を前には「今の自分がこの役をやれるのかどうかを自問自答しました」と、出演を決めるまで1カ月ほどかかったと言います。それほど誠実に真剣に向き合った作品への思いを二人がじっくりと語り合っています。

●松下洸平×JQ
大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、新たなゲストにシンガー・ソングライターのJQさんを迎えました。共通の知り合いを通して巡り合った二人が、音楽への思いを語り合います。松下さんが「JQさんからは、自分に正直なバイブスを感じます」と言えば、JQさんは「洸平くんの歌を聴くと、青春を思い出すような感覚になる」と言います。互いの音楽の原点を語り合うような対談を、ゆるさとかっこよさの詰まった撮り下ろし写真と共にお楽しみください。

ほかにも、
・台湾総統選挙 真の勝者は「第三極」
・「私の息子を返して」 イスラエルからの手記
・デンマーク「新国王」誕生の余波 起きるか世代交代ドミノ
・ふるさと納税 人気返礼品ランキングから2024年の寄付作戦
・大谷亮平 光の当たらないところにも
・進化するレトルトカレー スパイス系も名店コラボも
・大宮エリーの東大ふたり同窓会 卒業生たちの“合格法”
・武田砂鉄 今週のわだかまり
・ジェーン・スーの「先日、お目に掛かりまして」
・現代の肖像 坂本和隆・Netflixコンテンツ部門バイス・プレジデント

などの記事を掲載しています。

※発売日の1月22日(月)正午からは、公式X(@AERAnetjp)と公式インスタグラム(@aera_net)で、最新号の内容を紹介する「#アエライブ」を行います。ぜひこちらもチェックしてください。

AERA 2024年1月29日号
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=24636