「週刊 新発見!日本の歴史」(全50巻)が創刊します

このエントリーをはてなブックマークに追加




最新の日本史研究の成果を、全50冊で詳しく解説する新シリーズ「週刊 新発見!日本の歴史」が、6月11日に創刊します。(1部地域では発売が異なります。)

■鎌倉幕府ができたのは、1192(いいくに)年ではない!

最近の教科書では、「1192(いいくに)つくろう鎌倉幕府」とは教えていない・・
近頃そんな記事が新聞や雑誌をにぎわせています。

この30年、日本史の研究が進み、学校で教えられる日本史もかなり様変わりしています。

●十七条憲法や遣隋使などは、聖徳太子(厩戸王)だけのプランではない
●「源頼朝」像、「足利尊氏」像とされてきた肖像画は、実は別人の可能性があるとして、現在では掲載していない教科書もある
●江戸幕府は「鎖国」政策をしていたわけではなかった


などなど、史料の研究や遺跡の発掘調査が進んだことにより、さまざまな日本史の新常識が生まれつつあります。

「新発見! 日本の歴史」には、毎号そんな新発見が満載。
全巻(50巻)そろえると、これまでの日本史の常識が覆る、読みごたえのある日本史百科が完成します。

創刊号は「織田信長の見た夢」。本能寺の変の真実は? 楽市楽座は信長のオリジナルじゃなかった? 長篠の戦いの勝因は鉄砲ではない? など、新しい信長像が満載。創刊号サービス定価は380円(税込み)です。

2号「幕末維新の群像劇」には、昔の方角や単位、和暦と西暦の対応表などが詳しく解説された、「日本史読み解き小事典」もつきます。

詳しい内容、定期購読のお申し込みは こちらまで!

創刊号のご購入は こちらまで!