「怒りと嫉妬をプラスに変換する方法」を10月6日発売のAERAが特集!山ちゃんも登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』10月15日号(10月6日発売)

10月6日(土)発売の『AERA』10月15日号は、怒りと嫉妬を爆発させずに「プラス」に変換する方法を豊富なエピソードとともに特集しています。

特集の冒頭に登場するのは、著書『天才はあきらめた』(朝日文庫)で自らの嫉妬深さや、その嫉妬の炎をエネルギーに努力を続けた日々を告白した南海キャンディーズの山里亮太さん。
嫌なことを飲んで発散していては「嫌なことの原因になったやつに時間を奪われていることになる」と考え、怒ったりクヨクヨしたりする時間を短くする方法を編み出した、と語っています。
特集では、自殺防止や引きこもり支援、被災者の心のケアなどに取り組む人々をルポすることで、悲しみや絶望、不安といった感情を抱える人々の思いがどう変化したのかということも描いています。法話・イベント・法要など新たな取り組みに乗り出した仏教者たちへの密着、お笑いコンビ「笑い飯」の哲夫さんが舞台でスベったときでも勇気を出せた理由を語るインタビューなど、誰もが抱く「負の感情」との付き合い方を集めた一冊です。

ほかに、
・エリア特集「不思議が眠る秩父」 パワースポットとおいしいもの
・読書感想文はもういらない! 親子にとって「夏休み最大の苦行」
・中村勘九郎×七之助が対談「僕たちは父親コンプレックス」
など、多彩な企画を掲載しています。


●『AERA』10月15日号(10月6日発売)の詳細はこちら