木村拓哉さんが『AERA』(8月6日発売)に登場します!

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』2018年8月13日-20日合併号(8月6日発売)

8月6日(月)発売の『AERA』に、木村拓哉さんが表紙に登場。嵐の二宮和也さんとの共演で、公開前から話題の映画『検察側の罪人』についてのインタビューのほか、カラーグラビアも掲載されます!

8月24日公開の映画『検察側の罪人』のインタビューでは、原田(眞人)組の緊張感あふれる撮影現場について、共演した二宮さんのこと、激しい舌戦を繰り広げる2人のシーンの撮影秘話など、他誌では見ることができない舞台裏の話が満載です。

表紙の撮影は、写真家・蜷川実花さん。撮り下ろしカラーグラビアも4ページ展開しています。大人の魅力あふれる木村拓哉さんはファンのみならず惹きつけられます。

この号の大特集は、「お墓はなくても大丈夫」。高齢や跡継ぎがいないことを理由に墓じまいをした人の密着ルポのほか、墓じまいのノウハウ、読経するペッパーロボやスマホの中にお墓をもつ“スマ墓”を紹介するエンディング最前線、お坊さん匿名誌上座談会など、興味深い企画が満載です。

そのほか、平成仮面ライダー20作品の「石ノ森」イズム、金融市場は日銀総裁の発言を疑い始めた、オウム豊田亨死刑囚が親友と交わした約束、【時代を読む】儲け主義でいいの?疲弊する保育士 など、多彩な企画が詰まった1冊です。