樹木希林さんが『AERA』(6月11日発売)でスペシャルインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』2018年6月18日号(6月11日発売)

6月11日(月)発売の『AERA』2018年6月18日号に、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の「万引き家族」に出演した樹木希林さんが登場します。

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の「万引き家族」(是枝裕和監督)に「モリのいる場所」(滝田修一監督)。AERAは、公開中の2作品に出演している樹木希林さんにインタビュー。いかに「人間」「日常」を描くのか。全世界にさらした「ヌードより恥ずかしいもの」とは――。

この号の大特集は、「パナソニックは残り 東芝は解体した」。メイド・イン・ジャパンの代名詞だった家電製品は中国企業に押され、各社は巨額の赤字に。東芝は不正に手を染めて解体にまで至りましたが、パナソニックは耐えて残りました。創業100年を迎えたパナソニックについて深く掘り下げます。

そのほか、河瀬直美監督がほれた吉野のルポ、リリー・フランキーと「星屑スキャット」インタビュー、株主優待「値動きのクセ」を知って賢く買うなど、多彩な企画が詰まった1冊です。


●『AERA』2018年6月18日号(6月11日発売)の詳細はこちら